『かなり』

ハロウィンとクリスマスの移行期

【スポンサーリンク】

手品のタネあかし

どうも、坂津です。

私が緊急時によくやる手品のタネを、今日は特別にお教えしましょう。

え?

どんな緊急時かって?

いや、仕事関係で飲みに行ったりすると、どうしても『何か面白いコトやれ』的な暗黒圧力パワハラに襲われることってあるんですよね。

ありません?

ありますよね?

 

そんな時に渋々ながら「じゃあ1回だけですよ?」と言いつつ披露するのが、この手品なのです。

 

めっちゃ簡単なので、皆さんもまさかの時の為に覚えておいてください。

 

■用意する物:コイン4枚(同じもの)

例えば10円硬貨などの、見た目が全く同じものを4枚用意してください。

このとき、例えば1枚だけギザジューだとか、ピッカピカだとか、何か特徴的なのが混ざらないように注意してくださいね。

どれも見た目が同じものにしてください。

 

■手順1

まず、すごく不安そうにしてください。

「酔ってるから上手くできるかな~」

「失敗したらごめんね~」

「いや~、自信無いなぁ~」

という前フリを必ずしておいてください。

コレが後で非常に重要になります。

 

■手順2

f:id:sakatsu_kana:20180622210302j:plain

両手を広げ、コインを1枚ずつ、てのひらに置きます。

みんなに見えるようにね。

 

■手順3

f:id:sakatsu_kana:20180622210329j:plain

さっきてのひらに置いたコインを握り込みます。

そして誰か一人を助手に仕立て、握った指の上に1枚ずつ置いてもらいます。

このとき、左右の手には2枚ずつのコインが在る状態です。

 

■手順4

f:id:sakatsu_kana:20180622210520j:plain

両手を、内側に捻り込むように回転させます。

神砂嵐の要領です。

観客から見たら、手がこうなるようにします。

f:id:sakatsu_kana:20180622210803j:plain

!ここがポイント!

 

右手でも左手でも良いですが、片方の手はコインを2枚とも握り込み、もう片方の手のコインを2枚とも落とします

 

コインの位置はこうなります。

f:id:sakatsu_kana:20180622210934j:plain

 

■手順5

「あ~やっぱ失敗しちゃったよ~」

「ゴメンゴメン酔ってるから~」

「ぎゃふんっ」

などと、可愛く失敗アピールをします。

すると観客は『指の上に乗せてた2枚が落ちたんだな』と誤認します。

次に、可愛くリトライアピールをします。

「もう1回だけチャンスちょうだい」

「次はうまくやるからさ」

などと言いつつ、助手の人にもう一度コインを乗せてもらいましょう。

f:id:sakatsu_kana:20180622211441j:plain

しかし既にコインの位置はこんな感じ。

 

あとは手順4と同じ動き、つまり神砂嵐を放ちつつ、普通にコインを握り込むだけです。

 

観客は両手に2枚ずつだと思っていたコインが、手を開いてみると3枚と1枚になっていてめっちゃびっくり、というワケです。

 

これで皆さんも、宴会芸に困ったときには神砂嵐ができますね。