『かなり』

ハロウィンとクリスマスの移行期

【スポンサーリンク】

他愛のない一日

どうも、坂津です。

ちょうど1年ほど前、私は自転車を購入していました。

買った当初は『気候が良いときには通勤に使っても良いな』なんて思っていたのですが、結局のところほとんど乗らないまま1年が経過してしまいました。

しかも置いてあるのは自宅ではなく職場の自転車置き場です。

会社の近くにある自転車屋さんで購入したので、そのまま置いていたのでした。

なので実際に通勤で使うにしても、一度は何らかの手段で職場へ赴き、それから自転車で自宅へ帰るという行程を経なければなりません。

その面倒さに打ち勝つことができずに居たのです。

 

しかし。

 

引っ越してから約1ヵ月、歩いて買い物に行く機会が何度かありました。

自転車があったらなぁ、なんて思いつつ、しかしその思いも放置していたのですが・・・。

実は新居にはおあつらえ向きに立派な駐輪場があります。

最近は日中でも随分と涼しくなりました。

休日にぽっかり時間が空きました。

 

これだけ状況が揃ったなら、もう重い腰を上げるしかありませんよね。

 

車で行けば10分足らずの自宅⇒職場ですが、公共交通機関を使うなら1時間くらいかかります。

電車の乗り換えがあるのと、駅までの徒歩を計算するとどうしてもね。

ですが、せっかく上げた重い腰と気持ちです。

降ろしてしまう前に動かなければ。

 

と言うわけで、自宅から最寄り駅まで約10分ほど歩きます。

そして10分ほど電車を待ちます。

更に10分かけて乗り継ぎ駅まで電車に揺られます。

会社の最寄り駅まで行く路線へのトランジットは・・・50分待ち。

 

よし、歩こう。

 

徒歩30分で職場へ。

自宅を出発してから約1時間後、ようやく自転車とご対面。

しかし、しばらく見ない間にすっかり汚れてしまっていました。

そうか、何度かあった台風で随分ホコリまみれになっちゃったんだね。

 

事務所の鍵を開けて雑巾を取りに行きます。

よく考えたら日当たり良好な道を30分も歩いたので汗だくでした。

水分補給もちゃんとしなきゃね。

職場に常備しているマイ茶をごっきゅんごっきゅん飲み干してから自転車掃除です。

「よぉ~しよしよし」と声を掛けながら拭いていると、異変に気が付きました。

タイヤの空気が全然無いじゃありませんか。

職場の駐輪場には空気入れもありませんし、仕方なく最寄りの自転車屋さんまで押して歩くことに。

空気が無いまま無理やり乗るとタイヤが傷むのでやめましょうね。

 

ようやく自転車を漕げるようになったのは、自宅で重い腰を上げてから2時間近く経過してからでした。

太陽はもうてっぺんを過ぎ、ずいぶん涼しい風が頬を撫でるようになっていました。

さぁやっとこれからサイクリングです。

せっかく自転車なので、車の運転では使わない細い道を選びます。

見たこと無いお店や出逢ったこと無い鳥居、知らなかった裏道や初めてお目にかかる飼い犬などを見ながら気ままに進みます。

 

そうだそうだ。

妻から「何かお土産を」と言われていたんだった。

新しく住宅展示場がオープンしたばかりで賑わっている人気スポットに自転車を乗り付け、おしゃれなパン屋さんで美味しそうなのをいくつかみつくろいます。

あちこちフラフラしながら帰ったわりには、思ったよりも早く自宅に着きました。

およそ30分で帰宅です。

 

駐輪場に自転車を停め、一言。

「今まで放っててすまなかったね。これからはちょくちょく乗らせてもらうから、よろしく頼むよ」

f:id:sakatsu_kana:20181010081248j:plain

「そんなこと言って、どうせまた放置するんでしょ。置き場所が変わっただけで持ち主が変わったわけじゃ無いんだから」

 

そう返されたような気がしました。