『かなり』

邪悪そうに見えて実はすっごい良い人。

【スポンサーリンク】

【ムロ化】ムロツヨシになる

どうも、坂津です。

好きな俳優を挙げろと言われたら11位にムロツヨシさんが入ります。

それくらい好きです。

f:id:sakatsu_kana:20170511103454j:plain

ムロツヨシ - Wikipedia

 

私が初めてムロさんに出会ったのは、もうかれこれ12~13年前。

社会人になってからも頻繁に開催されていたTRPGの集まりで、サークルの後輩の家にみんなで集まって徹夜で遊んでた頃のことです。

テーブルトークRPG - Wikipedia

 

坂津「なんか外でやってるの、アレなんの騒ぎ?」

後輩「映画の撮影らしいッスよ」

坂津「ふーん。なんの映画?」

後輩「内容は知らんスけど、『踊る』の監督らしいッスわ」

坂津「マジで?それすごいことなんじゃないの?」

 

で、そのとき撮影されていたのがコチラの作品です。 

 

後輩「ちょっと見に行きますか?」

坂津「いや、そんなことよりセッションしたい」

後輩「ですよねー」

※「セッションする」とは「TRPGで遊ぶ」という意味です。

 

なので正確には出会っていないですね。

正直、なんか野球してるシーン撮ってるなーってぐらいです。

 

で、しばらくしてDVDをゲットして観たのが正式な出会いだと思います。

とても面白く観させて頂きました。

もうね、上野樹里さんがすごく可愛いんですよ。

あと真木よう子さんがすごく素敵なんですよ。

佐々木蔵之介さんがすごくいい味出してるんですよ。

 

正直、ムロさんのことはまるで見ていませんでした。

なので正確には出会っていないですね。

 

まぁそんなこんなで、私はムロツヨシさんが大好きです。

 

んで本題なんですけど。

最近、実家で母に言われました。

 

母「佳奈ちゃんさ、最近あの人に似てるよね」

私「誰?」

母「あの、ライフに出てる人」

私「星野源?」

妻「おい小僧調子に乗るなよ」

私「スミマセン・・・」

母「あの『シャ~』って言う妖怪のやつ」

私「ああ、ムロツヨシ?似てる?」

妻「いやぁ、とても似ているようには・・・」

母「似てると思うけどなぁ」

私「まぁムロさん好きだから嬉しいけど、でも似てはいないねぇ」

母「そうかなぁ」

 

こんな他愛も無い会話がありまして。

それから数日後。

毎朝、通勤前の身支度でヒゲを剃っておりました。

鏡に映る私。

ん?

んん?

 

ホクロ「やあ!」

 

鼻の下、唇の上、右側。

絶妙な位置に、今まで無かったホクロが爆誕しています。

f:id:sakatsu_kana:20170511110106j:plain

この位置です。

完全にムロ位置です。

 

私「ちょ、ちょっと!見て見て見てっ!」

妻「朝からうるさいなぁもう」

私「コレ見てブラックダイヤモンドッ!」

妻「ここにホクロあったけ?」

私「今朝から急に生まれたんだよこれ!」

妻「そんなワケないと思うよ」

私「だって今まで無かったもん!絶対!」

 

母に「似てないよ」と言ったバチが当たったのでしょうか。

私はこのままムロ化していくのでしょうか。

 

私「このままムロ化したら『スイーツ』とか使えるかなぁ?」

妻「あ、メラノーマだったらどうしよう・・・」

私「そんな強い魔法は使えないよ。『メラチン』が関の山」

妻「メラゾーマじゃねぇよ。『メラノーマ』!」

私「なにそれ美味しい食べ物?楽しい場所?可愛い生き物?」

妻「悪性黒色腫メラノーマだよ。詳細はgoogle先生からね」

悪性黒色腫 - Wikipedia

 

ということがありました。

結局2日ほどでホクロと思われていたブラックダイヤモンドは無くなったのですが、一体何だったのでしょうか。

この現象を私は「ムロノーマ」と名付けたよ。