『かなり』

夏の気配が・・・消えた・・・?

【スポンサーリンク】

新春早々閉店セール

どうも、坂津です。

突然ですが、私はお正月休みだからといってずーっと家でゴロゴロしていたわけではありません。

ちゃんと初詣以外にもお出掛けしていたのです。

f:id:sakatsu_kana:20180109075743j:plain

ご覧ください。

小洒落たキャッフェで優雅にティータイムです。

右側のホットコーヒーが妻の。

左側のアサイースムージーと真ん中のマフィンが私のです。

アサイーとバナナとベリーとアップルが入ってるらしいです。

なんか美味しかったです。

 

さて、私は去年の大晦日から今年のお正月まで、自分の体内からアルコールを切らしたことなどありません。

そしてお酒を飲んだら車の運転をしてはいけません。

つまり、愛車では出掛けられないということです。

要するにこのお出掛けは、公共交通機関を利用しています。

 

だから、飲めるんです。

f:id:sakatsu_kana:20180109082150j:plain

連休だからといって家でダラダラと飲んだくれるのではなく、ちゃんと外出してお店で飲んだくれるのです。

私たちはそれが出来る夫婦です。

f:id:sakatsu_kana:20180109082830j:plain

なんやかんや発注した品をペロリとたいらげ、ワインのボトルも秒で空いてしまいます。

おうちで飲むのと何が違うって、後片付けをしなくて良いのが楽ですよねぇ。

そして更に何が良いって『次の店いこうか』ができるところです。

お店と気分を変えて新たな気持ちで飲み直すというのは、まるで年越しでお正月を迎えるような心機一転感があります。

 

妻「思ったよりも人が少ないねぇ」

私「これ店が開いてるか微妙だね」

妻「ぶらりと歩いて新規開拓だ!」

私「偶然の出会いって良いよね~」

妻「ねぇねぇ、アレめっちゃ綺麗」

f:id:sakatsu_kana:20180109090557j:plain

私「何で派出所が電飾されるんだ」

妻「え?お正月だからじゃない?」

私「浮かれてる?大丈夫なの警察」

 

浮世舞台の花道は、表もあれば裏もある

 

妻「うわぁ、いつの間にこんな店」

私「1年くらい前から在ったかな」

f:id:sakatsu_kana:20180109090934j:plain

妻「これ大丈夫なのかな立地的に」

私「どうも大丈夫じゃないらしい」

妻「え?あぁ・・・本当だ・・・」

f:id:sakatsu_kana:20180109091132j:plain

私「風俗より健全だと思うけどな」

妻「逆も言えるよね。知らんけど」

 

最近の若い男性で、女性に興味が無い人が増えているんだそうですね。

それってこーゆーのが充実してるからなんじゃないかなって思ってしまいます。

まぁでも鶏が先か卵が先か。

そーゆー需要があるからアイテムが充実していくのかも。

 

私「そんなことよりどこに行く?」

妻「静かなバーとかが良いよねぇ」

私「んじゃそれっぽい看板探そう」

 

こうして私たちは新たな出会いを求め、新春の夜の街を千鳥足で歩き回るのでした。