『かなり』

『メガンテ』と『メガテン』って間違えるよね。

【スポンサーリンク】

糖質制限中の夫婦、アホになる

どうも、坂津です。

↑これの、その後です。

 

お互いにポンコツ旧機種からの脱却が実行され、私たち夫婦は快適なスマホライフを送ることができるようになりました。

 

私「ふおおおお!はてなアプリが使えるぅぅぅー!」

妻「うひょおお!電池が全然減らないぃぃぃぃー!」

 

f:id:sakatsu_kana:20170807073954j:plain

 

ケースもお揃いにしたんです。

私たちはそれぞれ思い思いの体勢で画面に指を走らせます。

 

f:id:sakatsu_kana:20170807074016j:plain

 

タップタップフリックフリックタップフリックフリック♪

 

妻「さて、そろそろお腹がすいてきたと思わんかね」

私「奇遇だなラブやん。まったく同感だ」

妻「では昼ご飯を作りましょう」

私「何か手伝うことはあるかね?」

妻「ふっふっふ・・・今日は唐揚げを作ります」

私「えぇッ!?い、いのか?」

妻「ただの唐揚げと思うなかれ」

私「ま、まさか・・・ッ!?」

 

私と妻は現在糖質制限中。

なので揚げモノはコロモ部分が天敵なのです。

しかし。

tomy103103.hatenablog.com

実は私、糖質制限の先輩であるTomyさん(id:Tomy103103)のごはんを拝見して以来、ずっと『大豆粉』の唐揚げに憧れる日々を送っておりました。

 

私「どうやらこの世には『大豆粉』というものが存在しているらしい」

妻「もしそれが本当なら、今後の我々の戦局が大きく変わるな」

 

こんなやり取りがあり、妻はそれを覚えていてくれたのでした。 

 

妻「ここに味付け完了した鳥肉があります」

私「おお!ザンギスタイル!」

妻「粉を付けてください」

私「まかされたっ!」

 

私が粉を付ける係り。

妻が揚げていく係り。

 

そして。

 

f:id:sakatsu_kana:20170807073853j:plain

 

ご飯の代わりに豆腐というスタイルはもうレギュラーです。

 

妻「今日は久しぶりに、ワインを解禁します」

私「ありがとうございます!」

妻「スパークリングワインは1本でだいたい糖質15gです」

私「あ、思ったよりも低い」

妻「普段は摂っていない糖分ですので侮ってはいけません」

私「肝に銘じます」

 

とは言え、他のメニューにはほとんど糖質は含まれていません。

解禁するとは言いつつ、ちゃんと摂生しているのです。

んで、昼間っから飲んだくれた私たち。

すぐにスパークリングワインが1本、カラになりました。

 

私「呑み足りないね」

妻「うむ。だが今日はもうワインはダメね。糖質多いから」

私「じゃあ何にする?」

妻「ジンライムでも作ろうか」

 

こんな調子で飲み続け、気付けば外は真っ暗になっておりました。

 

妻「なんかもう、夜ごはん要らないね」

私「同感だな」

妻「でも・・・」

私「でも・・・?」

妻「あなたは信じますか?別腹の存在を」

私「信じます!信仰しています!別腹万歳!」

妻「敬虔な別腹信者である旦那にはコレをあげます」

私「うおおお!」

 

f:id:sakatsu_kana:20170807074652j:plain

 

シャトレーゼ様がご降臨なされました。

 

f:id:sakatsu_kana:20170807074759j:plain

 

そしてその御身を私めの別腹へとお沈めになられました。

 

f:id:sakatsu_kana:20170807074834j:plain

 

妻「甘めぇぇぇぇー!!!」

私「美味えぇぇぇー!!!」

※注:二人とも酔っています。

 

妻「こんなに甘いのに!?」

私「糖質5gゥゥゥー!!」

妻「こんなに美味しくて?」

私「糖質5gゥゥゥー!!」

※注:二人とも泥酔しています。

 

妻「別腹様ばんざーい!」

私「シャトレーゼ様ばんざーい!」

妻「ねぇねぇシャトレーゼ様ってどんな声だと思う?」

私「そりゃなんか、その、カッコイイ女性じゃない?」

妻「榊原良子さんみたいな?」

私「ハマーン様クシャナ殿下!異存なし!」

妻「じゃあ別腹様は?」

私「ん~・・・池田秀一さんかな?」

妻「まだだ・・・まだ食い終わらんよ」

私「このシャトレーゼの糖質を侮ってもらっては困る!」

※注意:二人とも正気ではありません。

 

妻「味を見せてもらおうか、シャトレーゼの低糖質の、ケーキとやらを」

私「よくもそんなことが言える!味を知れ!俗物が!」

※注:二人ともぐでんぐでんです。

 

で、気付いたらちゃんとベッドで布団にくるまって寝てました。

エアコン効きすぎて寒かったんだと思います。

ちなみにこうなることは予想済みでしたので、壊れる前に(ワインを飲み干したタイミングで)入浴を済ませておいた我々に隙はありません。