『かなり』

業界には色々ある

【スポンサーリンク】

日本酒がフィーバー 旅行記01

どうも、坂津です。

↑これの続きです。

 

三年ぶり二度目の新潟駅で、前回は気付かなかった銅像を発見しました。

f:id:sakatsu_kana:20170925143517j:plain

妻「犬だねぇ」

私「忠犬タマ公って書いてある」

妻「名前的には猫だよね」

私「佳奈っておっさんより罪は無い」

妻「んむ」

私「なぜ『そんなこと無いよ』と言わないのか」

妻「めんどくせぇ」

 

後で調べたらなんかすごいワンちゃんでした。

忠犬タマ公物語 - 五泉市公式ホームページ

一言で説明すると『2回も雪崩で死にかけたご主人を、2回とも助けた柴犬』ということらしいです。

 

妻「さて、お目当ての場所に行くよ」

私「荷物も預けて身軽になったもんね」

妻「旦那よ、あれをごらん」

私「なんか・・・居るッ」

f:id:sakatsu_kana:20170925144013j:plain

妻「あそこが第一目的地だよ」

私「こ、ここが『ぽんしゅ館』か」

f:id:sakatsu_kana:20170925144107j:plain

ponshukan-niigata.com

 

妻「前回は日本酒が飲めなかった我々ですが」

私「今回は日本酒の美味しさが少しは分かります」

妻「それではハリキって参りましょう!」

私「いざ、入店っ!」

妻「うわぁ~・・・すごい・・・なんか、すごい・・・」

私「分かるよ、語彙力が死ぬよね。あんまりすごいとね」

妻「お酒も、お酒に合う食べ物も、所狭しだね!」

私「試食もいっぱいあるね!」

f:id:sakatsu_kana:20170925144400j:plain

妻「旦那よ、あれをごらん」

私「ラ、ラブやん殿!あれは何でありますか!?」

妻「アレこそ『ぽんしゅ館』の醍醐味!」

私「コインロッカーのようなこの設備が!?」

 

500円を支払うと5枚のメダルが貰える仕組みでした。

妻はメダルを10枚購入し、私に5枚くれました。

f:id:sakatsu_kana:20170925145023j:plain

妻「メダルをあげます」

私「もしや、このメダルを挿入すると・・・?」

妻「そう、お猪口にお酒が注がれるのだよ!」

私「こんなにたくさん飲みきれないよぉぉぉ!!」

妻「だから5種類に厳選しようね」

私「ん?なんだって?(ちゃり~ん)」

妻「選ぶの早えぇよ!」

f:id:sakatsu_kana:20170925145236j:plain

私「だってこれステータスがほとんど『非公開』になってるよ」

妻「先入観無しで飲めってことだろうね」

私「美味うまッ!なにこれ美味うまぁッ!」

妻「よぉく味わってチェックしときなされ」

私「ん?なにか?(ちゃり~ん)」

妻「飲むのも早えぇなオイ!」

f:id:sakatsu_kana:20170925145535j:plain

私「だってすごく面白い名前だよ『のぱ』ってw」

妻「せ、精米歩合90%!?」

私「美味うまッ!なにこれ美味うんまぁ~いッ!(ちゃり~ん)」

妻「呑みきってから次に行くの早えぇな!」

f:id:sakatsu_kana:20170925150104j:plain

私「だって極上って書いてあるよ?極で上だよ?」

妻「もう・・・ちゃんと味わって飲みなさいね」

私「(ちゃり~ん)」

妻「・・・」

f:id:sakatsu_kana:20170925150248j:plain

私「せっかく秋なんだからひやおろしを飲んどかなきゃね」

妻「まぁ確かに分からんでもない」

私「(ちゃり~ん)」

妻「もう止めぬよ」

f:id:sakatsu_kana:20170925150505j:plain

私「ん~、もう何もかも美味しいねぇ~」

妻「そうだね。旦那の迷いの無い行動がマーベラスだね」

私「見・即・飲」

妻「だがそのお陰で時間に余裕ができました」

私「と言うと?」

妻「今から酒蔵さかぐらに行こうと思います」

私「ほほう」

f:id:sakatsu_kana:20170925151930j:plain

妻「今代司いまよつかささんです」

私「おお!これが酒蔵!」

妻「もうたたずまいがソレっぽいよね」

imayotsukasa.co.jp

f:id:sakatsu_kana:20170925152149j:plain

私「幕も良い雰囲気出してるよね」

妻「それでは酒蔵見学をしよう!」

私「そして試飲もね!」

f:id:sakatsu_kana:20170925152316j:plain

左上から

■麹・発酵甘酒 麹

■麹・乳酸発酵甘酒 もと

■熟成生原酒27BY

■熟成生原酒28BY

■節分しぼり 純米大事吟醸

ひやおろし純米大吟醸

■おむすび 27BY

■天然水仕込み 純米酒

下段に行って

特別純米酒 越淡麗

特別純米酒 五百万石

純米吟醸

■ヴィンテージ

純米大吟醸 今代司

■自然栽培米 純米大吟醸

■極上Supreme

■錦鯉 KOI

 

妻「どれもこれもヤバいね!」

私「ほんと!ただ、そんな中でも~?」

妻「一番を決めろと言われたならば~?」

私「せーのっ」

妻・私『コレッ!!』 

今代司 錦鯉 KOI (NISHIKIGOI) 720ml …

今代司 錦鯉 KOI (NISHIKIGOI) 720ml …

 

妻「瓶のデザインが秀逸すぎる」

私「化粧箱の穴を通すと鯉に見えるとかすげぇ斬新」

妻「しかも超絶美味!」

私「あーもーずっと飲んでたい」

妻「蛇口をひねればKOIが出てくる、そんな家に住みたい」

私「そこ、同棲させてください」

妻「高いよ」

私「家賃取んのかよ!」

 

そんなこんなで、試飲と言いつつ結構な量の日本酒を飲み、我々夫婦はへべれけ状態なのでありました。

 

ちなみに。

写真左上の2種はノンアルコールの甘酒だったのですが。

 

私「この甘酒うまっ!」

妻「甘酒、苦手なんだよねぇ、私」

私「でもラブやん毎日飲んでるじゃん」

妻「なんか体に良いらしいから無理やり・・・」

私「あ、だからフルーツとか混ぜてたの?」

妻「そう。凍らせたラズベリーと一緒にミキサーでね」

私「そっか。じゃあ物は試しに、これ飲んでみなよ」

妻「え~・・・じゃあちょっとだけ・・・ッ!?」

私「美味しいよね?甘酒と言うかもう、ヤクルトだよね?」

妻「これなら普通に飲める!これ買う!」

私「良かったねぇ」

麹・乳酸発酵甘酒 もと 720g

麹・乳酸発酵甘酒 もと 720g

 

超絶美味しい甘酒とも出会ったのでした。