『かなり』

夏の気配が・・・消えた・・・?

【スポンサーリンク】

代行サービス

どうも、坂津です。

新居への引っ越しに伴い、様々な方面へ『住所変更手続き』をしなければなりません。

住民票を移して運転免許証の住所変更を行い、保険関係各社と郵便局への転居届けは完了しました。

しかしそれ以外はまだ何もできていません。

たぶん車庫証明とかパスポートとかクレジットカードとか、まだまだ色んなトコロへ変更手続きをしなきゃならないんだと思うんです。

なのですが、ちょっともう考えるのを放棄したいほど疲れておりまして。

もしお金で解決できるコトなんだったらそうしてしまいたいと思っています。

こーゆーのって、行政書士さんとかにお願いしたら代行してくれるんですかね?

 

さてこのように、面倒くさいケドやらなきゃならないコトをそれなりの対価で代行して欲しいという需要は尽きないものです。

ちょっと前では考えられないような代行サービスが現在では普通になっている例も多々あります。

家事代行サービスとか。

昔はごく限られた富裕層、特権階級だけに認められた所行というイメージでしたが、今では一般家庭でも普通に利用しますよね。

きっちり仕事してくれるのに価格もそこそこで、自分でやるのが面倒な人にとっては最高のコスパです。

それからお墓掃除代行とか。

ご先祖のお墓のメンテナンスは子孫の務めという強迫観念も薄らいできた昨今、しかしそれでも我が家のお墓が荒れ放題というのは気持ちの良いものではありません。

その辺をお金で解決できるのなら、それはそれで安い物でしょう。

 

他にも。

ちょっと「は?」と二度見してしまうような代行サービスも存在します。

 

結婚式出席代行サービスとか。

これ、どーゆー人が利用するんだろう?

親族が少ないから見栄え重視の人数合わせ的な感じなのかな?

 

セミナー出席代行サービスとか。

自分で出席して勉強しないとセミナーの意味無ぇだろ!

あ、参加者が多いと見せかけるための主催側が利用するのかな?

 

謝罪代行サービスとか。

一緒に土下座をしてくれる人が派遣されてくるのか・・・。

組を脱退したいから一緒に謝ってほしいとかでも良いのかな。

 

他にも友人代行で一緒に遊んでくれたり、彼氏彼女代行でデートしてくれたり、まぁよくそんなの思いついたねって代行がめっちゃあります。

 

あ、ちなみに出典はコチラ。

family-romance.com

 

こんなにも多くの『代行』が存在し、需要があるというのがちょっと怖くも感じます。

もしかしてあの日、私に謝りに来たあの人は、実は本人じゃなくて謝罪代行サービスの人だったりして?

もしかして友達が多いことで有名なアイツの周りに居たのは、友人代行サービスの人たちだったりして?

もしかしてオフ会で顔を合わせた人たちに本人は存在せず、全員オフ会代行サービスの人だったりして?

 

もう何も信じられなくなってきました。

目の前に居て直接話している相手ですら、もしかしたら代行の人かも知れないなんて。

とは言えそれが現代です。

現実から目を背けるばかりでは何も得る物は無く、前に進めません。

私は認識し得る全てが代行であったとしても構わないという覚悟をキメました。

 

よろしい、ならば代行だ。

 

私も様々な代行サービスを利用する側になってしまえば良いのです。

そのためにまず、私が欲する役割を代行してくれるサービスを探すところから始めなければなりません。

 

・毎日パズドラログイン代行サービス

もう本当ね、コレ、代行をお願いしたい。

1日1回のログインと、新規ダンジョンのクリアだけやってくれれば良いから。

 

・FGOのイベント周回代行サービス

イベントの高効率クエストをじゃんじゃん周回してて欲しいのよ。

APがカンストしないように見張るのも大事な役目だぞ。

 

・パスワード記憶代行サービス

様々なWEBサイトやアプリなどで設定したアカウント名とパスワードを記憶してくれ。

利用初日から1週間も経過するともう再ログインできないこと山の如し。

 

・シャワー止める出す代行サービス

私ね、洗髪中にシャワーを止められないんです。

シャンプーで髪をわしゃわしゃしてる間もお湯が出っ放しなんですね。

勿体無いな~とは思いながら、でも止めちゃったらもう自分で出せないんですよ。

目ぇ閉じちゃってるので。

なので私がシャンプーしてる間はシャワーを止めたり出したりするの代行してくれませんか?

 

・コンビニおにぎり選択代行サービス

時間が無くて止むを得ずコンビニのおにぎりで食事を済ませなきゃならないコト、ありますよね。

それなのに、いざ売場に行くとどれを選んだら良いのか分からなくなるんです。

じっくりと自分の胃に、舌に、何を食べたいのかを問い掛けるんですが、一向に返事が無いんですよね。

そもそも時間が無いからこの手段に出ているので、ここで迷ってる時間なんか無いんです。

人思いに「ハイこれ」って選んでくれる代行サービスありませんか?

 

・プライムビデオ視聴代行サービス

せっかくプライム会員なのに、全っ然プライムビデオが観られないんですよ。

勿体無いですよね。

なので誰か代わりに観てください。