『かなり』

干支に入れてよ猫

【スポンサーリンク】

どんくらい緊急なの?

どうも、坂津です。

2021年5月14日、とうとう我らが岡山県にも緊急事態宣言が出ましたね。

ってか、全国に緊急事態宣言が出てた去年と比べて現状の方が感染者数が多い気がするんだけどな?

調べるのが面倒なんで感覚的なこと言うけど、全国に緊急事態宣言を発令した段階の状況と、いま現在の状況を比較したら、たぶん今の方が深刻な気がするよ。

なんでエリアを絞って緊急事態宣言するんだろう?

なんで全国にしないんだろう?

そもそも政府が緊急事態宣言を布告したら、一体何が変わるんだろう?

そりゃちょっとはお出掛けを自粛しようとかって気持ちにはなるけども、実際に出歩いたって何の罰則も無いし、市境県境を跨いで移動したって逮捕もされない。

本当の本当に緊急事態なんだったら、もっと強硬な手段を強行しても構わないと思う。

よくあるゾンビ映画みたいな『噛まれたら絶対感染』『感染したら絶対発症』『発症したら絶対助からない』『発症したら非感染者を襲う』なんて状況だったら、迷わず移動禁止とかエリア封鎖とかするよね。

それと比較する方がオカシイってんなら、じゃあ現状がどの程度の危険値なの?

ゾンビ映画の世界と比べたら、日本における現状の新型コロナウィルスの状況はどのくらいのピンチなの?

そうか、そうだ。

この状況を受け入れるための『単位』が無いんだ。

我々は個人の感覚とは別に、万人に共通の『数値』を用いて意思疎通を図ります。

その『数値』には、それぞれの状況によって相応しい『単位』が当てられます。

めっちゃ大きい魚を釣ったよって言っても、それは何センチ?ってことになりますよね。

すごい苦労して減量したよって言っても、じゃあ何キロ落としたの?ってなるじゃないですか。

それと同じ。

緊急事態宣言も、その緊急度合いが分かりやすい『単位』を決めましょうよ。

例えば『ピンチ』とか。

急な腹痛で慌ててトイレに駆け込んでギリギリ漏らさずに済んだけど紙が無い状況を1ピンチとするなら、いまは何ピンチなの?

単位元が小さすぎて1,000,000ピンチとかになっちゃって余計に実感しにくいんだったら、次の単位も考えましょう。

例えば1,000ピンチを1エマージェンシーと呼ぶことにしましょうか。

1エマージェンシーは、ブレーキが間に合わず前の車に衝突してしまったら、前の車が黒塗りの高級車で中から屈強黒服メンがゾロゾロ降りてきたぐらいの緊急度でしょうかね。

んで1,000エマージェンシーは1ヘヴンとかどうですか?

1ヘヴンは、軽い頭痛と共に目が覚めたけど、目を開けてるハズなのに真っ暗で何も見えず、体を動かそうにも何かに固定されているようで動けず、ようやく闇に眼が慣れてきて首だけ動かして周囲を見るとどうやら人間大の箱の中であることが分かって、どうしてこうなったのか記憶を辿ろうとしてるうちに何だかとても熱いことに気が付いて、急に明るくなったと思ったら足元から炎が上がってきた状況くらいの緊急度ですかね。

 

んで、現状の日本って、何ヘヴンなの?

 

 

新しい 新しい単位 (扶桑社サブカルPB)

新しい 新しい単位 (扶桑社サブカルPB)

 

きりんさんが好きです。でも坂道と階段がもっと好きです。

どうも、坂津です。

ゴールデンウィークが終わっちゃった方も、まだ絶賛連休中の方も、漏れなく全員5月に突入しましたね?

まだ4月で足踏みしてる方は居ませんね?

 

さて、生まれてから2年と5カ月を生き抜いた我が息子ですが、とにかくよく動き回ります。

信じられない身体能力と運動量なのです。

 

近所の動物園にキリンが来ました。

さぁ間近で見物してやろうと出掛けましたが、息子は一向に動物を見ません。

 

私「ほら、キリンさんが居るよ!長いね!」

子「だっこしない!おりるの!あるくの!」

私「でも抱っこしてないと見えないでしょ」

子「きりんさんみないの!あっちいくの!」

 

んで地面に下ろしたらすごい勢いで走りだしました。

 

私「ちょっ、ま、待って!?どこいくの?」

子「(たったったったったったったった)」

私「ねぇホラ!ロバさんが居るよ!ロバ!」

子「(たったったったったったったった)」

私「あっ!ホワイトタイガー!白いよっ!」

子「(たったったったったったったった)」

私「待ってホント少しでいいから止まって」

子「(たったったったったったったった)」

私「マジどこいくの、ほらペンギンいるよ」

子「(たったったったったったったった)」

私「お願いしますちょっと休ませて下さい」

子「(たったったったったった、ぴたっ)」

私「あ、ありがとう!やっと止まったぁ!」

子「(急な登り坂を見上げて)だっこする」

私「っ!!!!?」

 

汗で全身ぐっしょりな私は息も絶え絶えですが、息子様には逆らえません。

てか何でのぼり坂だけ自力で走らんのよ。

でもまぁ尊い玉体を抱っこさせて戴けるんなら頑張りますけど。

んで息子様の輸送という栄誉に震えながら坂道を登ると、そこには陸橋のような形状の建造物が。

チンパンジーの展示スペースを高い位置から見学するための設備のようです。

 

子「かいだん!のぼる!」

私「えぇっウソでしょ?」

子「(たったったった)」

私「待って一人じゃダメ」

子「(たったったった)」

私「お手手つないで~!」

子「よいしょ、よいしょ」

 

子供ってなぜか階段好きですよね。

しかも何度も何度も昇って降りて昇って降りて昇って降りて・・・さすがに一人で行かせるわけにもいかないので手を繋いで同伴しますが、前屈みの姿勢で階段を昇降するのって結構な苦行なワケで。

 

私「ねぇ、ほら、クジャク見ない?」

子「みない(階段てってってって)」

私「じゃあ、プレーリードッグは?」

子「みない(階段てってってって)」

私「カメさんがいっぱいいる池は?」

子「みない(階段てってってって)」

私「よし!ほら!ジュース飲もう!」

子「のまない(階段てってってっ)」

私「おうち帰ってプラレールしよう」

子「しない(階段てってってって)」

私「そうだアイス!アイス食べよう」

子「たべない(階段てってってっ)」

 

何なの?

ねぇホント2歳児ってこんなんなん?

動物園で動物に一切興味無し。

坂道(下り)と階段が何より大好き。

しかも帰るよって言ったら地面で大の字。

 

子「いや!かえらないっ!!!」

私「だって動物見ないじゃん!」

子「かえらないのっ!!!!!」

 

よくよく調べてみると、なんか4歳くらいまでこんな感じが続くんですってね?

もちろん個人差はあるんでしょうけど、あと1年半は暴君に仕えることになるってことなんですね。

分かりました。

頑張ります。

 

 

 

父、叫ぶ

どうも、坂津です。

この世は並べて弱肉強食。

食物連鎖は自然の摂理。

そんな厳しくも絶対的なルールを、2歳児に突きつける現場に遭遇しました。

息子とお散歩中に。

f:id:sakatsu_kana:20210425105133j:plain

私「サギがお魚をもぐもぐしてるよ~」

子「おさかなおっきい!さぎすごい!」

私「鯉かな?雷魚かな?・・・っ!?」

f:id:sakatsu_kana:20210425111612j:plain

かなり遠目からでしたが、あの背びれ尾びれの形。

腹びれの位置、全体的なフォルム。

間違いなく、あれは、ドンコ。

 

約半年ほど前、私はこの場所でこのドンコと出会っていたのです。

 

生きとし生けるすべての生物は狩る側と狩られる側。

常に捕食者であり、また、被捕食者たりえる。

そんなこと、頭ではしっかり理解していましたが、いざ顔見知りが喰われている現場に遭遇したら、冷静でいられるハズもなく。

 

私「ド、ドンコォォーっ!!」

子「おとーしゃんやかましい」