『かなり』

え?もう夏休みなの?

【スポンサーリンク】

オタクが結婚するということ

あけましておめでとうございます、坂津です。

突然ですが、私の妻は最高に良い奥さんです。

坂津夫婦情報

私は妻の事を「ラブやん」と呼び、妻は私の事を「旦那」と呼びます。

これは二人称、つまり面と向かった時の呼び名です。

第三者に三人称として話すとき、私は妻の事を「私の妻」と呼び、妻は私の事を「坂津くん」と呼びます。

妻は私より3歳年下ですが、精神年齢は完全に年上です。

私は妻に助けてもらってようやく一人前ですが、妻は私を上手に使って二人分の働きをします。

さて、今まで散々「坂津は二次元ラブの変態オタク野郎」という事実を公表してまいりましたが、方々で囁かれる「え?じゃあ奥さんも二次元なの?非存在なの?」という疑問は私の耳にも届いております。

f:id:sakatsu_kana:20170217135740j:plain

まずこれについて回答させて頂きたいと思います。

 

まず始めにハッキリさせておきますが、私の妻は三次元に実在します。

液晶画面やPCモニタの向こう側でなく、毎日私の目の前に存在し、触れることも可能です。

また、きちんと人間です。

もちろん検査を行ったことはありませんので、もしかすると容姿が人間に良く似た妖精である可能性はゼロではありませんし、妻に「人間だよね?」と確認したこともありませんが、そこは信じて良いと思います。

つまり私は、三次元に実在する人間の女性と結婚している、というわけです。

私の思い込みではありません。

 

さて、私の既婚が幻や勘違いではないことを私自身が確信した上で、結婚前と結婚後の変化について、記しておきたいと思います。

一億総オタク国に住まう未婚の男性諸君に、オタク男性が三次元女性と結婚するということがどんなものなのか、お知らせしたいと思います。

 

 

■嫁が一人になる

私には今まで幾人もの二次元嫁が居ました。

しかし結婚後、嫁はリアル妻ただ一人になりました。

最近になって過去の恋心が再燃するという事件がありました。

過去の嫁史上、最も私が焦がれた相手と再会してしまったからです。

yourin-chi.hatenablog.com

上記の記事、子育てブロガーのらんさんが、寝る間も惜しんで描いてくださった私の昔の嫁「ヌクヌク」です。

今はもうVHSもCDも処分してしまっていますが、未婚の私であったなら確実に再度買い集めてしまうほどの情熱が湧き起こりました。

しかし私にはリアル妻が居ます。

購入したアイテムを収納する場所も、映像を流すテレビも、購入に必要な金銭も、すべて私と妻の共有物です。

私の一存で決めることはできません。

こういうとき、私は胸に手を当てて深呼吸をし、考えます。

「ヌクヌクとラブやん、どっちが大切だ?」

答えは決まりきっていますね。

 

■ガレキを買わなくなる

今では高品質なフィギュアがたくさん出回っていますが、私の時代(JAF-CON”ジャパン ファンタスティック コンベンション”の頃)は量産物のフィギュアはメジャーな作品のものしかありませんでした。

そこでガレージキット(通称:ガレキ)と呼ばれる小ロット製造品(同人誌の模型版)を大枚はたいて購入しておりました。

愛ゆえに。

また原型師さんからシリコン型を購入し、ポリパテ・エポパテを駆使して盛って削っての生活を送ることもありました。

最近になってその頃の血が騒ぐ事件がありました。

www.coconoodollblog.net

上記の記事、人形師ブロガーの九尾さんが本格的な球体関節人形を制作される過程を公開してくださったものです。

もちろん私が過去に作っていたおもちゃとは比べ物にならないことは重々承知しながらも、やはり良いものを見ると手が疼くのです。

鎮まれ私の右手・・・。

しかしガレージキットは飾ってナンボです。

飾るとなれば当然、自宅ということになります。

美観にこだわりのある妻が美少女フィギュアを自宅に設置することなど到底許されるはずもありません。

こういうとき、私は胸に手を当てて深呼吸をし、考えます。

「ガレキとラブやん、どっちが大切だ?」

答えは決まりきっていますね。

 

■趣味に時間を割かなくなる

その昔、大学生時代や東京赴任時代は一人暮らしをしておりました。

一人暮らし中は、基本的にお絵描きをして過ごしていました。

学生時代はサークルの機関紙の原稿、社会人になってからは同人誌の原稿。

それら締め切りに追われているときは鬼気迫る勢いでしたし、特に目的の無い落描きはゆるゆると気ままに描いていました。

自宅の机の上には常に原稿用紙とスケッチブックと消しゴムのカスとトーンの破片。

鉛筆とGペンと製図インクとデザインナイフ。

その頃の気持ちがむくむくを大きくなるときがあります。

yaki295han.hatenadiary.jp

上記の記事、アグレッシブお絵描きブロガーのお米ヤローさんが真面目にイラストを描かれているのです。

羨ましい、と正直思います。

日々どんどん小さくなっていくペンだこを見詰めながら、寂しくなります。

しかしお絵描きは、一人で集中して行う業の深いお務めです。

休日に妻を差し置いてお絵描きなど、出来ようはずがありません。

こういうとき、私は胸に手を当てて深呼吸をし、考えます。

「お絵描きとラブやん、どっちが大切だ?」

答えは決まりきっていますね。

 

 

さて、このような変化について恐らく「そうなるのが嫌だから結婚したくない」という尤もなご意見もあると思います。

しかし、誤解を恐れずに言わせて頂くと、それは愚かな選択です。

もし上記の内容で、私が「我慢を強いられている」「抑圧されている」「制限されている」という印象を持たれたのであれば、それは私の表現力に問題があるだけです。

私は現状に何ら不満はありません。

むしろ毎日毎日、喜びに満ち溢れた生活を送っています。

それは、他でもない、妻のおかげです。

 

容易に想像できるデメリットだけに目を向けて安易な拒絶に走るのは、温かい湯船から出ないことに似ています。

冬の寒い中、温かいお湯で満たされた湯船につかるのは至福です。

しかしいつかは寒気の中に裸体を晒す時が来るのです。

それを「寒いから嫌だ」といつまでも入っていては、やがて湯は冷め身体はふやけ、残念な結果しか残らないことになります。

一度寒い思いをしてでもタオルで水気を拭き、新しい下着を身に付けてパジャマを着、さっぱりした気持で温かい布団にもぐった時の幸福を想像してください。

 

これで私の思いが100%伝わったとは思いませんが、しかし少しは結婚の良さがご理解いただけたのではないでしょうか。

 

※個人の感想です。結婚後の人生に対する幸福度には個人差があります。