『かなり』

業界には色々ある

【スポンサーリンク】

大好きな妻と一緒なら家事も楽しい

どうも、坂津です。

先の9日、体育の日。

私は体育などには目もくれず、妻と楽しい休日を過ごしました。

 

朝から洗濯機を2回稼働させ、布団カバーなどを洗浄。

布団乾燥機を起動し、干せるものは全部ベランダへ。

資源ゴミの回収スペースに空きビンや段ボール、雑誌などを投擲。

クリーニングに出していたスーツ類を回収し、帰宅。

昼食を作り、食べ、掃除機&フローリングワイパーを駆使して清掃作業。

スーパーで買い物ついでにペットボトルと食品トレイを回収箱へダンク。

 

一緒にやると、普通の家事でもかなり楽しいんですよね。

 

私「ねぇねぇラブやん、洗濯バサミが足りないよ」

妻「旦那はこの家のことを何にも知らないね」

私「めんぼくねぇ」

妻「洗濯機の上の棚のポーチに入っているよ」

私「おお!こんなにたくさんストックが!」

妻「洗濯バサミは何の前触れもなく急に砕け散るからね」

私「うん。さっき砕け散った。2個」

 

私「物干し竿、新しいの買おうか」

妻「なんで?」

私「この布団を干すにはちょっとだけ短いんだよねぇ、これ」

妻「旦那よ、ここを持ってごらん」

私「ん?」

妻「引いてごらん」

私「・・・ッ!!!」

妻「伸~びるんだよォォォ!!」

私「すげぇぇぇぇ!!」

 

私「ええええ!?・・・ここ、何でも捨てられるの?」

妻「そうだよ。ホラ、古着はこっちで段ボールはここ。雑誌はあれね」

私「便利な世の中になったものよ・・・」

妻「でもビンはここじゃないから移動するね」

私「んむ」

妻「じゃあ車の向きを変えとくから捨てて来てくれる?」

私「ラブやんラブやん!空きビン置場にドンペリのビンがあった!」

妻「マジか!是非お近づきになろう!」

私「じゃあここに張り込んで捨てに来る人を見張ろう!」

妻「通報されるよ。事案になることはやめてね」

私「はい」

 

私「なんでハンガー持ってきてるの?」

妻「クリーニング屋さんは要らないハンガーの回収もしてくれます」

私「マジでか!」

妻「だってクリーニングに出すたびに増えちゃうじゃん」

私「ハンガーって捨てるのめんどいし」

妻「なので引き取りがあるときはおうちの不要ハンガーを持ってくるべし」

私「御意」

 

私「アスパラと~ブロッコリと~・・・」

妻「どっちも高いからどっちかにしなさい」

私「え?これって高いの?」

妻「めっちゃ高いよ」

私「通常価格を知らないから分からん・・・」

妻「慣れるべし」

私「できるだろうか・・・不安しか無い・・・」

 

 

妻「それにしても今日は暑いねぇ」

私「うん。夏の野郎、ぶり返してきやがって」

妻「こないだ急に寒くなって秋らしかったのに」

私「夏って漢字さ、中国語だとシャアって読むんだってさ」

妻「なにそれw」

私「だから夏が『まだだ、まだ終わらんよ』って言ってんじゃね?」

妻「でも紅葉の色の方がシャア専用カラーだけどね」

私「夏の日差しの方が百式色なんじゃない?」

妻「そっちかー」

 

私「暑くて死にそうです・・・」

妻「買い物も終わったし、ちょっとジェラートでも食べに行く?」

私「えぇぇっっっ!?・・・い、良いんですか!?」

妻「今日はいっぱい手伝ってくれたし、許しましょう」

私「ぃやったああぁぁぁぁぁーっっ!!!」

妻「そんなに喜ぶのか」

私「ねぇまだー?」

妻「まだまだ」

私「ねぇアイスまだー?」

妻「もうちょっと」

私「アーイースー」

妻「ほら、看板見えたから」

f:id:sakatsu_kana:20171011205841j:plain

私「ホンマや!」

妻「もうちょっとで着くからねー」

私「しかし、稲の感じがもう秋だよね。やっぱ完全に秋だよね」

妻「でも空の雲はめっちゃ夏の様相を呈してるよね」

私「季節感が失踪中」

妻「んで急に冬が来るんだろうね」

 

私「ふおおお・・・めっちゃ種類がある~」

妻「ここのジェラートは絶品さね」

私「ん~・・・ほうじ茶!」

妻「私は塩で」

私「どっちもシブい選択だなw」

f:id:sakatsu_kana:20171011210238j:plain

妻「かんぱーい」

私「うっま!ほうじ茶めっちゃうっま!」

妻「塩も美味しいよー!」

私「どれどれ・・・塩!めっちゃ塩!」

妻「ほうじ茶も美味しいねぇ」

私「やっぱ暑いときはアイスに限るねぇ」

 

そろそろ妻が本格的に働き出す予定です。

恐らく妻の休日と私の休日は合わなくなります。

すると当然、今まで妻に任せっきりにしていた家事を私がするべきです。

この日はその練習だったのです。

妻と一緒なら楽しい家事ですが、さて一人でやることになったら、どうなんでしょうねぇ。