『かなり』

ハロウィンとクリスマスの移行期

【スポンサーリンク】

住宅購入物語

どうも、坂津です。

今年のお正月、つまり二週間ほど前に、家を買うという話が降って湧きました。

どうしてそうなったかは↓コチラ↓の記事で。

ただ、降って湧いたと思ったのは私だけのようで、妻は以前から計画を練り、虎視眈眈と発表の隙を狙っていたらしいのです。

用意周到な妻は私を説き伏せるべく様々な情報収集を行い、タイミングを見計らい、今回の話となりました。

 

妻「旦那は、住むなら一戸建てが良い?」

私「ん~・・・まぁそうかも知れんねぇ」

妻「マンションとか選択肢に無い感じ?」

私「別に嫌じゃないけど想像できないね」

妻「でも子供が居ないことを考えるとさ」

私「確かに家を遺す必要は無いもんねぇ」

妻「手離れの良さで考えるとアリかなと」

私「うん。分かった。マンション買おう」

妻「えっ!?ちょっと決断早くない!?」

私「ん?ラブやんマンション派でしょ?」

妻「いや、そうだけど、旦那は良いの?」

私「別に嫌ってわけじゃないんだってば」

妻「それでももうちょっと悩むものかと」

私「ラブやんの満足度=旦那の満足度!」

妻「そういえばそういう人だった・・・」

 

というわけで、新居はマンションを購入することになりました。

 

妻「物件なんだけど、コレとコレどう?」

私「もう見つけてんの?さすがだねぇ!」

妻「ふっふっふ。さぁ資料をご覧なさい」

私「んじゃこことここ、見学に行こうか」

妻「さすが旦那、決まったら早えぇーな」

 

検討する物件がまだ建築中だったのでギャラリーに行きました。

 

店「いらっしゃいませ。こちらにどうぞ」

私「うおっ!めっちゃ綺麗だ!すげぇ!」

妻「はしゃがないでよ恥ずかしいから!」

私「とりあえず間取り図を拝見しようか」

妻「ねぇ・・・この『WIC』って何?」

私「ワイン・・・ワインクーラーか!?」

妻「マジで!?めっちゃ広いよWIC!」

私「我々のための物件じゃないかコレ!」

店「ウォークインクローゼットですけど」

私「ッ!?(///)」

妻「ッ!?(///)」

店「お二階で実物をご覧いただけますよ」

 

何だよウォークインクローゼットって!

知らないよウォークインクローゼット!

ゲシュタルト崩壊してきたよウォークインクローゼット!

てゆーかウォーク・イン・クローゼットって、区切り位置を変えたらカッコ良くね?

『ウォー・クイン・クロー・ゼット』

悪魔の爪クローと呼ばれる戦場の女王ウォー・クインが活躍する作品のタイトルっぽくないですか?

f:id:sakatsu_kana:20180118140011j:plain

 

妻「なんで私が戦場の女王ウォー・クインなんだよオイ」

私「あるぇ?別にラブやんじゃ無いけど」

妻「じゃあその髪型とメガネを変えろや」

私「てか私の妄想にinして来ないでよ」

店「こちらが当物件の資料でございます」

 

そんなこんなでとりあえずギャラリーを見学し、資料を貰って帰った私たち。

一度持ち帰ってゆっくり頭を冷してから検討しなきゃいけません。

なにせお高い買い物ですから。

一時のテンションで短絡的に決めて後悔するのはごめんですし。

 

そしてその晩、妻と頭を突き合わせてじっくりと資料に目を通したのでした。

ワインを浴びるように飲みながら。