読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『かなり』

私が感じる「かなり」なことを徒然に。

『占い嫌い』

ショート駄文

私は占いが大嫌いだ。

最近は手を変え品を変えで、様々な占いがはびこっている。

元来占いやらおみくじやらを信じない私は、それらを利用することなど一切無かった。

あの日までは…

 

「この占いね、すごく当たるのよ?!あなたもやってみない?」

 

仕事の昼休み、同僚の子が私に携帯を見せながら楽しそうに話し掛けてきた。

 

「悪いけど私、そういうの信じてないのよ。ごめんね」

 

ちょっと冷い態度だったかな、と思いながらも私は誘いを断った。

 

しかしその子が意外にしつこく誘ってくるので(一度くらい試してみてもいいかな、どんな結果でも信じないことに変わりはないし)と、その占いをやってみることにした。

 


『射手座のあなた、今日は巨大な猫、しかも子連れの黒猫に気をつけましょう』

 

…なにこれ?私は思わず笑ってしまった。

巨大な猫?ファンタジーにも程がある。

占いを勧めた子が「おっきな猫に気をつけてね!」と真剣に言うので余計に可笑しくなった。

やはり占いなんて馬鹿馬鹿しくて信憑性の無いものだと思った。

 

 

その日の帰宅中、買い物を済ませ、両手に荷物を持って歩いている私は、後方からの叫び声で振り返った。

 

「危なーい!避けてくれーっ!」

 

何が何やらわからないうちに私は強い衝撃を受け、気を失った。

次に目覚めたのは病院のベッドの上だった。

後から聞いた話だが、宅配業者のトラックが坂道でサイドブレーキを引き忘れ、無人で走り出した先に私が居たらしい。

 

私は青ざめた。

 

その宅配会社のイメージキャラクターは、黒猫の親子で、トラックには巨大な黒猫が描かれているのだ…単なる偶然だろうか?


入院中、暇を持て余している私に、例の同僚がお見舞いを持ってきてくれた。

そしてまた、占いを始めた。

 

「今日のあなたの運勢はっと…え?とね、『色とりどりの綺麗なお花に気をつけましょう』だって!ん?…せっかく持ってきたけど、この花束、持って帰るね」

 

彼女はそういうと、花瓶に入れたばかりの花をビニール袋に入れて持って帰ってしまった。

元々殺風景な病室は更に寂しい雰囲気になり、私はぐるっと部屋を見回した。洒落たものと言えば、ナースコールボタンの上に掛けてある絵くらいだ。(…ん?この絵…)その絵は、丘一面に広がる花畑の絵だった。

その日の夜、私の住む街を中心に大規模な地震があり、壁に掛けてあった絵は私の頭めがけて落ちて…くるはずだった。

枕の上には壁から落ちた絵が乗っている。

私は占いが気になって、どうしても絵の側に居たくなかったので、日が変わるまでベッドの横の椅子に座っていたのだ。

これで、あの占いを信じることにした私は、翌日同僚の子にあの占いサイトのアドレスを教えてもらった。

その日から私はその占いに頼って生きる様になり、占い無しでは生活できなくなった。

何をするにも、全て占ってから行動するのだ。

そんなある日、いつもの様に占いサイトにアクセスすると

 

『ーサイト閉鎖のお知らせーこの度、当占いサイトは閉鎖することとなりました。ご利用頂いておりました方々には…』

 

私は目の前が暗くなるのを感じた。

これからどうやって生きていけばいいのだろうか…

 

私は占いが大嫌いだ。

最近は手を変え品を変えで、様々な占いがはびこっている。

にも関わらず、どの占いを頼りに生きて行けば良いのかを占ってくれる占いが無いからだ。