『かなり』

そーゆー文化。そーゆー国。

【スポンサーリンク】

住宅購入の意思決定

どうも、坂津です。

この記事の続きです。

 

妻「しっかしどうなんだろうね、この物件」

私「超絶お買い得だとは思うんだけどなぁ」

妻「4LDKで住居面積が約25坪でしょ?」

私「バルコニーもポーチも駐車場もあるし」

妻「そのへん全部足したら、うわ45坪だよ」

 

ざっくりとですが、こんなお部屋の資料を見ながら話しています。

f:id:sakatsu_kana:20180119115555j:plain

 

妻「数字を見ても広さが実感できないよね」

私「そうだねぇ。現状と比較してみようか」

妻「んむ。今のおうちは3DKだったよね」

私「今でも使ってない部屋があるけどねぇ」

 

我々夫婦が暮らしている今のおうちは、ざっとこんな感じです。

f:id:sakatsu_kana:20180119120230j:plain

『妻』と書かれた部屋は、ほとんど何にも使っていません。

特に物が置いてあることもなく、何ならそのまま誰かに貸せるくらいの空白です。

妻としては『自分専用の部屋がある』という事実があるだけで心が安らぐんだそうで、その為に私たちはここを『ラブやんルーム』と呼んでいます。

んで家に居て起きてる時間のほとんどは、リビングで過ごしています。

 

妻「掃除でしか入らないよラブやんルーム」

私「おうちに居る時間の大半はココだもん」

妻「それか寝てるか。活動範囲が狭いなぁ」

私「だよねぇ・・・あれ?・・・ッ!!?」

 

物件の資料を見ていた私はとあることに気が付いてしまいました。

机の上の資料とスマホで検索したネットの情報を見比べている妻に声をかけます。

慎重に言葉を選びながら、ゆっくりとしゃべります。

 

私「ラブやん、落ち着いて聞いてくれよ?」

f:id:sakatsu_kana:20180119120924j:plain

リビングに居るとき、我々はいつもこのような位置関係です。

ご飯を食べるときもテレビを観るときも、このような話し合いをするときも。

さっきの見取図の、リビングの詳細はこんな感じ。

f:id:sakatsu_kana:20180119121513j:plain

 

妻「急に神妙な顔して。お酒が足りない?」

私「うん。とりあえず新しいボトル開けよ」

妻「赤ワイン!やっぱ開けたても美味い!」

私「時間の変化で味が変わるのが魅力だね」

妻「変わる前に飲んじゃうけど。んで何?」

私「今の我々の、この位置関係と距離感ね」

妻「あいあい、それがどうかしたのかね?」

私「それが、ここにすっぽり収まるんだよ」

妻「・・・えっ?ナニ?ソレはどゆこと?」

私「つまり、こんな感じになるってことさ」

f:id:sakatsu_kana:20180119123143j:plain

妻「はっ!?わ、私たちが今居る空間が?」

私「そう!ウォークインクローゼット内!」

f:id:sakatsu_kana:20180119123345j:plain

妻「広いぃ~!この物件広すぎるよぉ~!」

私「絶対持て余すよね!広すぎるよね!?」

妻「もし買っても我々が居るのはWIC!」

私「ウォークインクローゼットin夫婦!」

妻「なにそれ悲しいィ!あひゃひゃひゃ!」

私「無駄にも程があるぜあひゃひゃひゃ!」

※二人ともそこはかとなく酔っています。

妻「こんな勿体無いこと滅多に無いよね!」

私「宝の持ち腐れになること請け合いだ!」

妻「お義父さんとお義母さんが来ても余る」

私「何ならバルコニーにでも住めるぜコレ」

妻「いやぁお腹痛い。分不相応の具現化だ」

私「ってことでじゃあ、この部屋買うか!」

妻「人生最大の無駄使いやっちゃおうぜ!」

私「無駄使いって!あひゃひゃひゃひゃ!」

妻「大きな買い物は勢いだ!あひゃひゃ!」

 

こうして我々は謎のテンションに背中を押され、購入物件を決めたのでした。

妻の『おうち買うよ発言』から、実に1週間での決断でした。