『かなり』

私が感じる「かなり」なことを徒然に。

【スポンサーリンク】

ご存知でしょうか?【鶏の肩肉】

どうも、坂津です。

我が家の夕食時の会話をお届けします。

 

妻「今日のお肉、ちょっと珍しいんだよ」

私「え?ツチノコとか?」

妻「居ねぇよ。居ても食わねぇよ」

私「だーよーねー」

妻「鶏の肩肉だってさ」

私「は!?鶏の・・・肩肉・・・?」

妻「うん。そう書いてあったよ」

私「だって鶏に肩なんか無いじゃん?」

妻「だよねぇ。でも『希少な部位、肩肉』って書いてたの」

私「ふーん。手羽元の付け根とかかなぁ」

妻「そーかもねー」

 

てか鶏の肩の肉?

なんかイメージ的にほとけ御石みいしはちとか、蓬莱ほうらいの玉の枝とか、火鼠ひねずみかわごろもとか、龍の首のたまとか、燕の産んだ子安貝こやすがいぐらいの無理難題?

鶏の肩の肉を食わしたら結婚してくれんじゃねぇかな月のお姫様。

 

いやいやいや、違う違う。

私の発想に柔軟性が足りなかった。

きっと『肩のある鶏』なんだろうな、品種的に。

f:id:sakatsu_kana:20170516081515j:plain

たぶんこんな鶏なんですよ。

CV榊原良子なんですよ。

 

妻「節子それ鶏ちゃうシレーヌや」

私「じゃあ鶏の肩肉って何なんだよッ!(錯乱)」

妻「いいから食べちゃいなYO」

私「わかった(もぐもぐ)」

妻「どう?」

私「ん~、ちょっと固いかな?」

妻「肩コリの鶏だったんかね(笑)」

私「ちゃんと揉みほぐしてから出荷してほしいね」

妻「そのうち開発されるんじゃない?」

私「ん?何が?」

妻「『鶏肩肉~マッサージ済み~』みたいな」

 

キタコレ!

すごいこと思い付きました!

今流行のコラボってやつですよ!

全国の地鶏業者さん×ピップエレキバン

 

『国産エレキ鶏』とかどうよ?

 

 

ピップ エレキバン MAX200 24粒入

ピップ エレキバン MAX200 24粒入

 

いかがですかピップ株式会社さん!

ひな鳥の内から肩部に磁石を装着して育てて、肩コリ知らずの柔らかい肩肉!

 

『青森シャモロック1,300ガウス

『比内マグネループ地鶏』

『名古屋200ミリテスラコーチン

『磁気土佐ジロー』

『天草エレキ大王』

 

いや、もうこれは鶏を超えて豚や牛なんかの畜産業全体を巻き込んで『食肉×磁気』という一大産業が発起すること間違い無し!

なんならマグロとかハマチとかの生簀いけすにも磁気っちゃえば!?

 

『養殖マグロ~磁気いけす育ち~』

 

「やっぱマグロは天然モノじゃないとね」と声高にうそぶいていた人々が「きゃあー磁気いけすのマグロよぉー素敵ぃー抱いてぇー」となるんです。

 

あ!そう言えば最近、熟成肉とか流行ってるじゃないですか。

その熟成、エレキ部屋でやったらどうです!?

 

『A5ランクの国産黒毛和牛を強力な磁気ルームで熟成』とかめちゃくちゃ付加価値じゃないですか!?

 

もういっそのこと、焼くための鉄板も強力磁石にしちゃいましょうよ!

磁力で育ち磁気で熟成され磁石で焼かれたお肉。

絶対に柔らかくて美味しいと思いますよ!?

ピップさん早く!

 

 

私「と、思うんだけど、どうかな!?」

妻「ピップさんに直訴してみる?」

私「聞いてくれるかな?」

妻「時期尚早だと思う」

私「だよね」

妻「『か磁気まぐろ』ならいけるかも」

私「天才なの?」

妻「たぶん、なマグさいと思うけどね」

私「それはちょっと遠いかなぁ」

妻「黙って食え」

私「はい」