『かなり』

干支に入れてよ猫

【スポンサーリンク】

タクシードライバー

どうも、坂津です。

仕事の付き合いで、ものすごく久しぶりにお酒を飲みました。

去年の10月頃から飲んでいなかったのでアルコール耐性が急落しててすぐに酔っ払ってしまうんじゃないかという不安は、全く的中しませんでした。

瓶ビールから始まってハイボール、赤ワイン、冷酒、焼酎というラインナップをぺろりと飲み干しましたが、特にへべれけという状態でもありません。

危惧していた『2軒目』も華麗に回避できた私はなるべく早く帰宅するため、タクシーを拾いました。

電車だと駅までの徒歩+待ち時間+駅からの徒歩で50分ほどかかりますが、タクシーを使えばものの15分で帰ることができるのです。

さすがに平日の夜だと暇なタクシーが多く『空車』ランプを点灯させつつ道路脇を凝視している運転手さんだらけでした。

私は少し先のバス停まで歩き、そこで手を挙げます。

ものの数秒でタクシーが停車し、後部座席のドアが開きました。

 

私「その道を西に行ったS字の跨線橋分かります?」

運「分かりますよ。左手にコンビニがあるところね」

私「そうです。その次の信号を右折したところまで」

運「それにしても急にレーダー照射は無いですよね」

私「は?」

 

行き先を告げ、もうすぐ帰るよという連絡を妻にしてたら運転手さんから唐突な会話導入がありました。

news.yahoo.co.jp

恐らくは上の、韓国海軍によるレーダー照射事件について言及しているものと思われます。

車の運転自体はとても上手で快適だったのですが、会話が急発進すぎてちょっと焦りました。

たまたまニュースをチラ見していたのでどうにかレシーブすることができました。

 

私「韓国海軍のやつですか。確かに変な事件でした」

運「あれ、どうも北朝鮮と何か裏取引らしいですよ」

私「へーそーなんですかしらなかったなーこわーい」

 

正直、どうでも良い。

完全に興味の無い話題ってワケでもありませんが、あまりにも唐突に始まったもんだから私の思考と感情がこの話題に付いていけない状態でした。

そんなことより早く帰って息子を抱っこしたいのです。

 

運「普通漁船にあんな通信機みたいの無いですから」

私「そーなんですかおくわしいんですねーすごーい」

運「しかも漁船から遭難信号が出てませんでしたし」

私「なにいってるかわからんけどなんかすごーいー」

運「日本の排他的経済水域EEZ内なのになぜ韓国海軍が」

私「おかしいねーなんでだろねーへんだねこわいね」

運「内緒ですが私、海上保安庁JCGにコネがありまして」

 

車の運転自体はとても上手で快適なのに、会話の展開が荒々し過ぎてものすごく乗り心地が悪いです。

車は真っ直ぐ進んでいるのに話題のアクセルをギュンギュン踏んで、会話のハンドルをガンガン切る運転手さん。

そして飛び出してきたトンデモナイ内緒話。

 

私「内緒なら話さない方が良いんじゃないですか?」

運「その人が言うには、今回のレーダー照射ってね」

私「ちょっと待ってそれ私が聞いても良い話なの?」

運「海で生きる人間には絶対的なタブーなんだって」

 

車両は赤信号で止まるのに、運転手さんのおしゃべりは私の制止を受け付けません。

そもそも話の内容が浅すぎて本当に海上保安庁の人と知り合いなのかも眉唾ではありますが、それにしたって『内緒ですが』と前置きした癖にしゃべり過ぎです。

 

さて、なんやかんや全く興味の湧かないペラい話しを聞いているうちに、やっと我が家が見えてきました。

私は、これでようやく解放される、と安堵しました。

 

運「はいじゃあ2280円です。はいこれお釣りね」

私「ありがとうございましたじゃあおやすみなさい」

運「お客さん聞き上手だからつい話しちゃいました」

私「そうですかわたしがききじょうずですかハハハ」

 

最後の最後まで噛み合わない会話のまま、運転手さんは上機嫌で駅方面へ帰っていきました。

本当に、車の運転は上手だったんですケド・・・。

 

思ったんですが、タクシーってよく分からない機器が運転席周辺にいっぱい装備されてるじゃないですか?

ボタンとかいっぱいあって。

で、後部座席にも操作パネルがあって、サイレントモードとか選べれば良いのにね。

 

パレイドリア

どうも、坂津です。

パレイドリアってご存知ですか?

ファミレスの新メニューじゃありませんよ。

パレイドリア現象とかパレイドリア効果と呼ばれる心理現象の一種で『視覚刺激や聴覚刺激を受けとり、普段からよく知ったパターンを本来そこに存在しないにもかかわらず心に思い浮かべる現象』のことなんだそうです。

つまり、見たり聞いたりしたものから全く別のものを連想してしまうことを『パレイドリア現象』と呼ぶんですね。

近いものだと、点が3つ逆三角形に並んでいるだけで、それが人の顔に見えてしまうという『シミュラクラ現象』と似ている気がします。

これらの現象は脳の機能によるもので、知覚と同時に自動的に発動するものですので、本人にコントロールすることができるものではありません。

本能とか生理現象なんかに近いものなのです。

 

要するに、何か健全なものを見てそこからエロい妄想を始めてしまっても、それは不可避の現象であり脳が勝手に引き起こすことなので、それを引き合いにして本人の人間性とか性格を評するのは間違いなのです。

というわけで、上記3つの記事で紹介している画像を見てイケナイものを想起してしまったとしても、何ら恥ずべきことでは無いのだと強調しておきます。

 

吐いた唾は飲めぬ

どうも、坂津です。

マスクを着用したまま寝るのが普通になってきました。

最初は耳が痛くなって大変だったのですが、さすがに1週間も着け続けてると慣れますね。

ただマスクに慣れると、今度は着けてるのを忘れてしまうんですよね・・・。

 

私、トイレで用を足すとき、口の中の唾液も排泄する癖があります。

もうお気付きかと思いますが、やってしまいました。

便器に向かってペッと唾を吐き捨てるつもりが、マスクに阻まれてしまいました。

マスクと顔面の隙間に滞留した唾液は、このまま顔を上げると滴り落ちるのは明白です。

ここは一旦マスクをパージのち廃棄し、新しいマスクを着用し直してから排尿にリトライするのが上策でしょう。

 

しかし極限まで肥大した私の膀胱がそんな余裕は無いと訴えます。

放出待った無しだ。

唾液が垂れるくらいなんだ。

こちとら尿だぞ?

良いのか?

良いわけ無いよな?

 

若干上から目線ではありますが膀胱の訴えはもっともでした。

唾液と尿、どちらを垂らすのがよりリスクが高いのかと問われれば、間違いなく尿に軍配が上がります。

断固回避せねばならない由々しき事態です。

 

しかし、もっと想定外の由々しき事態が既に起こっていました。

なんと私の背後にある個室から咳払いが聞こえてきたのです。

驚嘆し凍りつく私。

膀胱役と私役の1人2役劇を聞かれていた!?

 

今後、トイレは静かに利用しようと心に決めた私です。