『かなり』

ハロウィンとクリスマスの移行期

【スポンサーリンク】

ファルコンが来たよ

どうも、坂津です。

私には夢がありました。

あまり現実的では無い幻想のような夢。

子供のころに観た映画の影響なので仕方ないのですが。

 

仕事を終えた私が帰宅すると、妻が両手の人差し指をつんつんと突き合わせながら、伏し目がちにおずおずと出迎えてくれました。

完全に何かをしでかした時の態度です。

でもその仕草があまりにも可愛いので絶対に許します。

というかそもそも妻視点での『やらかした』は大抵の場合、私視点では『無問題』なのです。

 

妻「お、おかえりなさい…あのね…」

私「ただいま。さぁ、話してごらん」

妻「高い買い物をしてしまいました」

私「えっ!?まさか、馬とかっ!?」

妻「え、馬って買えるの?いくら?」

私「サラブレッドだと何千万とか?」

妻「そんな買い物はしておりません」

私「じゃ何だろう、ゾウガメかな?」

妻「違うけどゾウガメは何円なの?」

私「大きい成体だと百万円くらい?」

妻「そんな買い物はしておりません」

私「じゃあ何?カワウソ?コブラ?」

妻「まず生き物から離れてみようね」

私「まぁとにかくいくらだったの?」

妻「5万円くらいの買い物でした…」

 

ほらごらんなさい。

妻は私に無断で衝動買いしてしまったと悔いているようですが、馬でもゾウガメでも無いんなら別に私は怒りませんよ。

 

私「何も怖くないから見せてごらん」

妻「それではこちらをご覧ください」

 

f:id:sakatsu_kana:20181017094316j:plain

 

私「ファルコォォォーンッッ!!!」

妻「はっ?えっ?何?ふぁるこん?」

私「幼き頃からの夢が今目の前に!」

妻「何を言ってるのか分からねぇ…」

 

私が子供の頃に夢見たこと、それは『アトレイユになってファルコンに乗る』でした。

妻にとっては単なる『毛足の長いラグ』かもしれませんが、私にとってこの光景はもう、あの光景に脳内変換されてしかるべき画なのでした。

f:id:sakatsu_kana:20181017094954j:plain

これね、この画。

 

そしてもちろん、これも必要な儀式です。

f:id:sakatsu_kana:20181017095253j:plain

これね。

これがやりたくてやりたくて仕方なかったのです。

 

もはや気分はアトレイユ(39)です。

このシーンを思い浮かべ浸りながら左手を伸ばします。

f:id:sakatsu_kana:20181017095405j:plain

『ふぁふかぁ・・・』

 

私「ぅぅうおおおおおおぉぉぉッ!」

妻「うるせぇ!喜び過ぎだろ旦那!」

私「ラブやんありがとう!マジで!」

妻「ま、まぁ旦那が良いなら良いか」

私「今日からこいつはファルコンな」

妻「ええけど」

 

こうして妻が衝動買いしたムートンラグは、私によってファルコンと命名されました。

お風呂上がりにファルコンの上に寝そべって撫で撫でするのが日課になりそうです。