『かなり』

邪悪そうに見えて実はすっごい良い人。

【スポンサーリンク】

「俺は天才」と「みんなのお陰です」は表裏一体と心得よ

どうも、坂津です。

皆様ゴールデンウィーク有意義にお過ごしでしたか?

私はジョジョの奇妙な冒険を読破しようとするも、結局3部途中まででした。

1部はスッと読めたんですよ。

2部はちょっと苦戦しましたがどうにか。

3部は敵スタンドの襲来が頻繁過ぎて疲れました・・・。

とりあえずラバーズ(スティーリー・ダン)を倒したところまででギブアップ。

続きはいつ読みましょうかね。あ、一通りは読んでるんですよ?

 

 

 

スモークしてみたんですよ。

燻製を作ってみたという意味です。

本当はソミュール液とか使わないといけないらしいですが、そんなのは後で知ったこと。

 

とにかくスモーク用のウッドチップと煙を逃がさない容器、燻製にする素材の3点があればできるはず!

 

という勢いでやってみました。

 

 

美味いんですよ。

 

 

めちゃくちゃ美味いんですよ!

 

 

素人スモーカーでもこんなに美味い燻製ができるのかって驚きました。

これはちょっと本気で研究して、もっと美味しい燻製を作ってみようという気になりました。

 

 

きっとコレが世に言う「成功体験」ってやつなんでしょうね。

 

恐らく私は、この最初の燻製が失敗していたとしたら次は無かったと思います。

「今回は失敗したけど次こそは」

と思える燃料が私の中に無いからです。

元々興味があってのことなら話は別ですがね。

 

嫌々やるとか、やる気は無いけど義務だからとか、そんな「やる事」に対して当人が積極的になるためのきっかけは「成功体験」以外に無いんでしょう。

 

仕事もそーです。

 

だから社員に、例え小さくても「成功体験」をさせてくれる会社は良い会社です。

そもそもチャレンジすらさせてくれないとか、結果を教えてくれないとか、失敗ばかり取りあげて責め立てるとか、そんな会社はいずれ消えて無くなるでしょう。

 

でも、この成功体験に気付かない人も大勢いるんですよね。

 

いや、成功したことには気付いてると思いますよ?

 

それが、誰かに「成功させてもらった」ということに気付いていないってことです。

 

自分の能力だと勘違いしちゃうんでしょうね。

 

だから誰かの能力を引き上げるために成功体験をさせようと計画しているあなた、その成功が半分は本人の能力で、あとの半分は周囲のお陰だよということまで自覚させるようなシナリオを書かないと、無駄骨になるかもしれませんよ。