『かなり』

夏の気配が・・・消えた・・・?

【スポンサーリンク】

どうやら舐めていた

どうも、坂津です。

久々に学習することになりました。

妻が胎内に宿す我が息子を外界の空気に触れさせる儀式と、その手順について。

また儀式を経て降臨せしめた息子との邂逅を果たしたのち、その息子の正しい取り扱い方法についてを。

簡単に言えば、妻と二人で『パパママ学級』なるものに参加することとなったのです。

 

妻「旦那は何か不安なこととかある?」

私「まず正しい持ち方が分からんのだ」

妻「持ち方って。なんか物みたいで嫌」

私「では新生児における体躯の支え方」

妻「相変わらずめんどくせぇな旦那は」

私「あと置き方も分からんのだけれど」

妻「置き方って。せめて寝かせ方とか」

私「では新生児における体躯の安置法」

妻「旦那がそれで良いなら良いけども」

私「持てて置けたらあとは大丈夫かな」

妻「なんかすげぇ簡単に考えてない?」

私「え?だってそれくらいじゃない?」

妻「いや、ミルクの飲ませ方とかさぁ」

私「乳首突っ込みゃ勝手に飲むでしょ」

妻「それ本気?沐浴のさせ方とかは?」

私「チャプチャプすりゃ良いんでしょ」

妻「アバウト!じゃあオムツ交換は?」

私「古いの脱がす&新しいの履かせる」

妻「よし分かったそこに正座しなさい」

 

こうして、チュッパチャプスのごとく育児を舐めまくっていた私は、出産&育児の厳しさと切なさと心強さについて小一時間ほど説明を受けました。

そして妻の取計いで前述の学級を受講することになったのです。

 

私「確かに軽く考えてたのは認めよう」

妻「軽さの度合いがひどい。ヘリウム」

私「そんなに!?空気より軽かった?」

妻「風船が浮く軽さ。声も変になるぞ」

私「その学級とやら、甘んじて受ける」

妻「じゃあ午前中はエコーを見ようね」

私「マジでか!?また見られるの!?」

妻「んで午後からはパパママ学級だね」

 

およそ2か月半ほど前、エコー画像を確認して我が子との絆を確信したあの日。 

あれからどのくらいの成長をしているのか、とても気になるところです。

『男子、三日会わざれば刮目して見よ』という言葉がありますので、2か月半も経過していたらそりゃあもう想像を絶する成長を見せてくれるハズです。

そして、そんな宇宙開闢にも匹敵するような超成長を目の当たりにした直後であるならば、私もパパママ学級なる学習の場においての勉学にも身が入るというものであります。

今から楽しみで仕方ありません。