『かなり』

邪悪そうに見えて実はすっごい良い人。

【スポンサーリンク】

耳無し芳一ルールルルー

どうも、坂津です。

blog.hatena.ne.jp

すっかり忘れてました。

これの存在を。

 

ブログを始めたての頃はすごく助かった制度でしたが、なんとなく自分のスタイルが形作られてくると、見なくなっていました。

はてなブログには『ブログチャレンジ』という初心者救済制度があり、右も左も分からないビギナーに「次は何をすべきか」という指標を与えてくれるのです。

で、この中に『ルー語で記事を書いてみる』というのがあったんですが、それを下書きのまま放置していたのを思い出しました。

皆様がよくご存知のお話をルー語に変換してみて、世に送り出すのを止めたやつです。

でも下書きの絶対量が足りなくなると、そんなことも言ってられなくなるんですよね。

 

 

『ノーイヤー芳一ほういち

 

阿弥陀テンプルに芳一という盲目の琵琶プレーヤーがリビングしていた。

芳一は平家ストーリーのシングがスペシャルで、特に壇ノ浦オーシャンのパートは「オーガもティアー」とツイートされるほどのスーパープレーヤーだった。

ある日、テンプルの和尚がゲットアウトしてるタイミングでサムライソルジャーがインしてきた。

芳一はサムライソルジャーにプリーズされて琵琶プレイに出掛ける。

芳一は盲目ゆえルックすることはできないが、そのリサイタルではオーディエンスのバイブスがグン上がりなのがフィールできた。

こんなプレミアムナイトがセブンデイズ続いたタイミングで、和尚が「最近芳一のやつミッドナイトシャッフルし過ぎちゃうか」とウォーリーした。

そこでゴーイングする芳一をこっそりフォローした和尚がルックしたのはショッキングなシチュエーションだった。

なんと芳一のライブイベントは平家のセメタリーでオープンされていた!

さらに芳一のプレイにハートムービングしてるのは平家のゴーストたち!

サプライズした和尚は芳一をゴーストからガードするべく、芳一のボディに般若心経をライトした。

般若心経がライトされたパーツはワンダーなパワーによりゴーストからはノールック。

パーフェクトなオペレーションかに思われたがバット、和尚がビッグなミステイクをやらかしてしまうシット。

何と芳一の両イヤーに般若心経をライトするのをフォーゲット。

つまりゴーストからは芳一のイヤーだけルックできちゃうファッキンケアレス。

その夜テンプルにインしたゴーストは芳一のイヤーをゲットしてバックした。

ネクストのモーニングに和尚はブラッディな芳一をルックして「やっべ!」と自分のフォーゲットをアイムソーリー。

ハートがビッグな芳一はノーグッドな和尚をフォーギブしてやったとさ。

コングラッチュレイション コングラッチュレイション

 

f:id:sakatsu_kana:20170809194751j:plain