『かなり』

邪悪そうに見えて実はすっごい良い人。

【スポンサーリンク】

餃子を作ることになりました

どうも、坂津です。

聞いてください。

私の妻は最高なんです。

どのくらい最高なのか、ちょっとこの会話をご覧ください。

※日ごろから妻は私のことを「旦那」と呼び、私は妻のことを「ラブやん」と呼んでいます。

 

妻「旦那ぁ、連休中に久しぶりに一緒に料理しようか?」

私「うん、いーよ!でも何で?」

妻「ブログのネタになるでしょ?」

私「神か!」

妻「工程がそこそこ有って、でも簡単で、見栄えがするもの・・・」

私「そんなに都合の良いものは無いでしょ」

妻「あ、餃子とか作ってみる?」

私「神か!」

妻「中身を色々用意して変わり餃子とかも面白そうだね」

私「神か!」

 

どうです?

素晴らしいでしょ?

このときはピザなんか作りました。

 

今回は餃子ですってよ!奥さん!

f:id:sakatsu_kana:20170505095825j:plain

 

妻「せっかくだから生地から作る?」

私「なにそれ!そんなことできるの!?」

妻「生地こねて伸ばして皮を作った方がネタになるでしょ?」

私「うん!生地からの方が記事になる!」

妻「どうせなら、お義母さんも誘ってみる?」

私「神か!」

妻「みんなでワイワイ作ったら楽しいし」

私「ラブやん、君は最高にして最強の奥さんだな」

妻「もっと褒めても良いのよ」

私「おいで、抱きしめてあげよう」

妻「寄らないでケダモノ」

 

そんなこんなで餃子製造祭in坂津家ギョーザフェスティバルが開催されることになりました。

私の両親は基本的に妻のことが大好きです。

何かにつけて絡みついてくるので、こちらから「一緒に何かしよう」と声をかければ喜び勇んで奮起すること間違いなしなのです。

 

私「つーわけでさ、5月4日の昼過ぎから、餃子作ろうよ」

母「やったー!やるやる!何を買っとけば良い!?」

私「買い出しから一緒に行こうよ」

母「面倒じゃない?」

私「中に入れたいものをワイワイ言いながら買うのも楽しいよ」

母「なにそれ超楽しそう!それが良い!」

私「なので特に何も用意しなくていいからね」

母「分かった!正座して待つ!」

私「足は崩していいから」

父「しかし、餃子食べたら酒が欠かせんだろ」

私「まぁでも車で行くからね、仕方ないよ」

父「迎えに行ってやるから、ラブちゃんと飲みなさい」

私「マジで!?なにその厚遇!」

父「この父を舐めてもらっては困る」

私「ごくり・・・」

父「餃子は包めずとも送迎くらいは出来るのだ!」

私「父ちゃんカッケェーッ!包まねぇつもりか!」

 

妻「ある程度は中に入れる具材を考えとこうね」

私「そうだね。買い物中に悩むのも時間がもったいないし」

妻「旦那は何が良い?」

私「ん~、エビ・・・?」

妻「ふむ。私は鶏肉で作ってみたいな」

私「オーソドックスなのは豚だっけ?」

妻「じゃあ豚肉と鶏肉と海老の3種だね」

私「もっと遊びたい」

妻「んじゃチーズとハムとかやってみる?」

私「なにそれ超面白そう!」

妻「ハムチーズ餃子をトマトスープに入れて洋風水餃子とか」

私「ふおおおお!たぎるぅぅー!!!」

妻「じゃあそんな感じで」

私「甘いのは!?餡子とかチョコとか入れない!?」

妻「うん、それはまた別の日にね」

私「いつ?甘いのはいつやるの!?」

妻「来世、かな」

私「わかった!楽しみだなぁ来世!」

 

とにもかくにも、これでひとつネタができました。

いや、この記事も含めて2記事分のネタか。

妻には頭が上がりません。