『かなり』

『メガンテ』と『メガテン』って間違えるよね。

【スポンサーリンク】

自転車でフィーバー 旅行記07

どうも、坂津です。

妻と二人で新潟県へ旅行してきました。

新潟旅行エントリ まとめ

↑ここに記事が溜まってってます。

『旅行記07』ですが8記事目です。

 

ワインができるまでを見学したら、そりゃ次は出来上がったワインを飲まねばね!

というわけで、昨夜に引き続き豪華なランチが始まりました。

 

妻「昨日とナプキンの折り方が違うね」

私「ほほう。分解して調査だ!」 

f:id:sakatsu_kana:20170929161717j:plain

妻「分かった?もうできる?」

私「あ、ランチのコースメニューがあるよ」

妻「分かんなかったのね」

f:id:sakatsu_kana:20171002070645j:plain

私「ワインの2品目と3品目は昨日と同じか」

妻「合わせる料理でどう変わるのかが楽しみだね」

私「だねぇ。お、さっそく1品目が」

妻「キレイな色!」

f:id:sakatsu_kana:20171002070907j:plain

私「ワインのロゼと同じくキレイなタルタルが来たよ」

妻「わ、これすごいね」

f:id:sakatsu_kana:20171002071119j:plain

私「ビーツの色がサーモンにも移ってるのか」

妻「めっちゃ美味しいね。酸味がロゼと合う」

私「カリッカリのパンに乗せても美味しい!」

妻「夜と比べたらあっさりかと思ったけど、全然負けてないね」

私「そう思う。次は木の子だっけ」

妻「昨日は魚に合わせたピノを、今度はキノコだね」

f:id:sakatsu_kana:20171002071431j:plain

私「うん。良い味。やっぱ美味しいね」

妻「私が飲めるピノは数少ないから嬉しい」

私「さぁキノコと合わせてみよう」

f:id:sakatsu_kana:20171002071726j:plain

妻「美っ味!なにこれ美味しい!」

私「え?これキノコ焼いただけだよね?なんだこれ!」

妻「生ハムとキノコがこんなに合うなんて!」

私「アリオリソースもめっちゃ合うなんて!」

f:id:sakatsu_kana:20171002071928j:plain

妻「我々がクリボーに圧倒されている間に、クッパラスボスが来るよ」

私「もう勝てる気がしない」

f:id:sakatsu_kana:20171002072057j:plain

妻「なんて肉肉しいお肉!」

私「ああ、何て言うか、肉だね!」

妻「そして赤ワインソースの素晴らしさ!」

私「お皿を舐めたい衝動が抑えきれない」

妻「やめなさい」

私「はい」

妻「さぁ、癒し時間デザートだよ」

f:id:sakatsu_kana:20171002072853j:plain

私「うっわ!めっちゃ栗!」

妻「ん~!私マロン大好き!」

私「最終的にはクリボーにやられるのか」

妻「あいつはキノコでしょ」

 

というわけで、後ろ髪を引かれながらもカーブドッチでの滞在は時間いっぱいとなりました。

長閑のどかで雄大で贅沢な体験でした。

また来るからねー!

 

で、再び新潟駅に戻った私たち。

初日に泊まったのと同じホテル、同じ部屋でもう1泊です。

とりあえずチェックインを果たし、荷物を部屋に入れたら相談です。

 

妻「これからどうする?」

私「そうだねぇ・・・」

 

実は私たち、予定していたスケジュールはこの段階で全部こなしていたのです。

あとは完全にノープラン。

 

妻「・・・自転車でフラフラしてみる?」

私「え?マジで?」

妻「天気も、そんなにカンカン照りじゃないし」

私「行こう!どこ行く?ねぇどこ行く?」

妻「実は時間があったら寄ってみたい神社があったんだ」

私「よっし!じゃあレンタサイクルじゃ!」

 

都合良く新潟駅には自転車を借りられる仕組みがあり、すごく助かりました。

んで我々が走ったコースはこんな感じ。

f:id:sakatsu_kana:20171002073935j:plain

1.新潟駅を出発

2.信濃川を渡って『白山神社』へ

3.古町商店街を往復

4.川の土手で何やら楽しそうなイベント発見

5.今夜のお店と出会う

 

という、都合10kmくらいのプチ周遊。

暑くも無く寒くも無く、気候に恵まれた良いサイクリングでした。

 

妻「ナビは旦那に任せるよ~」

私「んむ。旦那はスマホに任せるけどな」

妻「なら安心だ」

私「川を渡ったら左に曲がるよ」

妻「整備されてて走りやすい道だね」

私「すごく良いね。さぁそろそろだ」

妻「ここが白山神社!」

f:id:sakatsu_kana:20171002074446j:plain

私「ふおおお!巫女さんが居る!巫女さんが!」

妻「何撮ってるの?」

私「神社」

妻「ふ~ん」

私「あ、キティ先輩が」

妻「本当だ。いつもお仕事熱心だねぇ」

f:id:sakatsu_kana:20171002074533j:plain

私「なんか有り難そうな石があるよ」

妻「『白山くくり石』っていうんだって」

私「日本三名山のひとつが白山で、そっから持ってきた石だって」

妻「石に触れて願いを込めましょうって書いてある」

私「何かしら良い感じにご利益がありますように」

f:id:sakatsu_kana:20171002074612j:plain

妻「なんてアバウトな・・・」

私「良いんだよ雰囲気だけで」

妻「あ、こっちにも何かあるね」

私「白い石がいっぱい」

f:id:sakatsu_kana:20171002075504j:plain

妻「白山神社って歯の神様なんだって」

私「へぇ!歯医者に行ってる私にぴったりじゃん!」

妻「歯痛が治ったとか虫歯にならないとか、何か色々あるみたいよ」

私「よし!この白い石もらって帰ろう!」

妻「ダメ!」

私「いっぱいあるのに・・・」

妻「そーゆーコトじゃねぇから」

私「はい」

妻「あ、狛犬・・・こま、いぬ・・・?」

私「すごい風化してるねぇ」

f:id:sakatsu_kana:20171002080025j:plain

妻「右側の子、お顔が無くなってるよ・・・」

私「空腹のカバの子に食べさせてあげたのかな?」

妻「何パンマンだよ」

f:id:sakatsu_kana:20171002080238j:plain

私「わ!左側の子なんかつるっつるだよ!」

妻「いつから置いてたらこんなことになるんだろうね」

f:id:sakatsu_kana:20171002081517j:plain

私「長いことここに居るんだろうねぇ」

妻「さてさて、そろそろ移動しようか」

私「うん。次どっちに行ってみる?」

妻「なんかレトロな感じの商店街があったよね」

私「じゃあゆるりと行ってみようか」

妻「興味深いお店が多いね」

私「お店もだけど、ちょっとラブやん、アレを見て」

妻「ん?なになに?」

私「新潟って雪国だからさ、信号が縦型じゃん?」

妻「うん」

私「でもあの歩行者信号」

f:id:sakatsu_kana:20171002082106j:plain

妻「横型!?」

私「車用が縦で歩行者用が横・・・興味深いねぇ」

妻「面白いお店がいっぱいあったね~」

私「そだねぇ。やや!あの河川敷に見えるのは何だ!?」

f:id:sakatsu_kana:20171002082321j:plain

妻「テント・・・?」

私「河原暮らしの方々の生活スタイルも様変わりしたんだねぇ」

妻「絶対に違うから」

私「何かのイベントかなぁ」

f:id:sakatsu_kana:20171002082532j:plain

妻「どうやら『やすらぎてい』っていうイベントらしい」

私「7月からずっとやってるんだ。長期の企画なんだね」

妻「ビアガーデンとかBBQとかのテントだったんだね」

私「せっかくだから何か買ったり食ったりしないかい」

妻「そうだね、さすがに自転車こいだら暑くなったね」

f:id:sakatsu_kana:20171002082930j:plain

huskygelato.com

私「あのアイスが食べたい!」

妻「ジェラートね。許可しましょう」

私「やったぁー!」

f:id:sakatsu_kana:20171002083053j:plain

妻「可愛いお店だねぇ」

私「梨!梨のやつください!」

妻「私はラム甘納豆を」

私・妻「かんぱーい!」

f:id:sakatsu_kana:20171002083211j:plain

妻「美味!めっちゃ美味しい!食べてみ?」

私「ラムって苦手なんだよね・・・美味!」

妻「甘納豆とラムがこんなに合うなんて!」

私「こっちの梨もすんげぇ梨だよ」

妻「うわすっごいジューシー。本物の梨より梨だね」

私「あぁ、美味しかったぁ」

妻「んじゃそろそろ戻ろうか」

私「そうだね、自転車返さなきゃだし」

妻「楽しかったねぇ」

私「たまにはこういうのも良いねぇ」

妻「あ」

私「お」

妻「さっきのお店、見た?」

私「うん。見た」

妻「何かこう、感じるものが無かった?」

私「あった。なんかこう、重力の様なモノを感じた」

妻「よし、今夜はあそこにしよう」

 

私たちは自転車を返却し、今夜の夕餉ゆうげを求めて歩き出しました。

自転車で通りかかった、あのとても気になった中華のお店へ。

r.gnavi.co.jp