『かなり』

夏の気配が・・・消えた・・・?

【スポンサーリンク】

夢見るチカラ

どうも、坂津です。

最近はめっきり減りましたが、私はよく不思議な体験をしていました。

俗に言う『心霊現象』的なやつです。

↑こんなこともありました。

 

まぁしかし、色々経験した割には何の被害もありません。

実害が無いので「気のせいってことにしとこう」と思えるのです。

 

で、この手の話をすると、妻はいつも言うのです。

「私には霊感とかそーゆーの無いからねぇ」と。

ですが、私はその言葉を信じていません。

妻には『視る』能力チカラがあると、私は思っています。

 

 

私「釣りする夢を見たんだけど、楽しかった~」

妻「そっか。良かったね。一人じゃないよね?」

私「ええっ!?そ、そうだけど・・・なんで?」

妻「旦那より年上の、ちょっと小柄な男の人?」

私「私の伯父さんだけど。寝言とか言ってた?」

妻「いんや。ジャンパーとキャップ被ってた?」

私「その通りだけど何なのそれラブやん怖いよ」

妻「今朝、旦那の上に見知らぬ人が乗ってたの」

私「ふぁ!?乗ってた!?寝てる私の上に!?」

 

妻は私の伯父に会ったことがありません。

と言うのも、私が妻と出逢う前に、伯父は亡くなっているのです。

 

妻「ちょっと猫背気味で小柄な男性がジャンパー着てキャップ被ってこっちに背中を向けて何か作業をしているような感じだったけど、そうか、釣りの仕掛けを作ってたんだね。その後ちょっと振り向いたときに短いくせ毛と広いおでこが見えた。おでこの薄毛が随分と進行してたけど旦那も同じようになるのかなぁ」

私「何で私の夢の中の伯父さんが視えてるんだよ怖えぇよラブやん!」

 

こんなことがあっても、妻は頑として『霊感は無い』と言い張ります。

 

私「でも亡くなった伯父さんが見えたんだよ?」

妻「それは私が視たんじゃなく旦那が視せたの」

私「ナニソレ私はプロジェクターか何かなの?」

妻「そうなんだよ夢の映写機。やだカッコイイ」

私「えっ、そっ、そうかな?ありがとう(*´▽`*)」

 

というわけで私は『夢の映写機』という二つ名を手に入れました。

いや、ここはひとつ横文字にしましょう。

『ドリームプロジェクター』の方が良いですね。

 

ドリームプロジェクター坂津、見参ッ!!

 

あれ?

でもこれエロい夢を見てるときだったらヤバくね?

 

 

f:id:sakatsu_kana:20180201165418j:plain