『かなり』

邪悪そうに見えて実はすっごい良い人。

【スポンサーリンク】

餃子を作ったらブログの価値を問われた

どうも、坂津です。

皆様はゴールデンウィークを楽しく過ごされましたか?

私は近年稀にみる、非常に充実したGWでした。

その充実ッぷりの片鱗をお見せしましょう。

以下が餃子製造祭in坂津家ギョーザフェスティバルのレポートです。

※登場人物は私の両親と、私の妻と、私の4人です。

※私は妻のことを「ラブやん」と呼び、妻は私を「旦那」と呼びます。

※両親は妻を「ラブちゃん」と呼び、私を「佳奈」「佳奈ちゃん」と呼びます。

※私は両親を「父ちゃん」「母ちゃん」と呼びます。

※父以外は製造スタート以前から飲んでいて酔っ払いです。

 

 

私「さぁ、そろそろ作り始めるかな」 

妻「おっけ。まずは強力粉と薄力粉を混ぜて・・・」

私「お湯に塩を溶かすんだっけ?」

妻「そうそう。そんでちょっとずつ粉に入れて練って入れて練って」

私「ラジャ。合法の粉をよこせー!」

妻「コムギコ カ ナニカ ダ!」

f:id:sakatsu_kana:20170508090334j:plain

私「固まってきたねぇ」

妻「そろそろ手でコネるかな?」

私「く・・・ラブやん、自分で手を汚さず命令だけするってのか!」

妻「ふっふっふ。頭を使いたまえよ君ィ」

私「ッ!?」

f:id:sakatsu_kana:20170508092548j:plain

私「ビ、ビニール袋・・・」

妻「素手とは違うのだよ、素手とは!」

私「固まってきたよー」

妻「じゃあ袋をひっくり返して、そのまま30分くらい休ませるね」

私「ふむ。じゃあちょっとパズドラやってくる」

妻「休むのは生地だよ旦那じゃねぇよ」

私「ッ!?」

妻「ほら、ニラを刻むから豚ミンチと混ぜて」

私「・・・へい」

f:id:sakatsu_kana:20170508092958j:plain

私「じゃあビニール袋を・・・」

妻「タネは素手だろうよ」

私「えッ?」

妻「旦那の男らしいトコ、見たいな~☆」

私「任さんかい!!!」

妻「じゃあコッチもお願いね。鶏ミンチと大葉と梅肉」

f:id:sakatsu_kana:20170508093418j:plain

妻「次は梅肉の代わりにレンコンね」

私「何でもカンでもぐっちゃぐちゃに混ぜてやるぁぁぁ!!」

妻「きゃーすてきー」

私「もうちょっと台詞に抑揚と感情が欲しいです」

f:id:sakatsu_kana:20170508093432j:plain

妻「よし、後はチーズとハムを切っとくね」

私「んじゃパズドラを・・・」

妻「そろそろ生地を伸ばして皮を作らなきゃ」

私「ぐぬぬ・・・」

妻「私はミネストローネも作るんだから、皮は頼んだよ」

母「ラブちゃん、何か手伝うことある~?」

私「良い感じの大きさのコップが欲しい」

母「佳奈ちゃんには聞いてないけど、これで良い?」

私「うんうん。良いね」

母「あとは?」

私「皮を渡すからどんどん包んでって~」

f:id:sakatsu_kana:20170508094513j:plain

私「市販のよりかなり厚いけど大丈夫かな?」

妻「モチモチになって良いんじゃない?」

私「うむ。良いコトにしよう。はいはい、包んでよ~」

母「あいよ!父ちゃーんッ!」

父「わしゃ包まんぞ?」

母「笑ったげるから、ホラ包んだ包んだ」

父「・・・」

f:id:sakatsu_kana:20170508094627j:plain

私「あれ?意外と、てか普通に上手いじゃん」

母「父ちゃんてもっと不器用かと思ってた」

父「ちゃんと出来てるのに何で残念そうなんだお前たち」

母「笑い物にしたかった」

父「わしの存在価値よ・・・」

母「じゃあ私はハムチーズを包むから」

私「皮もどんどん作るよ~」

父「へいへい」

f:id:sakatsu_kana:20170508094910j:plain

私「うお・・・包むの早えぇ・・・」

父「コチラ包み隊、深刻な皮不足です、ドウゾ」

母「ったく、皮部隊は何やってんの」

私「人員配置を誤った結果がコレか」

父「圧倒的ではないか、我が軍は」

私「分かったよもう!」

妻「ハムチーズの分だけコッチにもらえます?」

母「はいはい、どーぞ♪」

妻「おお、だいぶ出来ましたねぇ」

父「潤沢な皮があればもっと包めたがね」

私「くっ・・・」

f:id:sakatsu_kana:20170508095453j:plain

私「そうだ、生地を伸ばすスペースを拡大しよう」

妻「ん、ラップ敷いたよ」

私「ガハハハ!これで皮の生産量は倍増だ!」

父「そんな小細工でわしらを倒せると思うなよ!」

母「疲れたから後は父ちゃんが包んでね」

父「え・・・」

私「ホラホラ!手が止まってるぞ?包め包めぇ~!」

父「ひぃ~」

妻「はいはい。ミネストローネ水餃子、できたよ~」

母「やった!」

父「待ってました!」

私「食べよー!」

f:id:sakatsu_kana:20170508095848j:plain

妻「包みきれなかったハムを具として入れてみました」

母「なにこのモッチモチ感!」

父「水餃子の夜明けじゃー!」

私「この味!この食感!お届け出来ないのが残念です!」

妻「食べながらでも製造の手を止めてはいけません」

父「ラブちゃんの優しさと厳しさと心強さと」

妻「はいはい!エビメンタイと鶏レンコンが焼けたよ!」

母「欲しいィィ!!」

父「(中身が)見える!見えるぞ!」

f:id:sakatsu_kana:20170508104209j:plain

私「ああああぁぁぁあぁ!!!」

妻「どしたの?」

私「エビメンタイの中身、撮ってなかった!」

妻「外から見ても赤いから、良いんじゃないそれで」

母「そもそも佳奈ちゃん、なんでそんなに写真撮ってるの?」

妻「この人ブログ書いてるんですよ」

父「ブログってネットの日記みたいなやつ?」

母「なんでそんなことしてるの?」

父「人の日記なんか誰も見ないよな?」

私「去年の冬、坂津家で収穫された八朔のことを覚えてる人ー!」

母「はい!」

父「はい!」

私「八朔の収穫時期と保存方法、ネットで調べた人ー!」

母「はい!」

父「はい!」

私「あれも個人のブログだったよ?」

母「え?」

父「馬鹿な!」

私「自分が当然のように知っている知識や身に付けているスキルが、それを知らない人にとっては貴重な情報になるということ、分かるよね?」

母「うん!農家の人の手口をもっと知りたい!」

妻「お義母さん、手口って・・・」

父「そうか。じゃあ佳奈の日記も、誰かの役に立ってるってことなんだな?」

妻「・・・」

私「・・・」

父「沈黙は肯定とみなすよ?」

妻「・・・」

私「・・・」