『かなり』

え?もう夏休みなの?

【スポンサーリンク】

お前に言われたく無ぇよ!

どうも、坂津です。

もうご存知の方も多いと思いますが、私は妻に頭が上がりません。

別に恐妻家ではなく、完全に愛妻家なのですがね。

で、例えばそんな私から

 

「おいおい、たまには奥さんにビシッと言ってやったらどうだ?」

 

なんて言われたら、どう思います?

もちろん本当には言いませんよ?

ももし、言われたら。

 

「お前に言われたく無ぇよ!」

 

ってなりません?なりますよね?

 

 

■頭脳は大人の小学生探偵(がしゃべってる居眠り探偵)

f:id:sakatsu_kana:20170715094236j:plain

「これら全ての事件の現場に居たあなた、あなたが犯人です!」

「そ、それは・・・偶然に居合わせただけで・・・」

「こんなに何度も事件現場に居合わせるなんて、偶然では済まされませんよ」

 

 

■自分を美少女って言っちゃう水兵式衣装セーラーコスチュームの戦士

f:id:sakatsu_kana:20170715094250j:plain

「すごく個性的なヘアスタイルですね」

 

 

■魚介名称を名乗る夫人

f:id:sakatsu_kana:20170715094305j:plain

「あなた、いつまで経っても変わらないわねぇ」

 

 

 

■野性怪物を狭い球体に閉じ込め使役して戦う少年

f:id:sakatsu_kana:20170715094318j:plain

「動物をいじめるのは許さないぞ!」

 

 

■決してネコ型ではない未来から来たロボット

f:id:sakatsu_kana:20170715094330j:plain

「過去に干渉しちゃダメだ!未来が変わっちゃう!」

 

 

惑星あしばを心配する規模で戦う異星人

f:id:sakatsu_kana:20170715094344j:plain

「オメェ、何でも暴力で解決しようとしちゃダメだぞ?」

 

 

もちろん彼らはこんなこと言いません。

でも、仮に言われたとしたら、思ってしまいますよね。

 

「お前に言われたく無ぇよ!」

 

これってつまり、言葉自体が単体で効果を持つのではなく、それを発した人とセットで認識されるってことですよね。

もしかすると、これが『言葉の限界』なのかも知れません。

どんなに優れた名言もキャッチコピーも、それを使う人が、それに見合った人物でなければ、真価を発揮しないんですよね。

 

 

■お金で買えない価値がある

f:id:sakatsu_kana:20170715101210j:plain

 

■優しく触れていいですか?

f:id:sakatsu_kana:20170715101230j:plain

 

■そうだ、京都に行こう

f:id:sakatsu_kana:20170715101308j:plain

 

自然と健康を科学する

f:id:sakatsu_kana:20170715101328j:plain

 

 

どんな言葉も、その価値を損なうことなく伝えられる人間になりたいものです。