『かなり』

夏の気配が・・・消えた・・・?

【スポンサーリンク】

【閲覧注意】なにかある【怖い話】

どうも、坂津です。

久々に怪奇現象に遭遇しました。

怖い話が苦手な方はご注意ください。

 

先日、ちょっと仕事が忙しくて帰宅が遅くなったときのことです。

ちょうど時計の針がてっぺんを回ったくらいの時間でした。

日付が変わってしまったことに無い気持ちを感じつつハンドルを握ります。

私が通勤帰宅で使用するのは基本的に幹線道路なのですが、ふと、余計なことが頭をよぎりました。

 

そういえばあの道、0時を回ったら一方通行が解除されるよな。

 

抜け道、というほどのものでも無いのですが、午前と午後で一方通行の方向が逆になる道が在るのです。

0時~正午までと、正午から0時まで。

別にその道を通らなくても帰ることはできますし、むしろそこを通った方が無駄に時間が掛かる道なのです。

なのに、私はなぜかその道を選んでしまいました。

 

ただでさえ少ない街灯はものすごく頼りない光量で、周囲を照らすのは私の車のヘッドライトだけ。

脇道が多く、昼間なら子供が飛び出してきそうな路地があります。

ちょうど背骨に対しての肋骨みたいな感じで細い道が左右にたくさんあるのです。

まさかこの時間に飛び出しなんてあるはずも無いのですが、やっぱこんな道に来なきゃ良かったと思いながら、速度を緩めて恐る恐る進みます。

 

と。

 

一瞬で心臓が凍りつくような恐怖が私の全身を襲いました。

顔面蒼白、毛穴全開、脂汗ダラダラです。

よくも運転操作を誤らなかったと自分を褒めてあげたいほどでした。

 

何かが、私の足に触ったのです。

 

怖い怖い怖い怖い怖い怖い・・・

ヤバいヤバいヤバいヤバい・・・

 

どうして良いのか分かりませんが、どうすることもできません。

ただただ安全運転を心掛けるしか無いのです。

停まるなんて滅相もありませんし。

 

で。

 

少し明かりの多い場所まで進みました。

依然、足を撫でる感触は残っています。

私は恐る恐る、目だけを動かしてハンドルの下に視線を向けました。

 

そこには。

 

紙袋が。

 

どっと疲れました。

自然と「なんだよも~!!!!」と声が出ました。

走行中の揺れか何かで紙袋が足元に転がったのでしょう。

あー怖かった。

 

あー・・・

 

あー?

 

あ・・・

 

何の紙袋だこれ。

 

私は紙袋なんて車に乗せた覚えはありません。

そもそも運転席の足元に転がるような場所に紙袋があれば、車に乗り込む時に気付くはずです。

さらに紙袋が転がったのならカサカサと音がするはず。

なぜ音がしないのでしょうか。

そう考えると、なんだか紙袋が触れている部分がじんわりと湿っているような感じがします。

紙って濡れるとカサカサ言わないですよね。

なんだろう、濡れた紙袋?

在るはず無い紙袋。

そんなの無い。

 

パニック寸前で、いつもの道に戻りました。

夜中なのに煌々と明るい幹線道路。

対向車も居ます。

 

足に触れていた湿った感覚が無くなりました。

 

コンビニの駐車場に車を停めてズボンを確認しましたが、何の跡も残っていませんでした。

念のため運転席と助手席のシートの下も見ましたが、何もありませんでした。

あの紙袋は何だったんでしょうか。

そもそも紙袋だけが触れたって、あんなしっとり重い感触はしないはずです。

中に何が入っていて、何で濡れていたのでしょうか。

 

私は考えるのをやめて、家に帰りました。

 

あー、怖かった。

 

ヘイコー 紙袋 角底袋 No.4 クラフト 13x8x23.5cm 100枚

ヘイコー 紙袋 角底袋 No.4 クラフト 13x8x23.5cm 100枚

 

 

生まれる前から呆れていました

どうも、坂津です。

最近はよく、妻のお腹の中に居る息子に向かって話しかけています。

 

私「よう我が息子マイサン。お父さんだよただいま」

妻「お父さんが帰ってきたよおかえりだね」

私「今日は大変な一日でとっても疲れたよ」

妻「あらぁお父さんお疲れだって大変だね」

 

しかし実質的には妻との会話になっています。

 

私「元気に生まれてきておくれよ我が息子マイサン

妻「色々準備して待ってるから安心してね」

私「おっぱいは1年契約で貸与してやろう」

妻「待て旦那。私のおっぱいは私のものだ」

 

そしてだんだんと直接的な会話になっていきます。

 

私「てかおっぱいっていつ頃まで飲むの?」

妻「個人差があるけど1~2歳くらいかな」

私「そこからは離乳食になるんだよねぇ?」

妻「もちろん併用期間もあるだろうけどね」

 

さらに現実的な会話になっていきます。

 

私「離乳食売場もすごい品揃えだったよね」

妻「無理に作らなくても買えるのは有難い」

私「全部試して全種類コンプリートしよう」

妻「全制覇する前に育ってしまいそうだよ」

 

しかし徐々にふざけた会話になってしまいます。

 

私「男の子だから大丈夫だよ全部食べるよ」

妻「なんで幼児期からフードファイトなの」

私「人生これ闘いなり。食って強くなるのだ」

妻「旦那はこの子をどんな風に育てたいの」

私「フリーザ様を倒せるくらい強い地球人」

妻「せめてラディッツからにしませんか?」

私「順番でいくならレッドリボン軍だけど」

妻「そもそもなんで闘うことが前提なのか」

 

でも割と真面目な会話になったりもします。

 

私「男の子はドラゴンボール大好きだもん」

妻「この子世代もそうとは限らないでしょ」

私「社会に出たとき上司と合わせるの大事」

妻「なら尚更ドラゴンボールじゃないよね」

私「そっか。今の中高生くらいが上司だわ」

妻「いまの中高生って何が流行ってるの?」

私「ん~・・・『ハイスコアガール』かな」

妻「人気かもしれないけどさすがに狭くね」

 

んで最終的に雑な会話で終わります。

 

私「子供はトムとジェリー見ときゃ良いよ」

妻「ふっふっふ。それDVD買っといたよ」

私「マジか!さすが我が愛妻ゴッデス!愛してる!」

妻「おいおいそんな褒めたって何も出んよ」

私「いやいや、息子を出してくれるだろ?」

妻「出すとか言うなよ下品だなコノヤロウ」

 

会話の最中、ずっと妻のお腹に手を当てているのですが、最初は声に合わせてドンドコ動いているのです。

しかしだんだんと反応が薄くなり、そして最後のくだらない会話のあたりになると微動だにしなくなります。

生まれる前から息子にあきれられている夫婦です。

 

 

私にしか見えない

どうも、坂津です。

突然ですが下の文章を読んでみてください。

 

『君にしか見えない』

僕の住む町で、ここ最近とても恐ろしいことが起きている。

連続殺人事件だ。

犯人は巧妙な手口で逃げ隠れを続けていて、捕まっていない。

警察もパトロールや検問を増やしているけれど、犯人の方が上手のようだ。

でも、実は僕には“次に襲われる被害者”が分かる。

理由は分からないんだけど、なぜかふっと、人の顔が脳裏をよぎる。

しばらくすると、僕が思い浮かべた人が被害者としてニュースで報じられる。

そんなことが何度かあったので、何か特別な能力を手に入れたようでドキドキした。

犯人逮捕に役立てるかもしれない。

そう思っていたのだけれど、警察はまともに取り合ってくれなかった。

「君にしか見えない妄想に、いちいち付き合っていられないんだよ」

警察の言うことも、もっともだと思う。

僕自身、自分の能力に気付いて、確信を得るまでに幾度かの繰り返しが必要だった。

僕の思い浮かべるビジョンが見えない他人に、これを説明する方が難しいだろう。

それに、僕自身も“全く見ず知らずの人の顔が自然に思い浮かぶだけ”なので、手の打ちようが無かった。

今日もまた、同一犯と思われる殺人事件が報道されている。

やっぱり、僕の脳裏によぎった人の顔だ。

ニュースを見ながら、自分の無力さを痛感する。

顔だけ分かっても、何も出来ることがない。

僕が憂鬱な気分でいると、玄関の呼び鈴が鳴った。

出迎えると、先日僕が相談しに行った警察の人だった。

なんと、あの連続殺人犯の犯行現場が偶然にも映像として捉えることができたらしい。

でも、なぜこんな話を僕に教えてくれるんだろう?

不思議に思っている僕に、警察の人はこう言ったんだ。

「この映像の犯人がね、君にしか見えないんだ」

 

ひとつの言葉に複数の意味がある状態を『ダブル・ミーニング』と言います。

多くは『語り手と聞き手が同じ言葉を使っているにも関わらず、理解する意味が異なることによって生まれる齟齬』を物語のエッセンスにする技法として扱われます。

 

上の駄文では『君にしか見えない』という言葉に、2通りの意味があります。

・君を除いて他者には認識することができない

・君以外の何者でも無いように見える

誤解の無いように表現すると上記のように堅苦しくなりますが、どちらも『君にしか見えない』という言葉で表現可能です。

 

私はこのブログで常々、同音異義語が好きだと言ってきました。

同音異義語 カテゴリーの記事一覧

これは自分自身、単なるダジャレ好きの発展版、くらいにしか思っていませんでした。

しかし、実は『ダブル・ミーニング』が好きで、そこから同音異義語に派生したんじゃないかと、つい最近思うようになったのです。

 

何かしらの物語に触れるとき、私は私を裏切るものに惹かれる傾向があります。

「冒頭のアレはこういう意味だったのか!」

「あのセリフが最終盤で活きてくるのか!」

みたいなやつです。

 

よく考えれば同音異義語だって立派なダブル・ミーニングですし。

『励ます』と『禿げます』とか。

『恋しくって』と『小石食って』とか。

 

あと日常会話でよく使うのに誤解されちゃう系のやつとか。

「彼は人の嫌がることをする」

これは『他人が嫌がってやりたがらないことを代わりにやる』という意味と『他人が嫌がるような意地悪をする』という、善人と悪人の両極端に解釈できちゃう言葉です。

 

本来なら文章とは、誤解の無いように考えて書かれるものです。

意図しない解釈を生みそうな表現を極力避け、語り手が思い描くものをどれだけ正確に聞き手に伝えるかが重要です。

しかし、敢えて誤解と誤認識を仕掛けた文章に触れ、そうとは知らずに物語を読み進め、最終的にどっぷり罠にハマっていたことに気が付くあの快感。

 

いつかそういう文章が書けるようになりたいなぁ。

きっと、無意識にそういう願望があったから、同音異義語が好きなんだろうなぁ。

 

同じ読みで意味の違う言葉の辞典

同じ読みで意味の違う言葉の辞典