『かなり』

ハロウィンとクリスマスの移行期

【スポンサーリンク】

ミルク饅頭の食べ比べ

どうも、坂津です。

大阪に出張したので、妻にお土産を買って帰りました。

ご存知の方も多いと思いますが『月化粧』というおまんじゅうです。 

妻「わぁ!ありがとう!美味しいやつ!」

私「これ美味しいよね。2番目に好きだ」

妻「ん?じゃあ1番目に好きなのは何?」

私「『通りもん』に決まってんじゃ~ん」

妻「結局同じようなのが好きなんだねw」

私「え、なに言ってるの全然違うじゃん」

妻「旦那が味の違いを区別できるって?」

私「月化粧と通りもんは全く別物だから」

妻「ふ~ん・・・」

 

という会話があった数日後、妻が私に仕掛けてきました。

 

妻「本当に違いが分かるか確かめる実験」

私「えぇ~っと、何のことでしょうか?」

妻「月化粧と通りもんとミルク餡まんね」

f:id:sakatsu_kana:20181022104145j:plain

そう言いながら妻は個包装されたお菓子を机の上に並べていきます。

なんということでしょう。

いつの間にか『月化粧』に加え、『博多通りもん』と『ミルク餡まん』が揃っています。

一時、セブンイレブンのミルク餡まんと博多通りもんがそっくりだという話題がありましたよね。

そのことを覚えていて、この実験に加えてくるという妻の手腕に舌を巻きつつ、冷や汗が流れます。

 

私「えっと、これ食べれば良いのかな?」

妻「ただ普通に食べるだけではダメです」

私「だよねぇ。まさかの利き通りもん?」

妻「Exactly(その通りでございます)

 

私は心の中で慌てました。

正直、セブンのミルク餡まんは食べたこと無いですし、月化粧と通りもんの違いもよく分かっていません。

そんな私をよそに、妻は流れるような手さばきで個包装を開け、3種類のおまんじゅうを並べました。

f:id:sakatsu_kana:20181022105154j:plain

私は心の中で歓喜の声を上げました。

(しめた!見た目に差がある!これなら舌で分からなくても目で分かるぞ!)

 

生地が薄いのか、中身の餡のでこぼことした形状が表面に浮き出ていて、色が濃いのが『通りもん』で、同じような形状だけど色が薄いのが『ミルク餡まん』で、キレイなドーム状なのが『月化粧』です。

やった!これで勝つる!

 

すると妻は三種の饅頭が乗ったお皿を持ってキッチンへ。

きっと場所をシャッフルして持ってくるんだろうな。

可愛い奴め。

 

と思っていたら、こんな状態で帰ってきました。

f:id:sakatsu_kana:20181022105807j:plain

なんか商品の宣材写真みたい。

 

妻「記事にするでしょ?写真映えも大事」

私「女神か!どんだけ気が利くんだよ!」

 

妻は私に味覚勝負を仕掛けつつも、この実験がブログ記事として成立するようにと気遣ってくれていたのでした。

お陰さまで断面画像が用意できたのでご確認ください。

 

想像通り薄手の生地で、上部も下部も厚みが均一になっています。

生地はしっとりとしていて柔らかく、餡はきめが細かいです。

f:id:sakatsu_kana:20181022110241j:plain

 

全体的に生地の厚みが不均一で、厚いところと薄いところが見られます。

餡は少しだけ粒子が粗いように見えます。

f:id:sakatsu_kana:20181022110448j:plain

 

厚めのしっかりした生地で、他の二種よりも乾燥しています。

餡と生地に隙間があり、餡だけ取り出すのが容易な感じです。

f:id:sakatsu_kana:20181022110607j:plain

 

外見にこれだけの違いがあるのです。

もうどれだけシャッフルされたところで間違えるハズがありません。

私の味覚を確かめる実験などと言いながら、実は優しい妻。

花を持たせてくれる気満々じゃないですか。

愛してるぜちくしょう(*´ω`*)

 

妻「じゃあシャッフルしてくるね」

私「あいよ!良く混ぜてきてね!」

妻「はぁ~いお待たせ!どうぞ!」

どんっ

f:id:sakatsu_kana:20181022111059j:plain

私「ッッッッッッッ!!!???」

妻「どれがどれか当ててください」

私「こ、こんなの、よ、余裕だよ」

 

どんだけ手が込んでるんだよ妻。

テレビ番組とかで違いが分かる人がチャレンジするような様式じゃんこれ。

スプーンを持つ手の震えがバレないように平静を装いつつ、私は三種の餡を口に運びます。

Aは、口に入れた瞬間に白餡の味で、その奥にうっすらとミルク感がありました。

Bは、かなり強めのミルク味を感じます。

Cは、味はAに近いのですが少し粉っぽい感じがします。

 

まずBだけが突出してミルク感が強いので、きっとこれが『ミルク餡まん』だろうと決めつけました。

問題はAとBのどちらが『通りもん』で『月化粧』なのか。

そして、Cに感じた若干の粉っぽさを、私は生地の違いであると判断しました。

 

私が出した結論は

A『博多通りもん

B『ミルク餡まん』

C『月化粧』

でした。

つまり、順番は初期のまま入れ替えられていないと踏んだのです。

 

妻「ではそれでFFファイナルフラッシュ?」

私「なんでベジータ様なんだよ」

妻「・・・・・残ぁ念んずぁぁんねんッ!!」

 

またしても残念味覚を披露してしまい落ち込む私に、妻は優しく声を掛けました。

 

妻「でも、Aが通りもんは合ってるよ」

私「マジで!?じゃあBが月化粧!?」

 

どうやら正解は

A『博多通りもん

B『月化粧』

C『ミルク餡まん』

ということでした。

 

つまり私が感じたBの強いミルク味は月化粧のものだったということです。

正直なところ、餡だけで言えば最も好みの味でした。

しかしおまんじゅうとは『生地と餡の掛け合わせ』こそ最重要。

生地ごと食べたときの坂津ランキングで言えば、通りもんが1位でした。

 

それにしても、通りもんとミルク餡まんの近さよ。

通りもんと月化粧は『似て非なる』と言えるだけの違いを感じることができました。

しかし通りもんとミルク餡まんについては『ほぼ同じ』としか言いようがありません。

目の前に二種類あるから差を感じ分けようと味覚に集中し、やっぱり通りもんの方が美味しいねという結論に至りますが、特に何も言われずに剥き身の状態で『はいコレ通りもん』と言われてミルク餡まんを食べさせられても、気が付く人は居ないと思います。

 

結果は残念でしたが、食べ比べという企画自体はとても面白かったので、他にも『コレとコレが似てる』というような商品があれば試してみたいと思います。