『かなり』

そーゆー文化。そーゆー国。

【スポンサーリンク】

颯爽と

どうも、坂津です。

よく考えたら今月、あの恐ろしいイベントが私を待ち構えているのです。

あ、バレンタインとかいう浮かれポンチなやつじゃないですよ?

ラソンです。

上の記事は去年のマラソンの様子を書き残したものです。

我ながらひどいですね。

しかし今年は同じてつを踏むことはありません!

なぜなら、当時より10kgも軽くなっているから!

10kgですよ?

てことは去年、2リットルのペットボトルを5本持って走ってたようなモンです。

そりゃしんどいハズですわ。

 

つまり、今の私は無駄な贅肉ぜいにくをそぎ落とし身軽になったスタイリッシュ市民ランナー!

これでもう死角はありません!

 

妻「マラソンまであと3週間くらいだっけ?」

私「うん。今年は負傷せずに帰ってくるよ~」

妻「え?そんなハズないでしょ。夢を見過ぎ」

私「だって去年より10kgも軽いんだよ?」

妻「でも全く練習して無いでしょ?舐めんな」

私「体が軽くなりさえすれば余裕だもんッ!」

妻「ほほう。じゃあ足が痛いとか無しだよ?」

私「当ったり前じゃん!スキップで帰るわい」

 

去年だって練習で1mも走ることなくぶっつけ本番でした。

それでもどうにか完走できたのです。

さらに今回はなんと、4カ月ほど前に10km走っているのです!

これでもう完全に大丈夫。

万全の準備とはこのことです。

 

妻「まぁ良いけど。でも無理はしないでね?」

私「無理をしてたのは今まで。今回は大丈夫」

妻「旦那はすぐ自分を過信して調子に乗るね」

私「そーゆーキャラだからね!それが個性!」

妻「映画とかで最初に死ぬタイプの個性だね」

 

妻は完全に私の無傷完走を疑っていますが、どう考えても体が軽い分ダメージも軽くなるはずなのです。

風を切るように身軽に走ってみせるのです。

f:id:sakatsu_kana:20180206194142j:plain

そしてとにかく私は無事に10kmを走り切ります。

そのあとで妻にドヤ顔をするのが楽しみなのです。