『かなり』

ハロウィンとクリスマスの移行期

【スポンサーリンク】

美味しい出会い

どうも、坂津です。

妻から私に対し「是非とも旦那に食べてもらいたいホットドッグがある」という陳情がありました。

陳情:目上の人に、実情や心情を述べること。特に、中央や地方の公的機関、または政治家などに、実情を訴えて、善処してくれるよう要請すること。

言葉のチョイスを間違えましたね。

陳情ではありません。

愛する妻からのお誘いに拒絶の意を返す夫がこの世に居るだろうか?

いや、居ない。

かく言う私も例に漏れず、即座にそのホットドッグ屋さんへ向かったのでした。

 

妻曰く「ここ数年で最高の出来。パンの香ばしさとソーセージのジューシーさが素晴らしいバランスは絶にして妙」と評価するホットドッグ。

それは、ホットドッグ屋さんではなくコーヒー屋さん、つまりカフェのメニューでした。

BESSO COFFEE ROASTERS |

アラフォーのおっさんには場違いな空気すら感じてしまうシャレオツなカフェで、妻は何の躊躇もなくホットドッグを発注しました。

 

そして供されたのが、コチラです。
f:id:sakatsu_kana:20181008080919j:image

私「すっげぇボリューム!めちゃ美味しそう!」

店「お好みでチリソースとマスタードをどうぞ」

妻「ほらほら、冷めないうちに食べちゃおうね」

私「ぅんんまぁーいッッッ!なにこれすげぇ!」

妻「フライドオニオンがめっちゃ美味しいよね」

私「上に乗っかってるパラパラしたやつの事?」

妻「そう。食感と風味が良くて満足度が高いね」

私「このチリソースってやつもめちゃ美味しい」

妻「旦那は辛いの好きだもんね。良かったねぇ」

私「フライドオニオンとチリソース欲しいねぇ」

妻「売ってるよ?」

私「は?マジで?」

 

私はとしては『売ってるわけない』という思い込みで発した軽いジョークのような一言でしたが、妻はサラリと回答、いや快答を出してくれました。

インポートショップに行けば買えるらしいのです。

これはもう行くしかないですよね。

 

で、行ってきました。

買ってきました。
f:id:sakatsu_kana:20181008080937j:image

まさかこんなに簡単に手に入るとは。 

フラインググース シラチャー・チリソース 200ml

フラインググース シラチャー・チリソース 200ml

 

さぁコレを使って早速おうちでも美味しいホットドッグを作るのだ!

 

妻「パンもソーセージも無ぇからな」

私「そうだったああぁぁぁぁッッ!」

 

何と言うことでしょう。

パンとソーセージが無ければホットドッグは作れません!

パンが無ければお菓子で作れば良いというワケにもいきません!

 

私「よし、豆腐にかけよう」
f:id:sakatsu_kana:20181008080954j:image

ホットドッグとはかけ離れたものでしたが、びっくりするくらい美味しい冷奴ができました。

これ『オニオンチリやっこ』とかってメニューとしてお店で出てきても違和感無いぜ?

 

しかし悲しいかな美味しい物は一瞬で無くなってしまいます。

いや現実には皿から胃袋に移動しただけで無くなってはいないのですが。

 

私「もっとチリソースを味わいたい」

妻「でもお豆腐はもう無いからね?」

私「何か合う物が無いでしょうか?」

妻「危険物だが、コレはどうだい?」
f:id:sakatsu_kana:20181008081004j:image

私「な、なんて恐ろしいものをッ!」

妻「これを食べる勇気はあるかい?」

私「さすがに夜中のポテチとかもう」
f:id:sakatsu_kana:20181008081014j:image

私「背徳過ぎて震えるぞハート!」

妻「燃え尽きないけどな脂肪は!」

 

こうして新たな美味しいやつを見つけてしまった喜びのあまり、禁忌を犯して食べまくってしまったのでした。

でもこんなん誰だって我慢できひんやろーッ美味しすぎやもんー!!