『かなり』

ハロウィンとクリスマスの移行期

【スポンサーリンク】

似たような商品だからこそ違いをしっかり把握すべし

どうも、坂津です。

今日から9月!

2018年も3分の2が過ぎ去りましたね!

マジか!やべぇ!

 

さて、割と本格的な腰痛を患ってから半月が経過しました。

具合は一進一退を繰り返すばかりで、全体的に見ると一向に良くなっていない感じです。

 

とりあえずドラッグストアで購入した『アリナミンEX ゴールド』を2週間くらい継続服用していますが、特に目立った改善は見られません。

当然、このようなビタミン剤は効果の目安として1ヵ月の継続服用が求められますから、私の2週間はまだ折り返し。

もちろん後半戦も飲み続けますよ。

 

そんなことより気になったのはコレを購入したドラッグストアの店員さんとの会話なのです。

 

坂津「すみません、酷い腰痛なのですが」

店員「腰痛ならコレですよ!」

坂津「アリナミンEX PLUS α?」

店員「元気も出るし肩こりにも効きますよ!」

坂津「でもコンドロイチンとかグルコサミンとか入って無いですよね?」

店員「痛みの原因は神経のキズなので、ビタミンB12が効くんです!」

坂津「でもアリナミンEX PLUS αに入ってるビタミンB12はシアノコバラミンですよね?神経のキズに効果的なビタミンB12って活性型の方で、メコバラミンじゃないですか?アリナミンでメコバラミン配合だとEX PLUS αじゃなくてEX GOLDだと思いますけど?」

店員「・・・」

 

昔取った杵柄が役に立って良かったと思いました。

まだ若い店員さんでしたし、きっと覚え違いをしていたんでしょうね。

どれも似たようなパッケージで種類も多く、イマイチ違いが分からないものなんですよ、ビタミン剤って。

アリナミンシリーズは、テレビCMなどでも昔からジャンジャン流れていましたので、名前だけは誰しもが知っている有名なビタミン剤だと思います。

でも、商品ごとの違いについて理解しているかと問われると、難しいですよね?

そもそも何種類あるのかもご存知ない方のほうが多いんじゃないでしょうか。

ドリンク剤もあるんですが、錠剤だけに絞ったとしても実は6種類もあります。

今回はその中でも、ドラッグストアなどの店頭で普通に陳列されている4種類について比較してみたいと思います。

 

アリナミンシリーズ(錠剤)比較
 

f:id:sakatsu_kana:20180831132554j:plain

EX GOLD

f:id:sakatsu_kana:20180831132614j:plain

EX PLUS α

f:id:sakatsu_kana:20180831132622j:plain

EX PLUS

f:id:sakatsu_kana:20180831132803j:plain

B1 100mg 100mg 100mg 100mg
B2 - 10mg - 12mg
B6 - 100mg 100mg 20mg
B12 - 1500μg 1500μg 60μg
- 100mg 100mg -
パントテン酸カルシウム - 30mg 30mg 15mg
B6(活性型) 60mg - - -
B12(活性型) 1500μg - - -
E(天然型) 100mg - - -
葉酸 1mg - - -
ガンマオリザノール 10mg 10mg 10mg -

alinamin.jp

※分かりやすさを重視するため、厳密な成分名での記載にはしていません。正式名称とその効果効能については上記オフィシャルサイトでご確認ください。

 

この表だけ見ても「は?」ってなりますよね。

分かります。

私も職務上で必要だったから覚えただけで、全く関わりの無い仕事をしていたらさっぱり意味不明だったと思います。

ただ、配合量だけの差じゃなく、そもそも成分が違うのがあることだけ伝わればと思います。

EX GOLDだけ、成分に(活性型)とか(天然型)とか入ってますよね。

正確に言うと面倒くさいので大雑把に分かりやすく言えば、それぞれの上位互換成分が配合されているんだと思ってください。

 

ちょっと乱暴ですが端的に表現するのならば

アリナミンAは、元気になるよ』

『EX PLUSは、めっちゃ元気になるよ』

『EX PLUS αは、EX PLUSよりちょっとだけ元気になるよ』

『EX GOLDは、元気になる上に傷ついた神経を修復するよ』

という感じです。

 

坂津「と言うわけで、アリナミンならEX GOLDが最適かと」

店員「何者?」

坂津「昔ドラッグストアで働いてたことがありまして」

店員「じゃあ何で聞いたの?」

坂津「私が知らない最新のがあるかと思ったので」

店員「残念ながらありませんでしたね」

坂津「ちなみに湿布も欲しいんだけど」

店員「湿布は割と新しいのが出てますよ」

坂津「私はインドメタシン世代で、フェルビナクが新しいって感覚」

店員「ッ! ジクロフェナクナトリウムという成分のがありますよ!」

坂津「何ソレ何ソレ! 詳しく!」

店員「ではこちらへ!」

 

こうして店員さんと仲良くなった私は、アリナミンシリーズよりも更にややこしい、風邪薬のパブロンやルルなどについても、その違いを叩き込んだのでした。

なんて鬱陶しい客でしょうね。 

【第3類医薬品】アリナミンEXゴールド 90錠 ※セルフメディケーション税制対象商品

【第3類医薬品】アリナミンEXゴールド 90錠 ※セルフメディケーション税制対象商品