『かなり』

『メガンテ』と『メガテン』って間違えるよね。

【スポンサーリンク】

偶然性にフィーバー 旅行記08

どうも、坂津です。

妻と二人で新潟県へ旅行してきました。

新潟旅行エントリ まとめ

↑ここに記事が溜まってってます。

『旅行記08』ですが9記事目です。

 

自転車でフラフラと走り回った私たちは、偶然通りかかった路地で素敵なお店を発見しました。

とりあえず自転車は借りものなので返さなきゃです。

返却し、一旦ホテルの部屋に戻り、ワイナリーで買ったワインを空け、出陣です。

 

妻「どのへんだったっけ?」

私「ん~、googleさんに聞いてみるよ」

妻「素晴らしきかな文明」

私「あ、ここだ。よし、行くか」

 

と言う訳で訪れたのは、新潟駅の万代口(北側)から徒歩5分くらいにあるお店。

r.gnavi.co.jp

 

妻「あーった!」

私「この雰囲気に惹かれたんだよね~」

f:id:sakatsu_kana:20171002173851j:plain

妻「ホラ、早く入るよ」

私「待って待って撮ってから・・・」

妻「店員さんがドア開けてくれてんだから」

私「待ってボードも撮りたいから・・・」

店「どーぞどーぞ撮っちゃってください!」

f:id:sakatsu_kana:20171002173955j:plain

私「神対応じゃ」

妻「カウンター席、いいね」

私「がっつりメニューも豊富だね」

妻「まぁ私たちは既に酔っ払いなので2件目的な感じだけどね」

私「そーだねぇ。しかし魅力的なメニューが多・・・ん?」

妻「どしたの?」

私「こんな料理があるの、知らなかった」

妻「どれ?」

私「上から5行目」

妻「私も知らないwww」

f:id:sakatsu_kana:20171002174246j:plain

私「さて、とりあえず何飲む?」

妻「ハイボールかなぁ」

私「じゃあそうしよう。ハイボールくださーい」

f:id:sakatsu_kana:20171002174447j:plain

妻「このお通し、サッパリしてて美味しい」

私「これ無限に食べれるやつや」

妻「さてさて、何を注文しようかなぁ・・・」

店「チャーシューが良い具合ですけど、如何ですか?」

私「頂こうっ」

f:id:sakatsu_kana:20171002174642j:plain

妻「美味ッ!」

私「脂が甘くてカラシの辛さが全然ない!たっぷり付けてもダイジョブ!」

妻「本当だ!これ、やばいやつや」

私「お酒が進むぅぅぅ!」

妻「あーっはっはぁ!」

私「いーっひっひぃ!」

 

~~~キング・クリムゾン発動~~~

 

私「はぅあッ!撮ってねぇ!」

妻「こまけぇこたぁいいんだよ」

f:id:sakatsu_kana:20171002174829j:plain

私「元の姿が分からないくらい食い散らかした後を載せるなんて・・・」

妻「なんだ君ィ、そんな普通のブロガーで良いのかい?」

私「どゆこと?」

妻「料理の写真は食べる前を載せなきゃならんと、誰が決めたんだい?」

私「ありがとうラブやん!すんげぇでっかいウロコが目からベロリと剥がれ落ちたぜ!」

妻「なので餃子もーらいっ☆」

私「あああ!」

f:id:sakatsu_kana:20171002175224j:plain

妻「もふぉははひゃんほれふもとから3こです

私「絶対4個だったよね・・・」

妻「あー、すんげぇジューシー。熱々の肉汁がじゅわっと!」

私「猫舌選手権世界大会のメダリストにそんな食べ方はできません」

妻「割って冷ましとく?」

私「んむ。その間に青ザーサイを発注しよう」

f:id:sakatsu_kana:20171002175614j:plain

妻「あら、これ美味しい」

私「でしょ?食わず嫌いだったようだな」

妻「お酒にも合うねぇ」

私「そろそろ餃子が食べごろか美味えぇぇーッ!!」

妻「本当は熱々が美味しいんだけどね」

私「熱々じゃ無くても美味しいから良いんだ!」

 

事前に決めていたお店ではありませんでした。

なかなか二人で中華料理店へ、なんてことが無い我々ですが、偶然にもお店の前を通りかかって本当に良かったです。

 

そして楽しい時間はあっという間に過ぎ去るもの。

今日が新潟での最後の夜でした。

明日はお昼の新幹線でサヨナラです。

 

妻「おはよう」

私「んむ。おはよう」

妻「元気すくないね?」

私「今日でこの楽園パラダイスとお別れだと思えば、そりゃ元気すくなくなるよ」

妻「ま、午前中にゆっくりお土産買って、帰ろう」

私「そだね。このホテルの窓からの景色も見納めか・・・ん?」

f:id:sakatsu_kana:20171003082750j:plain

妻「どしたの?」

私「ラブやんラブやん、あれ」

妻「ん?」

私「駅前の広場の、水色と白のテント」

妻「あんなの在ったっけ?」

私「何かのイベントかな?」

妻「行ってみる?」

私「40秒で支度する!」

妻「私は無理だ」

私「えぇ~」

妻「女の朝の支度をナメんじゃねぇぜ」

私「はい」

 

そして私たちはホテルをチェックアウトし、荷物をフロントに預けて駅前までお散歩です。

なんと、あのテントの正体は・・・。

f:id:sakatsu_kana:20171003083204j:plain

『新潟酒祭2017』

gata21.jp

 

私「なんてこった!我々の旅行日程にこんなイベントがブチ当たるとは!」

妻「神よ!酒の神様に感謝をぉぉ!!」

私「バッカス?」

妻「ギリシャ神話だと洋酒っぽくない?」

私「じゃあ大物主大神おおものぬしのおおかみ?」

妻「少彦名神すくなひこなのかみも我々が崇めるべき酒神様だよ」

私「酒造の神様だと大山祗神おおやまずみのかみ酒解神さけとけのかみとも呼ばれる)だよね」

妻「久斯之神くすのかみもお酒の神様らしいよ」

私「なんだ日本にもお酒の神様いっぱいいるじゃん」

妻「じゃあその神様たちに感謝して」

私「行きますか」

 

開場となる10時に合わせて各テントに突撃です。

 

妻「あぁ!これ飲みたい!」

私「飲みなさい飲みなさいふぉあああ!これ美味しそう!」

妻「好きなだけ飲みなさぅおおお!あれ超気になる!」

 

会場では100を優に超える種類のお酒がトコロセマシと並んでおります。

かぐわしい香りを放つ一夜干しの炙りや焼鳥なども揃っておりました。

 

私「これは人をダメにするイベントだねラブやん

妻「だがしかし我々にはタイムリミットがあるぞ」

私「後ろ髪を引かれ過ぎてハゲ確定」

妻「引かれなくても過疎化進行中」

私「ッ∑(;Д;)!!」

 

最後の最後まで酒浸りな旅行でした。

 

それでも、散々に暴飲暴食した今回の旅でしたので、最後の昼食だけはほんの少し節制に努めました。

f:id:sakatsu_kana:20171003091604j:plain

www.week.co.jp

新潟駅の1階にあるベリーデイズカフェさんでランチ。

f:id:sakatsu_kana:20171003091734j:plain

オーロラソースのようなドレッシングがめっちゃ美味しかったです。

チーズトーストも最高。

 

あー、新潟に住みてぇ・・・。