『かなり』

ハロウィンとクリスマスの移行期

【スポンサーリンク】

奈良漬クリア

どうも、坂津です。

私史上では初となる、驚きの『超変化』がありました。

なんと『奈良漬が美味かった』のです。

読者様には「何を言ってるのか分からねぇ」だと思います。

しかし、私にとってこの変化は重大かつ歓喜の変化なのです。

半年ほど前に、こんな記事を書きました。

ザックリ言えば

・人間の味覚は経年と共に変わるよね

・今は嫌いな味もいつか好きになるかもしれぬ

・だから嫌いな物も年に1回くらいチャレンジしようよ

というような内容です。

  

何を隠そう私、奈良漬が嫌いでした。

食わず嫌いではなく、ガッツリ何度も食べてそれでも嫌いだったのです。

ですが諦めずに頑張って奈良漬チャレンジを継続した結果、とうとう半年前に『不味さ50%、美味さ50%』の境地にまで到達したというのが上の記事です。

 

で、冒頭で申し上げた変化です。

 

40歳を迎えた節目の日、せっかくなので挑戦してみた奈良漬ちゃん。

 

創業127年 老舗 春鹿の本格奈良漬け 300g 箱

創業127年 老舗 春鹿の本格奈良漬け 300g 箱

 

 

すると・・・。

 

「んっ?・・・んんん???・・・こ、これは・・・?」

 

「んまいィィ!?」

 

半年前まで拮抗していた『美味しさ』と『不味さ』のバランスが激変していました。

一気に美味しさ方向へ天秤が傾いているのです。

恐る恐る2枚目の奈良漬に箸を伸ばす私。

何か得体の知れない謎パワーによってさっきの1枚だけが美味しくなっていたという可能性を否定するために。

 

「・・・間違いなく、美味い」

 

どうやら私は奈良漬の美味しさが分かる舌を手に入れたようです。

やはり私のこの『嫌いなものでも定期的に食べる』という行為は大正解でした。

 

よし、次はチョコミントだッ!