『かなり』

邪悪そうに見えて実はすっごい良い人。

【スポンサーリンク】

チャイナドレスを着たことがある

どうも、坂津です。

↑の記事と同時に発掘されたものが、まだありました。

 

当時としてはそこそこ新しい機材、ハンディビデオカメラという代物で撮影したテープです。

f:id:sakatsu_kana:20171120101614j:plain

タイトルシールに手書きの汚い字で『漫研学際』と書かれていました。

 

その当時の様子がありありと思い出されます。

 

 

坂津「断固拒否するッ!」

友A「いや、絶対にウケるって!」

友B「うんうん!マジでイケるって!」

坂津「ウケるウケないの話では無いッ!」

友C「なに坂津、恥ずかしいの?」

坂津「恥ずかしいに決まってんだろッ!」

友A「まぁ落ち着けって。模擬店なんだから売り子は必要だろ?」

友B「坂津が売らなきゃ誰が売るんだよ」

友C「適任というか、もう坂津しか居ないだろこんなの」

坂津「売り子はやるって言ってるだろッ!」

友A「じゃあ決まりじゃん」

友B「よっしゃ」

坂津「だがチャイナドレスは無ぇよッ!」

 

あの学際で、私たちは中華まんを販売することになっていました。

せっかく中華まんなので、売り子はチャイナドレスを着ることも決まっていました。

私が所属していた漫画研究会は女6:男4くらいの男女比で、当然ながらこの中華まん販売の話も女性陣ありきでの算段でした。

 

しかし。

 

意外とチャイナコスに乗り気だった女性陣から、突如として異議申し立てが入ったのです。

 

女A「飲食物の販売って、グラウンドでやるらしいね」

女B「屋内だと思ってた~」

女C「絶対寒いよね」

女D「と言うわけで、中華まん販売は男子でお願いします」

女E「私たちは屋内で会報販売をするので」

女F「お互い完売目指してがんばろうね」

ABCDEF「異存は無ぇだろ?」

男共「・・・はい」

 

そもそも三次元女性に物申せる男など居ないのが漫画研究会です。

こうなれば仕方ありません。

中華まん販売に全身全霊を注ぐのが我ら男性陣の努めなのです。

 

なのですが。

 

友A「なんでだよ。せっかく用意した衣装なのに」

坂津「キャンセルしろよそんなもん!」

友B「みんなお前のチャイナ姿、待ってるぜ?」

坂津「待ってるワケあるかアホゥ!」

友C「はぁ・・・がっかりだぜ」

坂津「なに?」

友C「坂津ならやると思ってたのに・・・」

坂津「なんだよ急にそんな真面目な顔して・・・」

友C「お前さ、コレ着たら絶対ウケるって、分かんねぇの?」

坂津「いや、確かに面白そうではあるけども」

友C「じゃあなんで着ない?」

坂津「そりゃ抵抗あって当たり前だろ?恥ずかしいわそんなもん」

友C「はぁ~・・・」

坂津「???」

友C「ウケたい気持ちより羞恥心の方が大きいなんてなぁ芸人失格だろッ!!!!」

坂津「えっ」

友C「そんな不甲斐無ぇなら、芸人なんてやめちまえッ!!!!」

坂津「ご、ごめん!やるよ!チャイナ着るよ!」

 

という展開で、私はチャイナドレスを着て中華まんを販売することになりました。

よく考えたら私は芸人でもないし、そんな体を張ってウケを狙うような必要もないし、そもそもなぜ私一人だけなのかも分からないし、全く頑張る必要の無いことだったんですけどね。

 

 

そんな懐かしい場面を脳内再生していると、どうにもテープを再生してみたい気持ちが湧き起こってきます。

確か8mmテープをVHSサイズのケースに入れたらVHSデッキで再生できたハズ。

そう思いながら物置を漁ります。

漁りながら、また当時のことを思い出します。

 

私の記憶では、そこそこなクオリティに仕上がったように覚えています。

自分で言うのもなんですが、当時の私は無駄に体を鍛えていて、細身で締まったプロポーションをしておりました。

記憶に間違いが無ければ胸にパッドは入れなかったので、高身長で貧乳という私好みのチャイナ娘に成り切っていたハズです。

そうそう、髪型も。

あの頃は茶髪でロン毛でしたので、遠目に見ればちゃんと女性っぽくなっていたに違いありません。

なんだかんだで周囲からも好評だったような気がします。

f:id:sakatsu_kana:20171120105245j:plain

こんな感じに。

若干の嫌々感と照れが有りつつも、しかし毅然と職務を全うした私。

 

もう20年以上も昔の話です。

今ではすっかりおっさんな私も、当時は美女になっていた!

そんな記憶と妄想と期待とが私の背中を押し、ついにテープを再生したのです。

 

私は静かに停止ボタンを押しました。

そして黙ってテープを取り出し、粉砕しました。

 

画面に映っていたのは真実の私。

f:id:sakatsu_kana:20171120105726j:plain

 

記憶というのは自分の都合の良いように改ざんされてしまいます。

ご注意ください。

20数年前に録音したカセットテープが出てきた

どうも、坂津です。

私は高校時代、演劇部に所属しておりました。

演劇部時代のざっくりした流れはコチラ。

演劇部の開場

演劇部の開演

演劇部の第一幕

演劇部の第二幕

演劇部の閉幕

 

で、当時の私たちが夢中でやっていた遊びがありまして。

それが『ラジオドラマ収録』です。

要するにラジカセで声を録音するだけなのですが、これが完全アドリブなのです。

タイトルと配役とスタート時の状況だけを決め、録音ボタンを押したらあとはノンストップでアドリブの掛け合いを続けるのです。

 

ルールは簡単。

先に言ったモン勝ちで設定が決まる。

既に決定された設定を否定するのは原則としてNG。

羞恥心を廃棄してから臨む。

60分以内(120分テープの片面)に、タイトルに辿り着く。

これだけ。

 

f:id:sakatsu_kana:20171118162705j:plain

 

ちょっと前に実家で物置をごそごそしてたら、そのときのテープが数本出てきました。

怖いもの見たさ、いや聞きたさで、カセットテープが再生できるコンポを引っ張り出し、どうにか起動することができました。

恐る恐る再生すると、懐かしい声が耳に響きました。

 

 

■タイトル

『秘密のエルボー』

■登場人物

旦那様

ご夫人

召使い

行商人

ラクダ

■場面設定

何かの目的で砂漠を歩く夫婦と召使いがラクダに乗った行商人と出逢う。

 

 

ご夫人「ねぇあなた、わたくし喉が渇きましたわ」

旦那様「そうだな。おい、水を出せ」

召使い「ありません」

旦那様「はぁっ!?」

ご夫人「無いってどういうコトよ!」

召使い「さっき飲んだので最後です」

ご夫人「さっき!?それっていつよ!私は飲んでないわ!」

召使い「私がさっき飲んだんです」

旦那様「お前かよ!」

召使い「喉が渇いていたもので」

ご夫人「もういいわ。お金をあげるからお水を買ってきてちょうだい」

旦那様「しかしお前、この辺に店なんて無いぞ?」

ご夫人「私は一言もこの辺で、とは言ってませんわ」

召使い「少なくとも半日は歩きませんと店はありませんよ?」

ご夫人「お前がお言いでないよこのロクデナシ!」

召使い「あれ?」

旦那様「どうかしたのか?」

召使い「あちらをご覧ください旦那様。行商人です」

旦那様「おお!なんという幸運か!お前、早く言って呼び止めてくるんだ!」

召使い「ですってよ奥様」

ご夫人「行くのはお前だよこのスットコドッコイ!」

召使い「へ~い」

ご夫人「ねぇあなた!あの召使い今すぐクビにしてちょうだい!」

旦那様「まぁそう言うなよ。あいつとは長い付き合いじゃないか」

ご夫人「いいえ!今日という今日は堪忍袋が燃え尽きましたわ!」

旦那様「そ、そうか・・・ではあいつが帰ってきたら伝えようかな」

召使い「おお~い」

行商人「まいどっ」

召使い「おい、水を売ってくれ」

行商人「そいつぁできねぇ相談だな」

召使い「は?」

行商人「その売るための水を、これから汲みに行くところさ」

召使い「なんだって。どこまで行く気だ?」

行商人「ここからラクダで丸一日はかかるオアシスさ」

召使い「なんてこった」

行商人「ま、だから諦めてくれ」

召使い「そうはいかん。このまま手ぶらで帰ったら俺が怒られる」

行商人「そんなこたぁこっちには関係ない」

召使い「いや、頼むからお前の口から水は無いと言ってくれ」

行商人「そりゃ構わんが」

召使い「と言う訳で旦那様、水は無いんだそうで」

行商人「そういうワケだから、諦めてくんな」

旦那様「しかしお前、ラクダで丸一日の距離をこれから行くんだろう?」

行商人「そうでさぁ」

ご夫人「だったらお水くらい持っているでしょう?」

行商人「これは俺が飲む水だ。売りモンじゃねぇんだよ」

旦那様「そうか、そうやって値段を吊り上げる気か!」

行商人「そんなこたぁ無い。いくら積まれたってこの水は売れねぇよ」

召使い「ではこうしましょう。奥様を差し上げますので水と交換してください」

ご夫人「はっ!?」

行商人「美女なら考えたが、コイツぁ要らねえな」

ご夫人「はっ!?」

旦那様「頼むから貰ってくれんか?」

ご夫人「はっ!?」

ラクダ「この状況における水の価値との比較ですから、そんなに気にすることないですよ奥様」

ご夫人「はっ!?」

召使い「お前しゃべれんのかよ!」

旦那様「ラクダお前しゃべるのか!」

行商人「お前は黙ってろラクダ!」

ご夫人「全員そこに正座しろ!」

ラクダ「えっ?私もですか?」

ご夫人「いいかてめぇら、コレが何か分かるな?フリントロック2バレルだ!死にてぇやつから前へ出ろ!」 

旦那様「お、お前・・・いつの間にそんなものを」

召使い「奥様落ち着いてください」

行商人「良く見たらあんた良い女じゃないか」

ラクダ「あの、私の正座、これで合ってます?」

ご夫人「黙れクソどもが!まず旦那ぁ!てめぇさっき何て言った!?」

旦那様「頼むから水を譲ってくれと言った」

ご夫人「あら?そうでしたの?私ったらごめんなさいっテヘ☆」

召使い「あー!旦那様ずっりー!」

旦那様「うるさい!この世は知恵と金だ!」

ご夫人「次はてめぇだ召使い!さっき何て言った!?」

召使い「奥様を差し上げるので水をくれと」

旦那様「そこは上手く嘘つこうよ!」

行商人「お前マジ不器用だな!」

召使い「私にはそれだけの価値が、奥様にあると考えておりましたので」

ご夫人「まぁ♪なるほど確かにそうね。ありがとう」

旦那様「おいお前やるなぁ」

召使い「へっへっへ。この世は機転と度胸ですぜ」

ご夫人「じゃあやっぱ死ぬのはてめぇか行商人!」

行商人「いやいやいやいや、ちょっと待ってよ奥さん!じゃあナニ?俺は水とあんたを交換しても良いって言うのか?」

ご夫人「そうよ!水と私を交換するか、今ここで死ぬか、どっちなの!?」

ラクダ「あの、私そろそろ足がしびれてきたんですけど」

召使い「まだ正座してたのか」

行商人「仕方ない。死ぬよりマシか。いいぜ、ほら、水だ」

旦那様「やったー!」

召使い「ひゃっほー!」

行商人「じゃあ奥さん、これからあんたは俺のものだぜ」

ご夫人「仕方ありませんわね」

ラクダ「それは人としてどうかと思いますよ?」

行商人「黙れ動物!」

ラクダ「ひどい!」

召使い「じゃあ水も手に入ったことだし、帰りましょうか旦那様」

旦那様「ああ、妻とも縁が切れたことだし、帰るか」

行商人「ちょっと待った」

旦那様「ん?」

行商人「おいお前、名前はなんて言うんだい?」

ご夫人「エリスよ」

行商人「よしエリス、こいつらを撃ち殺せ」

旦那様「はっ!?」

召使い「ちょっ!えっ!?」

エリス「なぁるほど。ここでこいつらを殺れば水も失わずに済む。街に帰れば保険金も遺産も私のものだわ!」

行商人「おいおい、俺たちの、だろ?」

エリス「あらごめんなさい。うっかりしてたわオホホホ」

ラクダ「私の取り分も忘れないでくださいね」

行商人「うるせぇぞケモノ!」

エリス「そうよ!四足歩行にあげるお金なんて無いわ!」

ラクダ「ほほぅ・・・この砂漠で私に盾突くと言うのだな?」

行商人「え?」

エリス「な、なによ急に怖い声出して」

旦那様「うわぁ!ラ、ラクダが、巨大化していく!」

召使い「しかも変形している!せ、背中のコブが5つもあるぞ!」

ラクダ「え、私そんな姿になってるんですか?」

旦那様「なってるよ!怖い!」

ラクダ「浅ましい人間どもよ!その欲にまみれた面の皮が干からびるまでこの砂漠をさまよい続けるが良い!砂漠でラクダを敵に回すことがどれだけ愚かなことか、思い知れ!」

行商人「エリス!こいつを撃ち殺せぇ!」

ラクダ「遅い!ラクダパンチ!」

エリス「ああ!銃が!」

ラクダ「追撃のラクダキック!」

エリス「ぐぼあっ!」

ラクダ「あ、奥様に当たるのね」

行商人「俺かと思ったけど助かったぁ・・・」

ラクダ「安心するのは早いぞラクダエルボー!」

行商人「ぎゃあああ!」

ラクダ「悪の栄えたためし無し」

召使い「ラクダ殿、あなたのエルボーとは・・・どの部分なのですか?」

旦那様「ワシもちょっと不思議だった」

ラクダ「ここ、ここだよ」

召使い「あ~、そこ!そこがエルボーなのですか!」

旦那様「へぇー!初めて知った!すげぇ!ラクダのエルボー!」

ラクダ「皆には秘密にしといてくださいね」

 

 

ちなみに、私はラクダ役でした。

妻が居ない真っ暗な家に帰る日々

どうも、坂津です。

最近は家に帰っても、家の中が暗いのです。

雰囲気がってコトじゃありませんよ。

灯りが点いてないってことです。

そして寒いんです。

心がってコトじゃありませんよ。

室温が低くて凍えるってことです。

f:id:sakatsu_kana:20171117161027j:plain

 

そう。

 

妻よりも私の方が早く帰宅しているからなのです。

 

妻が専業主婦として家のことを全部やってくれていた今までは、私は明るく温かい家に帰るのが当たり前でした。

しかし、妻の仕事が本格稼働し始めたここ数日、私が帰る方が早いのです。

私の帰宅時間が前倒しになっているわけではありません。

妻の帰宅が遅いのです。

 

 

帰ったらまず最初に部屋に暖房を入れます。

次に洗濯物を取り込んで、たたんで所定の位置に収納します。

そして夕飯の用意をします。

もちろん美味しい物を手早く作るなんてスキルは私にはありませんので、帰りに購入した惣菜をソレっぽく皿に移し替えてラップをかけるだけです。

その後ちゃちゃっと入浴を済ませます。

だいたいこのタイミングで妻が帰宅します。

 

妻「ただいま~」

私「おかえりっおかえりっ」

妻「あ゛ー・・・」

私「The ラブやん of the Dead ?」

妻「絶賛ゾンビ中だよもう・・・」

私「お疲れお疲れ」

妻「・・・ちょっと聞いてくれる?」

 

ここから妻の愚痴をおかずにディナータイムです。

そして妻の愚痴を肴に晩酌です。

 

私「ホントひどい会社だねぇ」

妻「でしょっ!? 旦那もそう思うでしょ!?」

私「思う思う。それ企業として先が長くない気がするね」

妻「だよね!? 何にも分かってないし気付いてない!」

私「誰かに迷惑かかるとか何も気にせず、辞めちゃえば良いからね?」

妻「うん!ホントもうやってらんねぇ!」

私「やって蘭姉ちゃんだよね、ホント」

f:id:sakatsu_kana:20171117134043j:plain

妻「あのツノでブッ刺してやろうかしらホント」

私「大変だねぇラブやん。まぁ飲んで飲んで」

妻「んぐっんぐっ・・・ぷはー」

私「明日も早いの?」

妻「うん・・・片付けなきゃいけないこといっぱいなの」

私「んで帰りも遅いの?」

妻「たぶん、今日と同じくらいかなぁ・・・」

私「そっか、大変だ。じゃあ早く寝なきゃね」

妻「うん。お肌荒れちゃう・・・」

私「そんなに疲れた顔してるのに、上司は気付いてくれないんだね」

妻「そこなんだよ腹立たしいのはッ!!」

私「そコナンくんだね、お腹立ちポイントは」

f:id:sakatsu_kana:20171117134918p:plain

妻「麻酔針で眠らせてキック力増強シューズを口に詰め込んでやる!」

私「あ、蹴るんじゃないんだね」

妻「そもそもあの上司、体は大人で頭脳は子供すぎる!」

私「それ逆やないか工藤ッ」

妻「お前もそう思うだろ服部ッ」

私「目の前のことが見えて無いのかねぇ」

妻「何の事件も解決しねぇ!目の前のヒントにも気付かねぇ!」

私「無能にも程があるね」

 

こうして妻のガス抜きをしていると、短針が右に傾く時間が近付いて参ります。

 

最近はめっきり寒くなりましたので洗濯は屋内夜干し制度を敷いています。

洗濯機にすすぎ1回コースでの洗浄を命じます。

干したあとは乾燥用送風機に首振り運転を命じます。

同時に除湿機を起動し洗濯物の乾燥を助長します。

 

あとは歯を磨いて寝室へ。

今までだと、妻が先に寝室に行った場合でも必ず布団の中でスマホをいじっていました。

しかし今は早くも寝息を立てていたりします。

よほど疲れているのでしょう。

 

11月は、本来であれば私たち夫婦にとって心ウキウキのイベントが盛りだくさんなのです。

ノヴェッロ(イタリアの新酒)の解禁があり(正確には10/30ですが)、妻の誕生日があり、ボジョレーの解禁があり、私の誕生日があるのです。

それなのに今年の11月の妻は疲労感と悲壮感たっぷりなのです。

どうにかして癒してあげたいのですが、私にできることなど何もありません。

本当は私がもっと早く帰って掃除とかできれば良いんですけど、それも難しく。

 

ただ、こんな状況になって初めて「人が居る家に帰る」ことが例えようも無いほど幸せなことだったのだと思い知ったので、とりあえず妻より少しでも早く帰り、家を明るく暖かくしておくことだけでも続けていこうと思います。