『かなり』

ハロウィンとクリスマスの移行期

【スポンサーリンク】

実家で新年の挨拶

どうも、坂津です。

周辺道路が大渋滞するお正月を外した成人の日、妻と実家に行きました。

ねこに新年のご挨拶です。

坂津家(実家)の猫は『寝子』と書いて『ねこ』という名前です。

サビ柄なので、まるまっているとどこが顔なのかどんな体勢なのかよく分かりません。

f:id:sakatsu_kana:20180112090321j:plain

目を開けているのか閉じているのかもよく分かりません。

f:id:sakatsu_kana:20180112090445j:plain

体勢が変わったらようやく顔が判別できるようになりました。

人間で言えばもう90歳くらいのばあちゃんですので、無理せずのんびり長生きして欲しいものです。

 

さて、ねこに挨拶が済んだらついでに両親にも挨拶です。

 

妻「あけましておめでとうございます」

母「まぁラブちゃん!おめでとうね!」

私「んじゃ今年もよろしくってことで」

父「今日は家に泊まっていくんだろ?」

私「なので酒とつまみを持ってきたw」

妻「私もおつまみ用意しといたから!」

 

というわけで早速酒宴の開催です。

ただ何の事前打ち合わせも無くお互いに好きなものを持ち寄った結果、なんだかテーブルがカオスなことになってしまいました。

f:id:sakatsu_kana:20180112091104j:plain

ホント煩雑でご覧いただくのが申し訳ないほどですが。

 

全部剥いちゃいましたがブラックタイガーのボイルと、かじりかけですがパテドカンパーニュ。

鮭の昆布巻きの中身が出てるのは寝子にあげたからです。

レタスとアボカドのサラダはアボカドだけスゴイ勢いで無くなります。

ソーセージは4人に対して残り2本を誰が食べるか牽制し合ってる途中です。

お酒を飲むと甘い物が欲しくなるということで、大学芋まで出てきました。

 

そしてお酒はシュロス・フォルラーツのスパークリング と

奮発してモエ・エ・シャンドンのロゼ。

 

このあとカップ酒(日本酒)が登場したりして本当にぐちゃぐちゃでしたが、まぁお正月なんで許してもらいましょう。

 

そしてそれぞれ良い感じに酔いもまわり、夜も更けて参りました。

 

母「私たちの場合、父ちゃんが先に死ぬじゃん?」

父「そりゃそうだろうけど言い方!ひどくない?」

 

父は母より12歳年上なのです。

 

母「そのときにね、私一人だとこの家が広すぎて」

父「今の二人暮らしでも持て余してるんだからな」

母「ねぇねぇラブちゃん、ここに住む気は無い?」

妻「そうですね、正直に申し上げて、ありません

母「ッ!?」

父「ッ!?」

私「ッ!?」

妻「あぁ、同居が嫌ってわけじゃないんですよ?」

妻「ただ立地とかその他諸々を考えるとちょっと」

妻「お義母さんとお義父さんをお迎えするお家は」

妻「こちらで用意しますので是非お越しください」

母「ッ!?」

父「ッ!?」

私「ッ!?」

妻「もちろんすぐにという話ではありませんけど」

妻「そう遠くない未来の事のつもりで話してます」

 

母が口火を切ったときには「あぁ、とうとう来たか」と思いましたが、妻の切り返しには私も驚きました。

さて、家を買うってどーゆーことなんだろう。

オラわくわくしてきたぞっ。