『かなり』

次の祝日は7月16日ですってよ

【スポンサーリンク】

推しキャラ描いてみた

どうも、坂津です。 昔は『好きなキャラクター』なんて呼んでいました。 口にするのが気恥ずかしい文字列でした。 一昔前は『嫁』なんて表現もありました。 開き直ってて清々しいですし的確っちゃ的確なんですが、ちょっと下品な印象がありますね。 そんで今…

あのとき友人が教えてくれた

どうも、坂津です。 中学生の頃、声優という存在を知り、一瞬でハマりました。 時は1990年代が始まったばかりのアニメ成長期。 生来オタクの素養を持って生まれた私がこの波に呑まれてしまったのは仕方の無いことでございました。 さて、坂津少年にとっての…

自分の棚卸

どうも、坂津です。 『心の棚卸たなおろし』とか『自分の棚卸たなおろし』とか耳にしたことないですか? 何らかの原因で落ち込んでしまったり、日々に忙殺されて余裕が無かったりするときに、一旦落ち着いて深呼吸して自分を見つめ直してみようぜ、みたいな…

脳内で再生されるコスチュームの名前が分からない

どうも、坂津です。 本日5月22日は『ガールスカウトの日』なんだそうです。 これがガールスカウトじゃないことは理解しています。 でもなぜかガールスカウトと聞くとこんな画が脳内で再生されるのです。 西部劇みたいな感じで、ガンマン風の女性。 ガールス…

地平線とか輪郭線って無いのに在るよね

どうも、坂津です。 当然、必然、当たり前、一般的、言うまでも無く、自然。 私たちの周りには『それが普通でしょ』が溢れています。 しかし、本当にそれは普通で当然のことなのでしょうか? 朝、顔を合わせたら「おはよう」と挨拶する。 自分の為に何かして…

良かれと思ったんだから良いんだよ

どうも、坂津です。 私は『良かれと思って』という言葉が好きではありません。 正確に言えば、この言葉を発さなければならない状況が好きではありません。 世の中の大抵のことはほとんど誰かの『良かれと思った結果』だろうし、常日頃から敵意や害意を振り撒…

ハンドルネームの運勢

どうも、坂津です。 芸能人の芸名や漫画家作家のペンネーム、水商売の方の源氏名など、本名とは違う名前を名乗ることは、ほんのちょっと前まで『特殊な職業の方の特権』みたいな印象がありました。 しかしインターネッツの発展、SNSやブログの普及などに…

ちっちゃいことが気になる

どうも、坂津です。 私が最近めっちゃハマってるスナック菓子『燃えよ唐辛子』 アサヒグループ食品 燃えよ唐辛子 14g×8袋 出版社/メーカー: アサヒグループ食品 発売日: 2017/09/25 メディア: 食品&飲料 この商品を含むブログを見る 本当に大袈裟でなく、毎…

運転中の娯楽

どうも、坂津です。 もう長いことAmazonのプライム会員なのに、つい最近までプライムミュージックという素晴らしいサービスを知らずに生きていました。 ちょうど1年ほど前にも、プライムビデオという素晴らしいサービスを知らずに生きていたという記事を書…

文字数制限を設けてみる

どうも、坂津です。 私たちは様々なシーンで、文字を連ねて文章を記述する場面に遭遇します。 業務上必要であったり、プライベートな趣味として書いたりするでしょう。 時には既定の文字数に収めるため、可能な限り短い文章でまとめてみたり。 時には文章量…

此の親にして此の子あり

どうも、坂津です。 今週のお題「おかあさん」 もう何度もこのブログに登場しているので常連さんにはお馴染の私の母ですが、一言で表現するならば『変わり者』です。 考え方というか発想というか、いつも『なぜそんなことを思ったのか』と不思議になるような…

こんな話が好き

どうも、坂津です。 世にも奇妙な物語2018春の特別編を観てちょっぴりがっかりした私は「じゃあ結局どんなものを望んでいるのか」と自問自答してみました。 そして『こんな感じ』というモノに辿り着きました。 『そんなこと絶対にあり得ない』と潜在的に信じ…

モヤモヤする

どうも、坂津です。 昨日、世にも奇妙な物語が放送されました。 私はこの番組が大好きで、放送当時は欠かさず視聴しておりました。 偶然CMで番宣を見たときにはかなりテンションが上がりました。 放送開始時刻に合わせて入浴を済ませ、準備万端でテレビの前…

毎日更新を継続するためだけのナンセンス

どうも、坂津です。 記事の書き貯めができていない上に仕事が忙しすぎてヤバイです。 なんて言い訳をしておけば中身が無いたった数百文字の記事で許されると思っている甘ちゃんはどこのどいつだい? 私さかつだよッ! さて、本当に大変な状況です。 何が大変…

自分の変化を受け入れよう

どうも、坂津です。 ちょっと前にこんな記事を書きました。 端的に言うならば『前言撤回、翻意、鞍替えは、別にダメじゃないよ』ってことが書いてあります。 さて、私たちは常に自分自身を言動で塗り固めながら生きています。 つまり『吐いた唾は飲めぬ』と…

お絵描きのチカラ

どうも、坂津です。 私は趣味でお絵描きをしています。 カテゴリの『描いてみた』が付いている記事には私が描いた駄絵が掲載されています。 そしてそれらの絵は、ファイアアルパカという素敵なフリーソフトを利用させて頂きながら、マウスで描いています。 f…

エクセル小技

どうも、坂津です。 仕事でExcelエクセルを使うことが頻繁にあります。 基本的には商品マスタ、つまり『取扱商品の一覧』と、分析用の集計資料で使います。 特に私の仕事と言うわけでは無いのですが、いつの間にか『得意でしょ』というレッテルを貼られてし…

自分が悪くないときほど謝罪は効果的

どうも、坂津です。 とても不条理で理不尽な怒りをぶつけられたことがあります。 仕事上でお付き合いのあるお客様なのですが、経緯はこんな感じです。 01.『こんなイメージのものを作りたい』という相談を受ける。 02.製造可能であることを確認し、見積りを…

感動は心の燃料になるんだぜ

どうも、坂津です。 最大9連休という超大型のGWゴールデンウィークでしたが、楽しく過ごせましたか? え? そんな過ぎ去りし日々のことはもう良い? 次は7月中旬まで祝日が無いことも先刻承知? よろしい、ならば通常運行だ。 先日『明か刻のレイン』と…

けむり記事

どうも、坂津です。 言葉の表現で、物事の程度を言い表すことがあります。 例えば『超ド級の』とか。 元々はイギリス海軍に『ドレッドノート』という巨大な戦艦があり、それが由来だそうです。 このドレッドノートぐらい大きい戦艦のことを日本が、ドレッド…

奇跡体験

どうも、坂津です。 お昼ごはんを食べにフラリと入った定食屋さんで、奇跡的な偶然を体験しました。 随分と混んでいた店内はカウンター席しか空いていませんでした。 その空席は2人組のお客さん同士が作るパーソナルスペースになっている谷間的な空間で、そ…

予想の遥か下を行く人々

どうも、坂津です。 『予想の上を行く』とか『想像の斜め上だった』なんて表現をよく耳にすると思います。 しかし世の中には『上』ではなく明らかに『下』を闊歩する輩が群雄割拠しているのです。 ※この記事にはかなりヒドイ下ネタが出てきます。耐性の無い…

世界は意外と簡単に変わる

どうも、坂津です。 『他者の為に自己を犠牲にするような行動を取ったとしても、それはそうすることが自己の満足に繋がるからであり、最終的にどのような判断をしようとも、全ての行動は何らかの形で自己の利益に繋がる。よって100%の献身、善意などは存在…

圧倒的に勘違いしていた

どうも、坂津です。 妻が不意に意味の分からないことを口走りました。 まぁ我々夫婦には日常茶飯事なので取り立てて驚くことは無いのですがね。 妻「旦那よ、旦那が真なる旦那になる日は近い」 私「えぇ?今は真なる旦那じゃないってこと?」 妻「真の旦那と…

その言動の根拠は何か

どうも、坂津です。 むか~し昔、こんな記事を書きました。 一言で表すなら『あなたが十把一絡じっぱひとからげにカテゴライズしてるグループは、まとめちゃいけない者同士かもしれないよ』ということです。 有名な例で言えば、菜食主義ベジタリアンの方々と…

衝撃の事実

どうも、坂津です。 私の母は非常に変り者で、言動がとても独特です。 例えばこの前、テレビを見ていたら布団掃除機のCMが流れたのです。 そして母は、それに対して意見を述べ始めました。 母「コレ、どうかと思うのよね実際」 妻「でも埃とか取れるみたいで…

変化を愉しむ

どうも、坂津です。 私はあと半年ほどで四十路を迎えるわけですが、この年齢になって初めて良さが分かり始めたことが多々あります。 若いころは特に良いと思わなかったコト、モノに対して価値を認めるようになっているのです。 ずっと前、こんな記事を書きま…

言葉遊び

どうも、坂津です。 このブログは毎回この挨拶で始まるのですが、これにもう少し自己紹介的なモノを足すことで、私の近況や人間性を表現できないかと思いました。 既にこれを実践されているブロガーさんの記事や、メルマガなどの文頭挨拶でもこの手法をよく…

ラーメン屋にて

どうも、坂津です。 ラーメン屋さんで『ミニチャーシュー丼セット』を注文しました。 ミソラーメンに、お茶碗サイズのチャーシュー丼がついてきました。 こんな感じです。 メインであるラーメンの方にもたっぷりとチャーシューが乗っていました。 私は特に何…

偽サイトの被害に遭わないための注意点

どうも、坂津です。 ネットショッピングで簡単に買い物ができてしまう昨今、その便利さは危険と隣り合わせなのが現状です。 急速に発達したインターネットという世界において、今はまだ防犯の仕組みが十分とは言えません。 私たち個々人の危機感と防犯意識が…