『かなり』

干支に入れてよ猫

【スポンサーリンク】

久々に寝坊した。だってアラームが鳴らなかったから・・・

どうも、坂津です。

久しぶりに寝坊をしてしまいました。

スマホのアラームを目覚ましにしているのですが、どうやら充電せずに寝落ちしてしまったらしく、バッテリー切れになっていたようです。

こういう時に限って息子は長時間の熟睡モードに入っており、私は自然に目が覚めるまでしっかり寝てしまったのであります。

 

まず起きてからモゾモゾとスマホを開きます。

しかし画面は真っ暗なまま。

頭に「?」マークを浮かべつつ電源ボタンを長押ししますが無反応。

そこでちょっと嫌な予感が湧いてきました。

すぐさま起きてリビングの時計を確認すると、なんといつも起きる時間より1時間半も超過しているではありませんか。

ここでとりあえず深呼吸。

慌てても良いコトなんてありません。

毎朝のルーチン作業から必須項目だけを抜き出し、遅刻しないかどうかを計算します。

妻には申し訳ないことですが、洗濯物を取り込んでたたむのとリビングの床掃除をしなければギリギリ間に合いそうです。

ちゃちゃっと自分の身支度だけをしていると、妻が起きてきました。

どうやら息子も起きたようです。

 

妻「あら、お父さんがまだ居るよ?」

子「あぶー。えーうー。きゃーい!」

妻「珍しい、寝坊したの?大丈夫?」

私「洗濯物と床掃除できなかった…」

妻「良いってことよ。気をつけてね」

私「寝坊のお父さんを許しておくれ」

子「ブブブブブブブ!きゃははは!」

 

そしていつもより30分遅れで家を出ました。

幸いにも道路状況はいつも通りで、特に大渋滞ということもありません。

出社定刻まで10分の余裕を持ってデスクに着くことができました。

 

つまり、いつもより1時間半多く寝ても、遅刻はしないということが分かったのです。

 

ただしかし、これは妻と息子に多大なる負担を強いてこその結果です。

始業前のメールチェックやら経理業務なんかの雑務も済ませられませんでした。

やっぱり寝坊は寝坊です。

この過ちを繰り返さないため、寝る前のアラーム確認(充電ケーブルはちゃんと刺さっているか。そもそもアラームはセットされているかなど)をしっかり行おうと反省したのでした。

 

 

交通安全標語

どうも、坂津です。

通勤中の従業員が軽い交通事故を起こしてしまいました。

今回はたまたま怪我人も出ない些細な接触でしたが、運転中の気の緩みは大きな事故に繋がりかねません。

ということで、社内で交通安全セミナーを開催するとともに、毎月『今月の交通安全スローガン』を掲げることになりました。

 

で、そのスローガン自体を全従業員から案出ししてもらうことになったのです。

 

上司「どうだ?交通標語、集まってるか?」

坂津「はい。もう百通は超えたと思います」

上司「適当に5案くらいに絞ってくれる?」

坂津「私がですか?独断と偏見になります」

上司「良いんだよそれで。じゃあヨロシク」

 

こういうのって、結局のところ無難なやつに落ち着いちゃうんですよね。

そもそも何のために標語を掲げるのかと言えば、みんなに交通安全を意識して欲しいからです。

それなのにパッとしないありきたりなやつを選んだって、効果も高が知れています。

だったらちょっとドキッとするような内容の方が結果的に皆の心理に働き掛けるんじゃないかと思うのです。

せっかく100⇒5という盛大な絞り込みを任されたのですから、思いっきり私好みのやつを残してやろうと思ったのです。

 

 

『大丈夫 その思い込み もう危険』

 

交通安全のみならず、人生において遭遇するすべての事象に対して適用できる万能標語です。

これくらいなら大丈夫。

自分だけは大丈夫。

そんな過信や慢心、無根拠な自信が引き起こす不幸な事故。

いつも怯えて暮せというわけではありませんが、何事においても注意するに越したことはありません。

この標語を見た人が「そういえばアレ、大丈夫かな?」と胸に抱く反省こそが、全ての危険に対する最大の対策となるのです。

 

 

『キズ2万 塗装3万 凹み5万』

 

リアルな金額を明確に打ち出すことによりドライバーに『事故=出費』という思考を植え付ける秀作です。

しかもここから『保険使ったら保険料も上がるし修復歴があったら査定も下がるし・・・』という連鎖的な損失想像も膨らみます。

これはとても抑止力の高い標語だと思います。

初見では交通安全のための言葉だと思われないかもしれませんが、今回は『今月の交通標語』としてリリースされるのできっとみんな分かってくれるはずです。

 

 

『飛び出すな 俺の車に 傷がつく』

 

本来は運転者に対する安全啓蒙のための標語募集でしたが、あまりにも素直な気持ちを綴っていたので選びました。

確かにそうですよね。

不意に飛び出されたら避けようが無いことだってあります。

そんな不可抗力の事故でも車両側の過失ということになりますし、車のキズも自分で直さなければなりません。

事故の程度によっては車だけでなく経歴、人生にキズが付く可能性も。

 

 

『寝るな! 寝ると死ぬぞ!』

 

圧倒的な力強さ。

日本の文化というか風潮というか、こういう標語的なものはだいたい七五調になる傾向があります。

しかしこちらはそーゆーのガン無視してズバッと言いたいことを言っています。

ロケーションとしては冬山で状況は猛吹雪、そんな光景が目に浮かぶ台詞ですが、運転中のドライバーにもしっかり当てはまる叫びです。

低血圧で寝惚け状態が長い人は、うつらうつらしながら運転しちゃうこともあるでしょう。

そんなときはこのスローガンを思い出して欲しいと思います。

 

 

『5キロ減 踏まないだけで すぐ実現』

 

何気に韻を踏んでるのが気に入りました。

しかもちょっとダイエットを意識してるようなニュアンスで、実は運転速度の超過について注意喚起しているのが面白いです。

運転中、特に通勤時は急いでいる人が多いと思います。

でもそこでアクセルを踏み込むよりも、焦って交差点に進入するよりも、赤信号をギリギリですり抜けるよりも、家を10分早く出るだけで余裕が生まれます。

代わり映えのしないマンネリライフを、危険と隣り合わせのスリリングな通勤で解消するのはやめましょう。

 

 

という5つに絞ったのですが、さてどれが正式採用されるでしょうか。

私的には『寝るな! 寝ると死ぬぞ!』が好きなんですけどね。

新日本カレンダー 2018年 交通安全標語集 カレンダー 壁かけ NK97

新日本カレンダー 2018年 交通安全標語集 カレンダー 壁かけ NK97

 

 

赤ちゃんのハイハイが将来の姿勢をつくるらしい

どうも、坂津です。

息子がハイハイ待った無しになってきました。

仰向け状態からうつ伏せにゴロリと寝返り、そのまま両腕を突っ張って背中を反らし上半身を起こします。

そして右脚を折って膝をお腹の下に潜り込ませます。

ここまでは順調。

このまま左脚も右脚と同じようにできれば、両手と両膝で体を支えて四つん這いの完成なのですが、今はまだ左脚が上手くポジショニングできないみたいです。

ぐぐぐっと頑張って力を入れているのですが、腰が浮く前に途中で力尽きてへちゃっと潰れてしまいます。

その姿がたまらなく可愛いのでしばらくはこの状態を継続してもらいたいものです。

 

さて、我々ホモ・サピエンスという種は、大きく重たい頭部を支えつつ二足歩行を実現するため、背骨がゆるい曲線を描くようになっています。

f:id:sakatsu_kana:20190624081553j:plain

このカーブは、背筋を伸ばして姿勢を正していてもこの状態です。

むしろ正しい姿勢のときに正しいカーブを描きます。

そして正しいカーブは、実は赤ちゃんのときのハイハイで形成されるんだそうです。

ハイハイ運動が不十分だと背骨の曲線が十全に形成されず、将来的に姿勢が悪くなってしまう可能性があるんだとか。

現在、私は究極に姿勢が悪い(猫背&前屈み)のですが、実は生後7カ月くらいから歩き始めてハイハイ期が短かったという証言を両親から得ています。

つまり身を持ってこの説を裏付けてしまっているのです。

 

恐らく息子はこのままいけば比較的早い時期から掴まり立ち⇒二足歩行へと進化していくでしょう。

しかしハイハイの重要性を痛感している私ですので、歩けるようになったとしてもしっかりハイハイしてもらいたいのです。

ただ歩けるようになった子供は歩きたがるとも聞きます。

そりゃ最も身近な存在である我々両親が立って歩いているのですから、真似したいのは当たり前でしょう。

 

そこで、できるだけ息子にハイハイをしてもらうため、私も妻も息子の前では『楽しそうにハイハイをする』ことにしました。

ただ大人がハイハイをするとすぐに手首を傷めたり膝を擦ったりしてしまいます。

なので、何か良い補助アイテムがないか絶賛探索中なのです。