『かなり』

『メガンテ』と『メガテン』って間違えるよね。

【スポンサーリンク】

私のダイエットが成功したのは妻のおかげなのです

どうも、坂津です。

ご存知の方はご存知ですが、私の妻はこのブログの読者です。

よくご存知の方は記事のタイトルを見て「うん、知ってる」と思われたことでしょう。

 

さて、先日のおっぱい記事に関して妻から指摘がありました。

妻「旦那よ、あの記事にちょっと言いたいことがあるんだけど」

私「ごめんなさい」

妻「ん?何のことか分かってるの?」

私「え?みだりにおっぱいおっぱい言うなってことじゃないの?」

妻「旦那がブログでどんだけおっぱい言ぅたって構わんよ」

私「じゃあ何?」

妻「無脂肪乳のくだり」

私「え・・・それは脂肪分の無い乳イコール貧乳という冗談を・・・」

妻「それは分かってる。ただ、無脂肪乳って意外と糖質高いからね」

私「なんだって!?」

妻「糖質制限してんだから、今度からは豆乳ラテにしなさい」

私「はいッ!」

 

なんということでしょう。

妻の私に対する管理の徹底っぷり。

やはり私のダイエットが成功し今もそれを維持できているのは、トレーナーでありマネージャーでありマスターでありゴッドな妻のお陰なのです。

いや、それは前々から思っていたことなのですが、先日これを改めて実感する出来事がありまして。

ちなみに現状の体重推移はこんな感じ。

f:id:sakatsu_kana:20171012133116j:plain

ダイエット開始からかれこれ4カ月が経過し、体重も安定してきました。

どうしても避けられない食事会などがあっても、その前後できちんと調整できるようにもなりました。

 

実はこないだも、避けられない食事会があったんですよ。

 

f:id:sakatsu_kana:20171012140146j:plain

ご覧くださいこの可愛らしい飾り付け。

 

姪っ子の4歳のお誕生日会です。

 

お父さんが用意したというこの魂がこもった飾り。

すごくないですか、この4。

f:id:sakatsu_kana:20171012140311j:plain

 

あと姪っ子ちゃんは、口がバッテンのウサギが大好きなんです。

お父さんが一生懸命マスキングテープを壁に貼って描いたとのこと。

f:id:sakatsu_kana:20171012140418j:plain

 

こんな愛に溢れたお誕生日会に呼んで頂いたにも関わらず「あ、糖質制限中なんで、炭水化物はNGでお願いします」なんて言えるわけないんです。

てか、私が食べたいし。

f:id:sakatsu_kana:20171012140646j:plain

なのでお寿司もピザもシャンパンもドドンと解禁です。

お母さんは飲まない人なので、お父さんと私と妻の三人が飲酒係りでした。

結局3人で3本のワインが空くという事態になりましたが、非常に良いお誕生日会でした。

私のスマートなホンにはこの日だけで姪っ子の写真が400枚ほど追加されました。

 

あ、そうそう。

誕生日と言えばこれも忘れちゃいけません。

バースデーケーキ。

f:id:sakatsu_kana:20171012140942j:plain

これも砂糖のカタマリですが、今日は良いんです。

ちなみに私が頂いた部分にちょうどキャラクターの耳がありました。

フォークを突き立てるときに「次は耳だ ひざまずけ 命乞いをしろ 小僧から石を取り戻せ」と言いましたが全員無反応でした。

 

 

妻「すごく良いお誕生日会だったね」

私「とりあえず帰ったら撮った動画を編集しなきゃな」

妻「さて、旦那よ」

私「あい」

妻「今日は散々飲み食いしたね?」

私「はい」

妻「分かっているだろうね?」

私「イエス!マム!」

 

ダイエットを成功させるために最も効果的かつ重要な要素、それは『身近で厳しく監視と評価をしてくれる存在』なのだと、このとき改めて思いました。

ダイエットのみならず、禁煙とか禁酒とか、その辺のことが上手くいかないケースのほとんどが『理解者であり協力者であり指導者』たる身近な存在が居ないからなんじゃないかと。

だから、何かに取り組んでも上手くいかないことが多い方は、まず『この人の言うことなら素直に聞ける』と思えるような尊敬する存在を、身近に置くことをオススメ致します。