『かなり』

邪悪そうに見えて実はすっごい良い人。

【スポンサーリンク】

健康診断で診断されること

どうも、坂津です。

先日、会社の健康診断がありました。

 

先生「えっ、坂津さん、体重コレ、あの・・・」

坂津「ふっふっふ。頑張ったんですよ、私」

先生「えっ、何? ダイエットか何か?」

坂津「私の変わり果てた姿(誤用)に驚くが良い!」

先生「もうこれ以上は痩せないでね」

坂津「えっ?」

先生「身長から考えても、今の体重がギリギリだからね」

坂津「えっ?」

先生「あと4~5kgあっても良いよ」

坂津「えっ・・・」

 

なんと言うことでしょう。

去年は「ギリギリ肥満じゃないけど、気をつけようね」みたいなコト言ってたのに!

手のひら返しとはこのことかぁー!(違う)

 

坂津「あ、あの、運動して筋肉で増量しようと思います」

先生「それなら良いでしょう。じゃあ次は身長ね」

坂津「よいしょっ」

先生「176.9cmっと」

坂津「えっ?」

先生「どうしたの?」

坂津「縮んでる・・・」

先生「5~6mmなんて誤差の範囲だよ」

坂津「177cm台と176cm台では印象が違うでしょ!」

先生「そんなこと言われても・・・」

坂津「もう一回!気を取り直してもう一回計ってみよう!」

先生「何度計っても同じだけど・・・ほら」

坂津「ぐふぅ・・・」

 

なんと言うことでしょう。

学生の頃は178cmだった私の身長は経年でどんどん縮んでいるのです。

きっとあと10年くらいしたら私はホビット族の仲間入りです(無理)

 

先生「じゃあ次は視力ね」

坂津「視力は得意種目です!」

先生「健康診断に種目とか無ぇから」

坂津「上!上!下!下!左!右!左!右!B!A!」

先生「なぜ年々視力が上がるんだ・・・」

坂津「ふっふっふ・・・一昨年は1.0、去年は1.5、そして今年は2.0か!」

先生「コンタクトも入れて無いよね?」

坂津「私の眼球は常に全裸です!」

先生「普通に裸眼って言って? レーシックも受けてないよね」

坂津「眼球は誰にも触らせたことありません!」

先生「・・・何か特殊なことやってる?」

坂津「毎日毎日スマホとPCモニタを凝視して目を鍛えてます!」

先生「・・・。まぁ老眼が早く来るタイプかもね」

坂津「なんですとぉぉぉ!?」

 

なんと言うことでしょう。

ちょっと視力が良いだけで老眼予備群扱いされるだなんて!

こうなったら毎日わかさ生活ブルーベリーアイを点眼してやる!(誤用)

 

先生「じゃあ次は聴力検査です」

坂津「はい」

先生「ヘッドフォンは赤が右耳で青が・・・坂津さん?」

坂津「準備完了です。始めてください」

f:id:sakatsu_kana:20171018181838j:plain

先生「なんで針すなおスタイルなの・・・」

坂津「これでも聴こえるから大丈夫です」

先生「ダメです。ヘッドフォンはちゃんと着けてください」

坂津「ヘアスタイルが乱れるから嫌です!」

先生「うるせぇちゃんと着けろ!」

 

なんと言うことでしょう。

スーパーハードジェルでガッチガチに固められた私のオールバックが聴力検査用のヘッドフォンで乱れ・・・

なんと、乱れませんでした!

勝ったァー!(勝負してない)

 

その他もろもろの検査でも特に問題無く、至って健康な私でした。

 

私「ただいまー!」

妻「おかえり。元気いいね」

私「今日ね、健康診断だった」

妻「そーかそーか。どうだった?」

私「超健康だった!」

妻「それは良かったねぇ」

私「ふふん」

妻「なぜ自慢気なのか」

私「健康体だからっ」

妻「ときに旦那よ、旦那の体は何で出来てるんだい?」

私「えっと、食べたもの?」

妻「そうだね。じゃあその食べ物を作っているのは誰だい?」

私「ラブやん様であります」

妻「つまり旦那の体を作っているのは?」

私「ラブやん様でありますッ!」

妻「だから旦那が健康なのは?」

私「ラブやん様のお陰でありますッッッ!!」

妻「よろしい」

 

夫の健康診断は、妻にとっては毎日の食事診断みたいなもんで、意外とドキドキするんだそうです。