『かなり』

愛に溺れる前に・・・

【スポンサーリンク】

黒髪ロングが好きだ

どうも、坂津です。

アイキャッチ画像はタイトルに合わせて選んだ単なる過去絵です。本文とは関係ありません。

衝撃的なことが起きました。

私の大好物が『黒髪ロングの清楚系』であることは一般常識ですので周知のことでしょう。

そして私の妻、ラブやんが『黒髪ロングのお姫カットで清楚系』ということも合わせてお知り置きくださっていることと思います。

そんなラブやんが・・・。

 

 

f:id:sakatsu_kana:20170617094638j:plain

 

断髪ぅぅぅーッ!!!

 

 

f:id:sakatsu_kana:20170606094706j:plainf:id:sakatsu_kana:20170617095027j:plain

 

どう思いますかみなさん。

 

どう思いますかみなさんッ!!

 

なんか最近前髪を伸ばしてるな~とは思ってたんですよ。

なんか最近暑くなってきたしロングって大変だろうな~とは思ってたんですよ。

 

でもさ。

 

なんで私に一言の相談も無しに切ってしまうのか!

 

もし相談されていたなら快くOKしましたよ?

だから相談の有り無しは結論を左右しませんよ?

 

でもさ。

 

プロセスも大事じゃないですか?

 

私は一言「髪、切ろうと思うんだけど」と言って欲しかった・・・。

 

 

私「せ・・・盛大に切ったね・・・」

妻「すっごい軽いの~♪シャンプーも楽だわ~♪」

私「そっか・・・夏になるしね・・・」

妻「旦那?元気すくないね?」

私「ちょっと、勿体無いなとか、あ、ちょっとだけね」

妻「まぁ放っときゃまた伸びるからねぇ」

私「・・・うん。そだね」

妻「なに?不服なの?」

私「滅相もございません」

妻「いや、分かってるんだよ?旦那がロング好きなの」

私「そりゃ『坂津の黒髪ロング好き』は学校で習うほど有名だからね」

妻「でもやっぱね、大変なのよ」

私「うん。それは分かる」

妻「どうせ旦那が好きなのは髪じゃなくて私なんだから、良いでしょ?」

私「ラブやん素敵!」

 

違う違う。

行動の前に相談が欲しかったことを伝えねば。

 

私「あのさ、ラブやん

妻「ん?」

私「今の髪型もすごく似合ってるし、良いと思うけどね?」

妻「うむ」

私「切る前に、一声かけて欲しかったな~なんて・・・」

妻「言ったよ?」

私「え?」

 

やばいです。

どうやら地雷を踏んだようです。

しかも自業自得系の地雷です。

 

妻「先週、旦那がなかなか髪切りにいけないねって言ってたとき」

私「オールバックにしてるからまぁ良いかって言ったねぇ、私」

妻「その流れで『私もそろそろ切りたい』って」

私「な、なんかそう言われたらそんな会話があったような・・・」

妻「そしたら旦那『良いんじゃない?暑くなるし』って」

私「おお、先週の私グッジョブ」

妻「忘れてたんだね?」

私「非常に遺憾です」

妻「『遺憾』は謝罪じゃねぇな」

私「お詫び申し上げます」

 

 

僕の髪ィ~がぁ~ 肩まで伸びてぇ~♪

君と同じにぃ~ なぁったーらー♪

 

そんな歌があったなぁ。

なんて脳内現実逃避をキメて、妻の怒りが収まるのを待つ私でした。