読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『かなり』

私が感じる「かなり」なことを徒然に。

新しく祝日を制定するのって、国会で決めるんでしたっけ

思ったこと 料理 インテリア

どうも、坂津です。

お題「ほしい祝日」

私には母親が三人居ます。

f:id:sakatsu_kana:20160923213238j:plain

あ、分身とか残像って訳じゃないですよ。

 

一人目はもちろん私を産んで育ててくれた実の母親です。

最近入院したのはこの母で、先週も看護婦さんと不思議な会話をしていました。

点滴をしてもらっているとき、針を止めるテープやハサミなどを白衣のポケットから次々と取り出す看護婦さんに向かって母が言いました。

母親「ドラえもんみたいね、あなた」

看護「・・・え?」

母親「だってポケットから何でも出てくるから」

看護「ああ、そうですね。日ごろ使うものは全部入ってますよ」

母親「リモコンとかね」

看護「それは入ってないですよー(笑)」

母親「え?普段リモコン使わないの?」

看護「いや・・・そういうわけじゃ・・・」

 

二人目は、妻のお母さんです。私も妻帯者ですので。

義母はとても上品で穏やかで優しい人です。

見た目や言動からは到底想像できないのですが、実は漫画やゲームが好きなところは大好きです。

また器が大きいというか大胆というか、車を購入する際の決め手は肘置きの心地良さだったといいます。

普段使いの乗用車ならわざわざ4駆にする必要は無いのですが「この子の乗り心地が良い」という理由だけで即決即買いだったとか。

 

そして三人目ですが、我が家の大家さんです。

私はアパート住まいなのですが、大家さんには非常に懇意にしていただいています。

 

ここ最近バタバタとしている坂津家のために晩御飯を作ってくれたりします。

 

f:id:sakatsu_kana:20160926142529j:plain

野菜をしっかり食べたいと言う妻のリクエストに応えてくれました。

シチューがおかずという文化は賛否両論あると思いますが我が家ではウェルカムです。

 

f:id:sakatsu_kana:20160926142634j:plain

晩酌がワインなので、メニューも洋風になることが多い坂津家の食卓に純和風のメニューは非常に有り難く、外食をしているような気分になれます。

 

大家さんとは言いながら、初詣は一緒に行きますし、バレンタインにはチョコを貰いますし、もちろんホワイトデーにはお返しします。

お互いの誕生日にはプレゼントをしますし、クリスマスにもプレゼント交換をします。

私の知らないところでは、妻と親戚の奥様方と大家さんで女子会なんかもやってるそうです。

 

そんな大家さんだから、我が家のDIYにも広い心で対応してくれます。

と言っても、すぐに原状回復できるレベルのことしかしていませんがね。

 

例えば

f:id:sakatsu_kana:20160926164511j:plain

元々はこんな感じのキッチンだったのですが、収納扉が白いと汚れが目立ってしまいますし、ヘルシオさん(オーブンレンジ)とイメージが合いません。

 

なので

f:id:sakatsu_kana:20160926164641j:plain

木目のシールを貼ってみました。

 

うん。

良い感じですね。

今はもうちょっと進化しているのですが、現状の写真が手元に無いもので。

 

こんな感じの改良を色々とやっていると、大家のお母さんが遊びに来るたびに「良いね」と言ってくれるので、こちらとしてもヤリガイがあります。

 

大家のお母さんも同じアパートの一部屋に住んでいるのですが、最近では「ちょっと真似してみた」と言って軽くDIYにハマっています。

お互いに出来栄えを見せ合いっこして楽しんでいます。

 

 

という訳で、私は母の日が年に1回だと足りません。

土用の丑の日くらいあれば良いと思います。

そして全部を祝日にしてください。

 

って誰に言えば良いんですかねぇ。

衝撃的な出来事を目の当たりにするとまともな思考ができなくなる

思ったこと 遭遇したこと

どうも、坂津です。

お題「マイルール」

最近ではほとんどしなくなったのですが、昔は日常茶飯事だったのがコンビニでの立ち読みです。

ジャンプだけ買っていて、それ以外の漫画雑誌はほとんど立ち読みでした。

サンデー、マガジン、チャンピオン、ヤングジャンプヤングサンデーヤングマガジンヤングチャンピオンヤングアニマル、今思えばよく読んでたなと感心するくらい毎日毎週立ち読んでいました。

f:id:sakatsu_kana:20160925155342j:plain

 

あれは忘れもしない11年前、いや12年前だったかな。忘れたな。

彼女(現在の妻)との待ち合わせ時までの30分を潰すためにいつものコンビニで立ち読みをしていたときのことです。

 

当時はシフト制の仕事をしていたものですから、平日が休みでした。

その日は水曜日、サンデーとマガジンが店頭に並んでいました。

 

特に読む作品が多くないサンデーを先に読み終え、一歩分だけ右に横移動してマガジンを手に取りました。

ページをめくった次の瞬間。

 

ガシャドカバキャーン!!

 

つい5秒前に私がサンデーを戻した本の陳列棚が、正面の化粧品の棚にめり込んでいます。

本棚をそこまで押し込んだのは白い乗用車でした。

 

車は輪止めのブロックを乗り越え、窓ガラスを突き破り、車体の前半分ほどを店内に侵入させていました。

 

ここでようやく事態を飲み込めた私は青ざめました。

 

もしサンデーに毎週読む作品がもっと多かったら、私は本棚と化粧品棚の間で紙の様にペラッペラになっていたことでしょう。

読むもの少なくてありがとうサンデー!

 

小学館さんに感謝していると、運転席側のドアがガチャッと音を立てました。

私の目の前には助手席側のドアが、本棚の向こうに見えていました。

運転手が降りようとしているようです。

しかしドアのすぐそばに什器があるので開けることができないようでした。

 

私が運転席側に回り込むのと、コンビニの店員さんが来るのは同時でした。

店員さんと二人で本棚や割れたガラスを移動させ、運転席のドアの周囲に空間を作ります。

そしてようやく降りてきたのは40代くらいの男性でした。

蒼白な顔色が本人のショックを物語っていましたが、怪我は無さそうです。

 

三村マサカズさんのようなアロハシャツ

勝俣州和さんのようなハーフパンツ

右足にギプスと手には松葉杖

 

 

ギプスと松葉杖?

 

 

さっきの「怪我はなさそうです」を返せ!

 

私も店員さんも目を丸くして驚きました。

 

店に突っ込んできた車から降りてきた人がすでにギプスをしていた。

何が起きたのかさっぱり分かりませんでした。

 

 

やがて通報を受けた警察官が駆けつけ、私も事情を聴かれました。

 

「店に突っ込んできた車から降りてきた人がすでにギプスをしていた」

 

私はありのまま起こったことを話しました。

すると、先に運転手の人から事情を聞いていた警察官が教えてくれました。

 

「あの人、昨日骨折したらしくて。で、ギプスしてても運転ぐらいできるだろうと思ってそのまま車に乗って来たんだって。駐車するときにブレーキ踏もうと思ったらギプスの足が予想外に太くてアクセルを踏んじゃって、こうなったと」

 

聞いてみれば大したことのない理由です。

しかし動転しているとその回答にたどり着けないものですね。

 

幸いにもこの件での怪我人は居ませんでした。

 

 

私はこのことから「無理な状態で運転をしない」とか「立ち読みをするときは柱部分で」とか、そういうマイルールを作ったりはしませんでした。

 

 

私はすっかり失念していたのです。

約束の時間がとうに過ぎていたことを。

 

当然彼女(現在の妻)は激おこでした。

 

私が設定したマイルールは「約束の時間の30分前には必ず現地に到着しておく」です。

今思えば中学生のときの執念は侮れない

どうも、坂津です。

お題「好きなラジオ番組」

久々にお題スロットを回したわけですが、今はラジオを聴いていないので、過去好きだった番組ということになります。

 

その名も「林原めぐみのHeartful Station」です。

たぶん知っている方はいらっしゃらないと思いますが。

私の記憶が正しければ、ラジオ関西で放送されていました。

私が当時住んでいた地域ではラジオ関西が受信できないエリアでしたが、どうしても聴きたかった中学生の私は執念を燃やしました。

 

もしかしたら怒られちゃう手段なのかもしれないのですが、もう25年くらい前の話なので時効ということで(笑)

 

まずラジカセのアンテナ部分に銅線を根限り巻き付けます。

f:id:sakatsu_kana:20160923221450j:plain

次に電源コードを用意します。

コードだけです。何にも繋ぎません。

このときは延長コードをぶった切りました。

f:id:sakatsu_kana:20160923221708j:plain

コードの中身を剥き剥きして、2本の導線を取り出し、1本をビニールテープでぐるぐる巻きにして絶縁します。

もう1本の導線と、さっきのアンテナに繋がった銅線の間にコンデンサを挟みます。

f:id:sakatsu_kana:20160923221952j:plain

こうしてコードを壁のコンセントに差し込めば、ラジカセのアンテナが電源に繋がった状態になります。

理論上、家周辺の電線全てが私のラジカセのアンテナになった状態です。

実際にこれが奏功したのか、雑音交じりではありますがギリギリで聴けるようになりました。

 

どういうわけかラジカセ本体を天井近くまで掲げたときが最も雑音が少なく聴こえるという事実を発見しました。

 

土曜日23時からの1時間、坂津少年は自室でラジカセを天高く掲げるという試練とともにラジオを聴いておりました。

腕がプルプルして手が下がってくると雑音が増して聴きづらくなるので歯を食いしばってバンザイを継続していました。

 

そんな私の努力を鼻で笑うかのように妹が部屋のドアをカチャリと開け、顔だけこちらに向けて「まぁがんばれや」と言いました。

悔しくはありましたが、私は私の聴きたいもののために努力をしているのだという自負によって鼓舞され、妹の失笑ごときでやる気を失うことはありませんでした。

 

しかし次の週、またプルプルバンザイを継続していた私の部屋にまたしても妹が侵入し、そして言い放った一言によって私の心は打ち砕かれました。

 

「タンスの上に置けば?」

 

その発想は無かったぁぁぁぁっ!!!

 

この後タンスの上でベスポジ(ベストポジション)を探し当て、ベッドでごろ寝しながらリスニングできるというパライソを実現することができました。

 

ラジカセはもうその場から動かすことなく、翌週の土曜日を待つのです。

そして待ちに待った土曜日、意気揚々と電源を入れてリスニングを開始しようとしたにも関わらず、雑音だらけでいつまで経っても番組が聴こえません。

もしかしてベスポジが変わったのか?

とにかく聴こえる位置を探すためにラジカセを持って部屋中をウロウロしましたが、その日は聴くことができませんでした。

 

翌日、残念な気持ちを引き摺ったまま買い物に出た私は「ハッ( ̄д ̄;)!!」っとします。

 

家の裏にマンション建っとる・・・。

 

もしやこれのせいで?

しかし私の導線&銅線アンテナは周囲に高い建物があっても感度は変わらないはず・・・。

 

結局詳しい理由は分からないまま、この日以降私は番組を聴くことができなくなってしまいました。

 

このマンションに住むことになった転校生が高校時代に友人となり、林原めぐみHeartful Stationを録音したカセットテープを貸してくれるようになるのは、また別のお話です。