『かなり』

『芸術』の捉え方はそれぞれ

【スポンサーリンク】

そう言えば華音(かのん)ちゃんてどうなったんだろう

どうも、さかつです。

どうも、変態さかつです。

どうも、臆病者さかつです。

どうも、腰痛持ちさかつです。

どうも、アラフォーさかつです。

どうも、牛肉より豚肉さかつです。

どうも、昭和のおじさんさかつです。

どうも、オタクのおっさんさかつです。

どうも、貧相な乳を愛する男さかつです。

どうも、一応課長と呼ばれる奴さかつです。

どうも、右脳派に成りたい左脳派さかつです。

どうも、お絵描きは鉛筆が一番なのさかつです。

 

どうも、記事全部が雑記の中の雑記ザッキングブロガーです。

どうも、役に立たない記事だらけザッキングブロガーです。

どうも、閲覧時間が無駄な記事ザッキングブロガーです。

どうも、頭の悪い試みばかりザッキングブロガーです。

どうも、誰得なネタの宝庫ザッキングブロガーです。

どうも、下らない文字列ザッキングブロガーです。

どうも、雑菌愚武露雅ザッキングブロガーです。

どうも、底辺雑記王ザッキングブロガーです。

どうも、坂津佳奈ザッキングブロガーです。

どうも、さかつザッキングブロガーです。

どうも、坂津ザッキングブロガーです。

どうも、ザッキングブロガーです。

 

ルビを振るときの文字の量について実験してみました。

メイン文字とルビの関係ですが、やはりバランスの良し悪しはあると思うんですよ。

ルビの方が短い場合、メイン6~7文字に対してルビ3文字は欲しいですね。

これ以上メイン文字の方が長くなると、ちょっとルビの間隔が広くなり過ぎな気がします。

 

逆にルビの方が多い場合。

これはルビの文字が小さいので、メイン文字より多くても成立しそうです。

それでもメイン5~7文字に対してルビ9文字が限界でしょうか。

 

まぁ間隔の感覚は皆さんそれぞれだと思います。

お好みの文字数を見付けてみてください。

 

さて、間隔の感覚と言えば「パーソナルスペース」って聞いたことありますか?

私のブログは検索流入というやつが非常に少ないのですが、その中で細く長く外部からの検索によって閲覧されている記事です。

試しに「パソナルスペース」で検索すると2ページ目に出てきました。

「パーソナルスペース 狭い」だと、なんと2位に。

大変申し訳ないですね。

ロクなこと書いて無いのに。

 

で、今日の本題です。

新入社員の中にものすごくパーソナルスペースの狭い奴が居るんですけど、同期内でその指摘を受けたらしいんです。

「あんた、近いよ」って。

んでその子はそれを気にして対策をネットで検索したところ、上記の記事に辿り着いてしまった、と。

更に記事内に貼ってある桐谷さん関連のリンクを辿って、「おや?」と思ったそうです。

その「おや?」を胸に秘めたまま数週間を過ごし、とうとう確認したらしいんです。

加納くんに。

 

加納くんで良かった。

 

加納「と言うわけで課長、社内読者が増えました」

坂津「否定はしなかったんだね、加納くん」

加納「あれだけ読まれてたらさすがにバレますよ」

坂津「そっか。そうだよねぇ。まずいなぁ」

加納「もうひと思いに暴露してしてはどうです?」

坂津「それは私の沽券に関わるので御免だ」

細山「いえ、拡散すべきブログだと思いますよ?」

坂津「ほ、ほそやまくんッ!?いつの間に!?」

細山「皆に教えたいなぁ、と言えと言われました」

坂津「それは事務の本間さんに、だよね?」

細山「そうです。そしたらお菓子が貰えるんだと」

坂津「本間さんにも相談したってことだね」

細山「課長の記事を読めば自然とそうなりますよ」

加納「あ、僕らのこともバレてますからね」

細山「ええ、加納先輩と本間先輩、お似合いです」

坂津「そうか・・・身内には即バレなのか」

 

 

予期せぬ新キャラ追加に脈拍数が急上昇しています。

 

※ちなみにタイトルは、今回と同じようにブログ記事から偶然に身バレした件の続報が無いので自分でも忘れていた事案が今回の件で思い起こされて急にソワソワしだしたってことです。