『かなり』

雪遊びしたい。

【スポンサーリンク】

妻が会社を辞めたので

どうも、坂津です。

妻が仕事を辞めました。

 

以下が妻のプロファイルです。

坂津ラブ

プライベートではある程度の融通が利くが、仕事となると全く手を抜けない生真面目さん。

そんで視野が狭けりゃ良いのに、なんだかんだと色々な問題点とかに気付いちゃって、それを無視できない不器用さん。

f:id:sakatsu_kana:20171125122550j:plain

明確なルールと業務範囲、的確な指示と判断基準を与えておけば超絶使える部下。

その反面、「適当にしといて」「見なかったことにして」などの不明確、不適切な指示には従えないので、ルーズな上司には使いこなせない。

巨乳。

 

上司「じゃあ坂津さん、コレやっといてね」

ラブ「かしこまりました。いつまでに完了すればよろしいですか?」

上司「ん~、できるだけ早く」

ラブ「今コレとコレとコレの指示も頂いておりますが、コッチが優先ですか?」

上司「ああ、先に持ってた方が優先だな。コッチはそれが終わったあとで良いよ」

ラブ「かしこまりました」

 

・・・・その日の午後・・・・

 

上司「坂津さん、頼んでたアレできてる?」

ラブ「まだです」

上司「え?できるだけ早くって言ったよね?」

ラブ「はい。ですがコッチが優先とのことでしたので、まだ手つかずです」

上司「ええ~参ったな・・・それ今夜の会議で要るのに」

ラブ「ではコレの方が優先だったのですか?」

上司「会議があるんだからそうに決まってるでしょ」

ラブ「そもそも会議があること自体、初耳ですが」

上司「もういいから、早くやっといてね」

ラブ「かしこまりました」

 

・・・・その日の退勤時・・・・

 

上司「お先で~す。お疲れ~」

ラブ「あのっ、資料がもう少しで完成しますが・・・会議は?」

上司「ああ、そうだ。会議無くなったんだよ」

ラブ「・・・ではこの資料はもう不要ですか?」

上司「いや、次の会議で使うから一応作っといて」

ラブ「かしこまりました」

上司「あれ?帰らないの?」

ラブ「先に頂いていたお仕事がまだ終わっておりませんので」

上司「ふ~ん。じゃあお疲れ~」

 

・・・・別の日・・・・

 

ラブ「あの、この資料のここ、表現が間違っています」

上司「別にそのくらい構わないって」

ラブ「でも、お客様にお渡しするものですから・・・」

上司「誰もこんなとこまで読まないから、放っといていいよ」

ラブ「・・・はい」

 

・・・・別の日・・・・

 

ラブ「システムに不具合を発見しました」

上司「どんなの?」

ラブ「このような操作をしたときに、こうなります」

上司「ああ~、じゃあその操作しないで」

ラブ「えっ?でもこういうケースのお客様の場合、必ずこの操作が必要になりますよ?」

上司「そんな客、滅多に来ないって」

ラブ「ではその場合はどうしたら・・・」

上司「その時に考えようよ」

ラブ「・・・はい」

 

 

こんなことが積もり積もって地層を形成し、妻のストレスミルフィーユは危険水域ギリギリに達してしまいました。

ここに書いてる内容は私がふんわりやんわり書き変えていますが、実際にはもっとエゲツナイ事案が多発していたそうです。

 

そして。

 

ラブ「もうあの会社嫌だ・・・」

坂津「あらら。んじゃ辞めちゃえば?」

ラブ「・・・うん。明日辞めたいって言う・・・」

坂津「いやいや、もう今から電話しちゃいなよ」

ラブ「え?」

坂津「『もう明日から行きません』って言えば良いよ」

ラブ「いや、でも夜遅いし・・・」

坂津「遅くないよまだ10時だよ」

ラブ「・・・じゃあ」

坂津「うんうん。善は急げ」

 

普通、退職は意思表示から最低でも1ヶ月後など、就業規則などで決まっているはずです。

しかし私は妻から色々と会社の内情を聞き、恐らくきちんとした就業規則など無いだろうと思ったのです。

そもそも労働契約書すらまともに交わそうとしなかったらしいので。

妻が契約書をくださいと言わなかったら、恐らく出て来なかったと思います。

そしてその契約書には退職についての記述は一切無く、また就業規則についての資料も貰っていないのです。

なので退職時、こちらの都合でいきなり辞めても構わないと踏んだのです。

むしろそれで会社側が因縁を付けてきたらこっちのモンだくらいに思っていました。

なにしろ妻は、契約書に記載されている項目から著しく逸脱した業務内容と時間を課せられていたのですから。

 

ラブ「想像してたよりあっさり辞めれた・・・」

坂津「だろ?向こうだって叩けば埃が出る手口でやってんだから、遠慮すること無いんだよ」

ラブ「旦那ぁ~ありがとぉ~(;Д;)」

坂津「こっちばっかり礼儀だの常識だのセオリーだのに縛られてんじゃ割に合わねぇかんな」

ラブ「もう明日から行かなくて済む(;□;)」

坂津「ゆっくり寝なさい」

 

というわけで私の休日、おうちに妻が居ることになりました。

めでたしめでたし。

噛み合わない会話

どうも、坂津です。

認識がズレたまま会話が進行することって、ありますよね。

お互い噛み合ってないことに気が付けばすぐに相互理解のための確認が行えるのですが、奇跡的に「何かちょっとおかしいな」程度の齟齬しか含まずにやりとりが展開していくこともあるのです。

 

妻とテレビを見ていました。

とあるシーンで水族館が映り、イルカショーが行われていました。

基本的に私は動物園や水族館が大好きなのですが、妻はあまり興味がありません。

特に魚類に対しては若干の恐怖すらあるようで、何を考えているか分からない丸い目がダメなんだそうです。

 

私「水族館で働いたら毎日楽しそうだなぁ」

妻「えっ、絶対嫌だそんなの。キモい怖い」

私「うん。そう言うと思った無理だろうね」

妻「まぁでもエサやりぐらいはできるかな」

私「えっマジで?イルカのエサ生魚だよ?」

妻「こう見えて昔は飼育委員だったからね」

f:id:sakatsu_kana:20180122102250j:plain

私「え!?なにそれ初耳なんだけどっ!?」

妻「いや、そんなに驚くことないじゃんか」

私「いやいやいや驚くって!いつのこと?」

妻「小学生のときだけど?そんなに意外?」

私「意外というか・・・Sea Queenシー クイーン・・・」

f:id:sakatsu_kana:20180122102715j:plain

私「それは、学芸会とかそういうやつで?」

妻「ん?いや1学期まるっと飼育委員だよ」

私「は?そんな長期間Sea Queenシー クイーンなの!?」

妻「普通はそうじゃない?旦那は違った?」

私「ウチは練習期間入れても1ヶ月かなぁ」

妻「えっ?練習とかするの?飼育委員が?」

私「いやぁ、私はSea Queenシー クイーンじゃないよ?」

妻「ああそっか。じゃ旦那は何してたの?」

私「図書室で本読んでる生徒の役だったよ」

妻「は?それ図書委員とは違うものなの?」

私「うん?図書委員じゃなくて普通の生徒」

妻「じゃあ何委員でもなかったってことね」

私「そうだよ?ちょっとしゃべるだけの役」

妻「ちょ、それ役とか言わないから(笑)」

私「そりゃSea Queenシー クイーンに比べたらザコだが」

妻「比べるも何も、してなかったんでしょ」

私「いや、だから一般生徒だったんだって」

妻「だから委員じゃないってことだよね?」

私「だからそう・・・ん?ちょっと待って」

 

このあと私は自分の勘違いに気付き、慌てました。

まだ妻は私の馬鹿な間違いに気付いている様子はありません。

ここはどうにか誤魔化して会話を成立させなければ。

そもそもSea Queenシー クイーンって何だよと心の中で自分を叱責しながら、どうにか委員会の話題だった体で会話に収拾をつけました。

 

さて、この記事で私の勘違いを知った妻がどんな反応をするかなぁ。

普通に馬鹿にされて終わりだろうけど。

受験の日の衝撃

どうも、坂津です。

今週のお題「受験」

私が今でも忘れられない、強烈なあの出来事。

それは高校受験の日。

 

受ける学校の前評判などは特に気にせず、実家から自転車で通えるかどうかが学校選びの基準だった私。

しかし最も近かった学校は学力的にまず無理だろうと諦め、少しだけ遠い(自転車で25分くらいの)ところを受験しました。

仮にここをM高校としましょうか。

M高校付近は中学生の私には未開拓エリアであり、周囲の風景がとても新鮮でした。

試験自体はスムーズに終わり、たぶん受かっただろうという安堵を覚えながらの帰宅途中、その出来事に遭遇したのです。

 

想像よりも試験が簡単だったことによる気の緩みと、終わった後の解放感から、私はM高校の周囲をぐるりと見物してみることにしました。

と言うのも、実はもうひとつ受験する予定があり、受かればそっちに行くつもりだったのです。

こちらはS高校としましょう。

この調子で行けばS高校にも受かるだろう。

だから恐らくはもう、このM高校やその周辺に来ることなど無いし、一期一会を楽しもう・・・そんな考えでした。

 

でも、それが、いけなかった。

 

「オルァッッッ!!」

 

「げはぁ!」

 

「ギャハハハハ!」

 

何やらとんでもなくオラついた声。

明らかに被ダメージ感のある悲鳴。

それからガラの悪い複数の笑い声。

 

何が起きているか、十中八九予想できるサウンド。

脳が「今すぐ引き返せッ!」と警報を鳴らします。

私の中の天使と悪魔がディベートを開始しました。

 

天使「君子危うきに近寄らずという言葉を知らんのか」

悪魔「君子ってのは得が高く品位ある奴のことだぜ?」

天使「あれ?そうなの?じゃあ当てはまらない・・・」

悪魔「だろ?だからYOU行っちゃいなよ!ほらっ!」

 

私は高鳴る鼓動を落ち着けるために心の句を詠みました。

 

『この先で たぶん誰かが フルボッコ

 

よし、行こう。

 

怖いもの見たさという欲求を抑えることができなかった私は、そろりそろりと路地裏の角から向こうを覗いて見たのでした。

 

そして。

 

見てしまったのです。

 

f:id:sakatsu_kana:20180120171531j:plain

 

なんということでしょう。

複数の女子に、一人の男子がボッコボコにされていました。

しかもその男子はさっき私が受験した学校の生徒ではありませんか。

そして女子たちは、すぐ近所の女子高の制服を着ています。

 

そう言えば聞いたことがある・・・。

あの女子高は不良が多いって・・・。

でもまさか男子を狩るなんて・・・。

女子が男子を取り囲んで攻撃・・・。

まさかこれが日常茶飯事とか・・・。

男子はされるがまま無抵抗だ・・・。

女子達の攻撃はエスカレート・・・。

女子達のとても短いスカート・・・。

女子達の無邪気で邪悪な嘲笑・・・。

 

これが少年漫画の主人公なら飛び出して割って入る場面でしょう。

しかし私は一介の中学生。

物音を立てないようにゆっくりと後ずさることしかできませんでした。

 

そして帰宅後、私は両親にきちんと説明しました。

 

「お父さん、お母さん、今日受験してきたM高校ですが、自己採点ではたぶん合格しています。この後の予定ではS高校も受けることになっています。でも、もう受けません。私はM高校に行きたいです。M高校はとても素晴らしいところでした。特に周囲の環境が素晴らしいと思いました。是非お願いします」

 

こうして私は次の春からM高校に通うことになったのです。