『かなり』

干支に入れてよ猫

【スポンサーリンク】

まずは日常会話をスムーズに

どうも、坂津です。

言語形成期の大半を千葉県で過ごした私は、生まれ故郷であるはずの岡山に馴染めず苦労した経験があります。

そんな私も今ではすっかりネイティブ岡山オカヤマンとして、岡山弁の発音もマスターし、ヒアリング能力もバッチリです。

日常生活に差し支えない程度の岡山弁会話が可能となり、晴れて標準語と岡山弁のバイリンガルになったのでした。

 

さて、うちの会社の話です。

従来は地元民ばかりで構成されていた従業員が、ここ数年は新卒の子たちが県外から来るケースも増えてきました。

そんな新人の子は当然ながら岡山弁に馴染みがありません。

 

とある日。

午前中の会議が長引き、急きょ会議を続行しながら昼食をとることになりました。

しかし今からお弁当屋さんに発注したところで出来あがって配達されるまでにお昼が終わってしまいます。

そこで新人ちゃんにコンビニへ買い出しに行ってもらうことになったのです。

 

新人「何を買ってくれば良いですか?」

上司「弁当じゃと好き嫌いがあるしな」

新人「ではおにぎりにしましょうか?」

上司「そじゃな。20個あればええよ」

新人「どの具が良いか聞いてきますね」

上司「あーもう適当でええよそんなの」

新人「せめて社長の好きな具だけでも」

上司「おお~、さすがの気遣いじゃね」

新人「やっぱりお肉系のでしょうか?」

上司「いや社長が好きなんは塩じゃけ」

新人「分かりました!行ってきます!」

 

岡山弁では「~だから」のことを「~じゃけ」と言います。

「だから言ったじゃないですか」は「じゃけ言うたが」に。

「これは君のだからね」は「これはおぇんじゃけな」に。

「暇だから良いですよね?」は「暇じゃけえかろ~?」に。 

 

なのでこのとき上司は、新人の「社長はお肉系が好きですよね?」という問いに対して「いやいや、社長が好きなのは塩だからね」と答えたわけです。

しかし、それはネイティブオカヤマンにしか通じない会話なのです。

皆さまもうお察しの通り、新人ちゃんは社長用に『塩鮭しおじゃけ』のおにぎりを買ってきました。

 

この他にも新人ちゃんの頭に『?』が浮かんだことによって初めて我々の方が「あ、コレ岡山弁だったのか」と気付かされることもありました。

 

上司「お客さんを知るんが営業のうったてじゃけんな」

注釈「お客様について知ることが営業職の手始めです」

新人「・・・????・・・うったて・・・????」

 

岡山県人は『物事の手始め』『最初の一手』という意味で『うったて』というネイティブワードを使います。

元々は字を書くときの最初の点、筆を紙に置く起点のことを『うったて』と呼んでいたようです。

f:id:sakatsu_kana:20191016092105j:plain

 

上司「その線はサシ使つこうて引いてぇや」

注釈「その線は定規を使って書いてね」

新人「・・・???・・・サシ???」

 

岡山県人は『定規』のことを『サシ』と呼びます。

おそらく『ものさし』の真っ二つにぶった切って下半身のみ採用したのでしょう。 

 

上司「チャラきしちゃおえんけぇな」

注釈「雑に書いてはいけませんからね」

新人「チャラ・・・?おえん・・・?」

 

岡山県人は『雑に書く』『適当に書く』『走り書き』のことを『チャラ書き』と言います。

また『雑に書かれた字』『適当に書かれた字』のことを『チャラ字』と呼びます。

なんとなく語感で意味合いは理解できそうですが、県外の人に「電話じゃアレなんで、チャラ書きで良いからFAX送ってもらえます?」とか言っても通じません。

CHA-LA HEAD-CHA?LA ドラゴンボールZ ORIGINAL COVER

CHA-LA HEAD-CHA?LA ドラゴンボールZ ORIGINAL COVER

 

 

新人ちゃんには仕事に慣れてもらうこと以上に、まずは岡山弁に慣れてもらわなければなりません。

息子の成長記録

どうも、坂津です。

生後10カ月を経過した0歳児の息子ですが、もう何にも掴まらず床に手をついてスッと立つようになりました。

そしてそのまま4~5歩、足元はおぼつかずグラグラしながらですが歩くようになりました。

靴を履かせて屋外を歩く・・・なんてのはまだ先の話ですが、着々と成長していることが実感できます。

しかし、立って歩くなんてのは掴まり立ちをした時からもうその気配を感じていましたし、息子の脚力がめちゃ強いということは4カ月前に把握しています。

なので驚くというよりは『ついにこの日が来たか』という感じでした。

もちろん嬉しいんですけどね。

 

さて、日進月歩で成長を続ける我が子ですが、全く予想外の行動で私と妻を驚かせることがあります。

それはとある早朝の出来事です。

 

子「(○_○)パチッ・・・」

私「(うお、もう起きた)」

妻「(頼むあと5分寝て)」

子「はああぁぁーーん!?」

私「今日も早いねおはよう」

妻「すごい寝ぐせおはよう」

子「きゃっきゃ。はぁん?」

 

いつものように寝起きハウラツな息子に私と妻が苦笑していたその時。

息子は不意に両手を胸の前で広げ、そして手のひらをペチンと合わせたのです。

その行動を繰り返すこと5~6回。

そう、これはまさに『拍手』です。

 

妻「えっ!?パチパチ!?」

私「いま拍手したよね!?」

子「はぁん?(パチパチ)」

妻「いつの間に覚えたの?」

私「今までしなかったよね」

妻「初めて見たよすごいね」

 

実はいままでずっと、息子に絵本の読み聞かせをする際、読み終わったあとに必ず「おしまい。パチパチパチ」と終了宣言と拍手喝采を励行していたのです。

息子の両手を持ってパチパチと手のひらを打ち合わせること数カ月。

ついに自分の意思で拍手を繰り出すことができるようになったのです。

一人で立ち上がれるようになり、そして拍手ができるようになった息子。

もちろんそれらの合わせ技も可能になったわけで。

 

妻「おお・・・立ってるよ」

私「そして拍手をしている」

妻「完全にスタオベだよね」

私「ああ、何かに対してな」

 

スックと立ち上がり満面の笑みで拍手。

まるで舞台上の役者に対するスタンディングオベーションのような行動。

息子が一体何に対して感動し、賞賛を送っているのかは不明ですが、とにかく拍手できるようになったのは成長です。

 

その後、私たちが「パチパチして?」と言うと嬉しそうに拍手をしてくれるようになりました。

 

スタンディングオベーション

スタンディングオベーション

 

 

苦労は経験値じゃないよ

どうも、坂津です。

世の中には『苦労をした=尊い』という間違った方程式を信仰し尊重している人が一定数いらっしゃいます。

本来であれば『苦労という経験を得てレベルアップした=尊い』であるはずなのに、なぜか重要な部分がスッポリと抜け落ちてしまっているのです。

苦労をしたら自動的にレベルアップするかのような迷信を地盤にした考え方に陥ってしまっているのでしょう。

そこには自分に対し『苦労に見合う対価が支払われて当然』という錯覚というか妄想というか思い込みが介在しており、その影響で『これだけ頑張ったんだから報われるよね』という根拠の無い幻想を抱いてしまうのです。

 

しかし、これは逆。

まったくの逆なのです。

 

苦労を水の泡にしないために『この経験をレベルアップの糧にできるよう工夫する』んです。

頑張りが報われるために『努力した分が無駄にならないよう頭を使う』んです。

単純な苦労や努力がそのまま経験値として昇華され、まるでゲームのようにレベルアップしてスキルアップして自身が有能になってゆく・・・なんてことはありません。

 

年配の方々がよく『今は便利で良いよなぁ、昔は・・・』などと、やたら工数が多い仕事をしていた非効率時代の自慢をしてきます。

その方々が今、そのときの経験を活かしてバリバリ活躍されているのならば私は何も言いません。

しかし、現状で効率良く仕事をしている若者に向かって、過去自分がいかに恵まれない環境で頑張っていたかを説き、なおかつそっちの方が尊いみたいな言い方をするのってどうなの?

 

「今はパソコンの画面でポポポンって打ってカチッと送信したら終わりだろ?俺らなんかさ、伝票を手書きで何枚も書いて電卓叩いてさ。俺たちがそういう苦労をしてきたから、今の便利な時代があるんだぞ?感謝しろよ?お前らももっと苦労しろ?」

 

違います。

我々が文明の利器におけるご利益を享受できているのは決してあなたのお陰ではなく『あなたと同じ経験をして、それが不便だと感じ、効率化するために試行錯誤した誰か』のお陰です。

漫然と目の前の仕事を手数と根性だけで処理してきたあなたのお陰では、決してありません。

 

もちろんその努力と根性で仕事をこなしてきた経験を、あなたが活かしているのであれば、私もそれを尊重して忠言に耳を傾ける気が起きるかもしれません。

しかし、これから新たに導入するシステムの使い方をまるで覚えようとしないその態度はいかがなものでしょう?

あなたのお得意な『努力』『苦労』『根性』で覚えたらどうですか?

今の仕組み、やり方に特に不便さを感じていないから、新システム導入で得られる画期的な利便性に重要さを感じていないのでしょうが、むしろ現状に不便さを感じていない鈍感さの方が問題なのではないですか?

過去の苦労が悪い方向に働いてしまっている典型だと、私は思います。

不便さに慣れ、革新を忘れ、ただやみくもに『頑張る』ことしかできないのは、むしろ思考の放棄であり責任からの逃避でしょう。

 

って言いたい。

会議で。

めっちゃ言いたい。