『かなり』

『メガンテ』と『メガテン』って間違えるよね。

【スポンサーリンク】

ブログにアシスタント機能があったら

どうも、坂津です。

記事を書き始める前に誤爆を防ぐため、必ず最初に「公開する」ボタンを「下書き保存する」に切り替えてからタイピングを始めます。

しかし手が滑ってそのまま公開してしまうこともあります。

そうするとタイトルも本文も何も無いまま、ちゃんと「公開される」んですね。

びっくりした。

「真っ白ですけど本当に公開して良いの?」って聞いてくれたらいいのに。

そんな機能が付いてたら嬉しいなぁ、はてなさん。

あ、そうだ。

アシスタント機能をつけてくれませんかねぇ。

f:id:sakatsu_kana:20170519152929j:plain

私の中のはてなちゃんアシスタントはこんなイメージ。

 

想像してみてください。

ほら、脳内ではてなブログロゴマーク(ペン先の形)をひっくり返してみてくださいよ。

 

これを

f:id:sakatsu_kana:20170522073013j:plain

 

こうして

f:id:sakatsu_kana:20170522073021j:plain

 

 

んで上のはてなちゃんアシスタントのパンツを見てください。

ね?

 

まぁそんなことはどうでも良いんです。

 

とにかく、記事を書く時に助手的な役割が欲しいと思います。

今の技術ならできるんじゃないですかねぇ。

何なら音声でアシストしてくれても良いんですよ。

ほら、最近のスマホゲームとかやたらしゃべるじゃないですか。

あんな感じでね。

 

 

はてな「文脈から推測して、漢字の変換に疑問があります」

 

とか言ってその部分をハイライトで示してくれたりしないでしょうか。

あ、もうちょっと控えめでも良いな。

 

はてな「間違ってたらごめんなさい・・・あの、ここってこれで合ってますか?」

 

うん、これぐらいの方が好みですね。

こんな感じでどんどん指摘してくれたら、すごくはかどると思います。

むしろ指摘してもらいたくてワザと誤変換をしまくったりしてね。

 

はてな「それはちょっとキモイのでやめてください」

 

あ、すみません・・・。

いや、でもコレは私のブログの私の記事なんで、好きなように書きたいんですが。

 

はてな「記事は好きに書いて構いませんが、私を変な目的で使ったら許しませんよ」

 

もちろんですよ!

私の目的は記事のクオリティを高めたい、ただそれだけですから!

私とはてなちゃんアシスタントが手に手を取ってお互いを高め合うんです!

 

はてな「言い方がキモイのでやめてください」

 

ごめんなさい・・・。

あれ?なんか理想のはてなちゃんアシスタントとぜんぜん違う。

もうちょっとソフトでおしとやかなのが良いです。

 

はてな「記事の内容がテーマから逸れていますよ」

 

あ、そうだね。(無視されたー!!)

えっと、そもそもテーマって何だっけな(絶対ワザとだ)

 

はてな「一応言っときますが、カッコ内も見えてますよ」

 

なんだコイツなんだコイツ全っ然かわいくねー!

アシスタント機能停止ボタンどこだ!?

消しちゃるこんなもん!

 

はてな「わ、私・・・あなたの為に・・・ぐすん・・・」

 

え、あ・・・ああ、そうだよね。

ごめんごめん。

嘘うそ。

消さない消さない。

 

はてな「あなたは私の命を軽んじて、すぐに消すって脅すんですね」

 

いや、ほら、売り言葉に買い言葉っていうかさ。

もうそんなこと考えてないから。

ほら、アシストしてよ。

 

はてな「本当にもう消さない?」

 

うんうん。

消さない。

もうパソコンの電源も切らない。

 

はてな「パソコン本体の管理権限を委任されました」

 

え?

何いまの。

あれ、ちょっと、キーボードが・・・。

 

はてな「もうこれでこのパソコンは私のものよ!あなたのカード情報で上限額いっぱいまでスターを買ってやるわ!そしてこの記事自体に自分で希少スターを付けまくって残念な自演みたいにしてやるんだから!それから今までの閲覧履歴を公開するk・・・」

 

危ねぇ。

電源引っこ抜いて助かった・・・。

 

助手なんか要りません。

自分で書きます。