『かなり』

干支に入れてよ猫

【スポンサーリンク】

午前4時に2400万円当選した

どうも、坂津です。

今朝早くに迷惑メールが届きました。

時間は午前4時。

送り主は『au』を名乗っています。

件名は『au料金免除◇大雨に伴う支援措置について』です。

本文は『▼免除金額・詳細▼』から始まり、その下には怪しいURLが貼り付けられています。

そしてそのURLの下には『【有効期限】2020/07/15 23:59』と。

私は偶然にもこれを怪しむ能力がある状態でメールを開封して読んだので、迷惑メールとして即通報することができました。

しかし実際に被災された方が切羽詰まった状況でこれに遭遇したら、リンクをタップしても仕方ないと思います。

ちなみにリンク先はこんなページでした。

f:id:sakatsu_kana:20200714165140j:plain

料金免除と謳いながらなぜか高額当選というお粗末な展開。

恐らく別の高額賞金当選系詐欺メールのリンク先を流用しているのでしょう。

f:id:sakatsu_kana:20200714165437j:plain

そしてキャッシュカードの情報を入力して送信するように促す流れ。

只今よりお振り込みを開始って、朝の4時にかい?

朝一番早いのはパン屋のおじさんだと思ってたけどねぇ。

f:id:sakatsu_kana:20200714165743j:plain

ここまでで入力する内容は、個人情報ではあるけど知られてもそんなに危険じゃないもの。

でもこれを送っちゃう人はセキュリティー意識の低い人だから詐欺れる可能性が高いよねっていう、向こうさんのカモ判別ツールなのかも知れないですね。

んで恐らくこの『お渡し担当:入江』という人物から、更に深い情報をヒアリングされるというフローでしょうか。

 

今回のやつは粗が目立つ手口でしたが、この手の詐欺は日進月歩で進化してきているので、冷静な判断が出来ない状況で開封しないように気を付けるしかありませんね。

ひとくちの血統

どうも、坂津です。

 

妻「はい。これね、部分ごとに食感が・・・」

私「んん?もがが?」

妻「(なんで一口で食べちゃうのか)」

 

妻「はい。これね、食べ進めると味が・・・」

私「んん?もがが?」

妻「(なんで一口で食べちゃうのか)」

 

妻「はい。これね、中が熱いから気を・・・」

私「んん?ん゛ん゛あ゛ぁ」

妻「(なんで一口で食べちゃうのか)」

 

妻「はい。ちょっとずつ食べなさいね」

子「もっ・・・もっ・・・」

妻「ちょっと!喉に詰まるでしょ!」

子「おぉ・・・もっ・・・」

妻「ほら涙目になってるじゃないの」

妻「(あ・・・遺伝?)」

 

 

人の振り見て我が振り直せ

どうも、坂津です。

近所のスーパーマーケットに買い物に行ったときのこと。

そのお店はエントランスから入ってすぐ、進行方向が分岐します。

お惣菜やパンコーナーに続くスーパー側と、百円均一のお店に続く側です。

私は入り口付近でスマホを開き、妻から送られてきた買い物リストを確認していました。

するとそこに、家族連れがやってきました。

お父さんとお母さんと男の子の3人家族。

男の子は恐らく未就学でしょうか。

そしてお母さんは百均方向へ、お父さんと男の子はスーパー方向へと進みました。

そこで急に男の子が泣きだしたのです。

 

「おっ、おっ、おがあ゛ぁぁーざあ゛ーーー」

 

たぶん、左やや後方に居ると思っていたお母さんが知らない間に居なくなっていたことに驚いたんだと思います。

男の子の叫びに、お父さんはすぐ反応しました。

が、私の思っていた対応とは異なっていました。

 

「泣くなっ!今までお母さんがお前を置いて居なくなったことがあるかっ!?帰って来なかったことがあるかっ!?無いだろう!?」

 

すんごい怒鳴り声。

周囲のお客さんもちょっと引くくらい。

なんか、言ってることは正論だし、子供に向けて説明する言葉としては見習いたい内容ではあります。

でもなんでそんなに激昂して怒鳴る必要があるのかな。

 

私は偶然このワンシーンに遭遇しただけなので、これまでの経緯やお父さんの言動の詳細は分かりません。

もしかしたら彼の憤怒は正当なものなのかも知れません。

断片的な情報だけで全てを理解したつもりになり、背景を一切知らないまま他者を非難する昨今の風潮は大嫌いなので、ここでこのお父さんを糾弾するつもりはありません。

 

ただ、やっぱりどんな状況であっても公衆の面前で子供に向かって声を張り上げるというのは、ちょっと嫌だなと感じました。

人の振り見て我が振り直そうと思います。