読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『かなり』

私が感じる「かなり」なことを徒然に。

【スポンサーリンク】

5月1日「隠れ身の術!」 私「5月の第二日曜日は15日っと」 5月1日「・・・ふふふ・・・」

思ったこと

どうも、坂津です。

タイトルの通りです。

もう15日に実家に行く予定でスケジュールもそれ合わせで組んでました。

もちろん私の嫁とも相談して決めたスケジュールですし、嫁にも5月1日の存在は認識できていなかったハズです。

 

実家に行く前に 言っておくッ!

おれは今 5月8日の存在を 明確に確信した

い・・・いや・・・確信したというよりは まったく理解を 超えていたのだが・・・

あ・・・ありのまま 今 起こった事を話すぜ!

 

「おれたちが来週だと思っていた母の日が、いつのまにか過ぎていた」

 

な・・・何を言っているのか わからねーと思うが 

おれも 何をされたのか わからなかった分からなかった・・・

頭がどうにかなりそうだった・・・ 催眠術だとか超スピードだとか

そんなチャチなもんじゃあ 断じてねえ

もっと恐ろしいものの片鱗を 味わったぜ・・・

 

 

そしてもっと悪いニュースがある。

 

私の母親は昨日、ウチに来ている。

 

どこかへ出かけたとか何とか言って、そのお土産を持ってきてくれて。

 

私「どうせ来週行くんだからわざわざ来なくても・・・」

母「生ものだから、あまり日持ちしないのよ」

私「あぁ、そう。ありがとう」

母「・・・うん、じゃあ、帰るわね・・・」

私「あい、気を付けて」

 

 

ちくしょう・・・

なんてこった・・・

昨日が母の日だってことが 今、わかった・・・

おれっていつもそうだ

・・・過ぎてからはじめてわかるんだ

 

 

良いカンジに酔っていたところに訪ねてきた母に対し、私はきっと若干の不機嫌さを露わにしていたことでしょう。

 

最悪だ。

 

まさに外道

 

昨日の母の気持ちを考えると昼食も喉を

通りました。

 

 

全ッ然気にしてないです、ホントは。

 

「あーゴメンゴメン、忘れてた。許してちょ」

 

で済ます気満々です。

 

だって日にちを間違えてただけで、母の日そのものを忘れてたわけでも無いし、贈り物だってちゃんと用意してあるし、別に私は悪くないも~ん。