『かなり』

スイカ砕きじゃねぇよ

【スポンサーリンク】

ひとつの事象を多角的に捉える能力を磨けば記事を量産できると思った

どうも、坂津です。

そろそろ作品がルーブル美術館に展示されるんじゃないかという噂が聞こえたり聞こえなかったりするホビヲさん(id:hobiwo)が書かれたこちらの記事をお読みください。

www.hobiwo.com

とうやらブログ運営17ヶ月目にして神の言葉オラクルが降りてきたそうで。

 

『汝、ひとつの記事を色んな角度から何度も書くヨロシ』

 

そしてホビヲさんはその神託に従って記事を書かれたんだそうな。

このエントリを拝読し、私は「ふしぎなポケット」という童謡を思い出しました。

ポケットの中にはビスケットがひとつ

ポケットを叩くとビスケットはふたつ

もひとつ叩くとビスケットはみっつ

叩いてみるたびビスケットは増える

子供の頃に聞いて不思議に思ったものです。

なぜこいつはビスケットなどという理解困難なアイテムを増やそうとしているのだろうかと。

なぜすぐに500円玉をポケットに入れて腱鞘炎覚悟で連打しないのかと。

お菓子界の中でも、子供が好きな駄菓子ランキングで決して上位入りすることのないビスケットなどより、最初からお金を増やしさえすればいくらでも好きなものを買えるじゃないか。

ビスケットを増やすよりも効率的だろう?

何より私はビスケットよりもビスコの方が好きだ!

最近ではカフェオレなんていう蠱惑的な悪魔の味も登場しています。

 

 

失礼、話が反れました。

そうそう。

ホビヲさんの記事です。

1つの記事(ネタ)を、多面的、多角的に描写することによって、記事数を増やせるのではないかというエジソン的かつコロンブス的な発想、いや悪魔の錬金術です。

簡単に言えば、せっかく思い付いたネタをたった1記事で消費してしまうのは勿体無いということですね。

車で言えば燃料消費率、略して燃費です。

1リットルのガソリンでどれだけ走れるか。

これが長ければ長いほど称賛され評価される。

じゃあ、ブログだって同じなんじゃないのかと。

1つのネタで何記事分も書けるほど効率が良いし。

つまりブログ記事の燃費を上げるってことですよね?

 

例えば目の前にサイコロがあってそれをネタと仮定します。

 

『サイコロには1~6の目があります』

 

なんて記事を書くのは超絶燃費が悪い書き方ってことです。

 

『目の前に赤い丸がひとつあるんだが』

『なにやら黒い点がふたつ並んでいる』

黒い三連星というのを知っているか』

『オセロで黒が四隅を取ったようだぞ』

『ねぇ?真ん中のって死兆星?ねぇ?』

『猫のおっぱい!ホラ猫のおっぱい!』

 

という感じで、最低でも6記事は書くことができますよね。

つまりホビヲさんはこういう挑戦をしたってことなんです。

でも記事を拝読させて頂くと「挫折した」と書かれてます。

私も子供の頃から今まで何度となく挫折を味わっています。

 

私「ヨーグレットのレモン味が好きだな~」

友「なにそれ。そんなの無いよ」

私「はぁ~?あるって!食べたもん!」

友「それヨーグレットじゃなくてハイレモンだろ」

私「違うよ!ヨーグレットのレモン味だよ!」

明治 ハイレモン 18粒×10個

明治 ハイレモン 18粒×10個

 
明治 ヨーグレット 18粒入

明治 ヨーグレット 18粒入

 

ハイレモンでした。

まぎれも無くハイレモンでした。

私は人生で初めての挫折を味わったのです。

泣きながらハイレモンをポケットに入れて叩きました。

腱鞘炎覚悟で連打しました。

当然ハイレモンが増えることは無く、私は母親に激怒されました。

ポケットの中ではレモン味の合法の粉が精製されました。

 

 

失礼、話が反れました。

そうそう、切り口の話です。

ホビヲさんが挑戦された複数の切り口の話です。

切り口と言えば、どうしてあの『アイスの折るやつ』は上手に折れないんでしょうね?

私は『ポッキンアイス』と呼んでいましたけど、ほら、『チューペット』とか色々呼ばれるやつ。

兄弟で仲良く分けようとしてるのに、容器の切り口が変なことになるじゃないですか。

f:id:sakatsu_kana:20170606200805j:plain

こんな感じで。

これってメーカーがもっとちゃんと切り口に切れやすい線を入れとかないから全国の子供達が不要な争いに身を投じることになるんですよね。

上手に割れないアイスしか無い世の中じゃポイズン。

 

 

失礼、話が反りまちた。

どうやら最初にビスケットが頭をよぎってからもうずっと駄菓子のことしか浮かばないようですみません。

駄菓子って、濁点を取るとたかしですね。ポイズン。

 

いや、違うんですよ。

私は反町隆史について言及したいのではありません。

ポケットに何を入れて叩くかという話です。

 

子供の頃の私の発想では500円硬貨が関の山でした。

しかし今は違います。 

どう考えたって金でしょ。

金と言えばゴールドチョコっていうのがありましたねぇ。 

必ず金券が入っているのですごく得した気になれる優れモノでした。

 

増やすならやっぱり宝石ですかね。 

ジュエルリングっていうキャンディありましたよね。

指輪のように指に装着して舐めてると手がベッタベタになるやつ。

 

 

【新】駄菓子について切り口を変えて記事を書きまくる企画【終】

 

最初は駄菓子について切り口を変えて何度も書くはずだったんですけど、どうやら飽き性の私には無理だったようです。

私が一番好きな駄菓子はコーラのグミです。

ハリボー ハッピーコーラ 100g×10個

ハリボー ハッピーコーラ 100g×10個

 

 

 

※そもそもホビヲさんは記事を量産できるゾなんて俗物的な目的ではなく己の物書きスキルを研磨するための試行として企画を実施されたのは言うまでも無く俗物なのは私だけですからね。