読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『かなり』

私が感じる「かなり」なことを徒然に。

【スポンサーリンク】

あれ?こどもの日って・・・

どうも、坂津です。

今日はコドモの日ですね。

ちょっとWikiで調べてみて、驚愕しましたよ。

こどもの日とは、日本における国民の祝日の一つで、端午の節句である5月5日に制定されている。 祝日法2条によれば、「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する」ことが趣旨である。1948年に制定。ゴールデンウィークを構成する日の一つである。

こどもの日 - Wikipedia

 

こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する

 

こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する

 

母に感謝する

 

こどもの日は母の日も包括してるの?

 

というより・・・

 

父は?

 

いや、分かってるんですよ。

母に感謝すべきなのは。

私だって母にはすごく感謝してますし。

 

でも母の日って単体であるじゃないですか。

それに引き換え父の日の存在感たるや。

2年前のデータですけど、母の日の市場規模が1,120億円に対し父の日は420億円!

母の日の方が2.5倍以上も多いんですよ!!

 

古来より父親というのは一家の長として、大黒柱として、家族から畏怖と尊敬の念を抱かれる存在でした。

父親が白いと言えばカラスも白いという圧倒的な発言権と絶対的な決定権がありました。

しかし今はどうでしょう?

家族の為に早朝から深夜まで身を粉にして労働し、ようやく帰宅したかと思えば部屋は暗く家族は寝静まり夕餉の支度も自分でする始末。

たまの休日には家族サービスと言う名の、労基署管轄外勤務を強いられて身も心も休まる暇が無い。

そんな風に尽しても、その家族から邪魔、臭い、ウザいなど散々な存在否定の罵詈雑言を浴びせられ、それでも月曜日にはまた満員電車に乗り込んで出勤する。

 

 

こんなことが許されて良いのでしょうか。

 

どうして父親という存在は冷遇されてしまうのでしょうか。

 

どうすれば父親はかつての威厳を取り戻せるのでしょうか。

私なりに少し考えてみました。

 

例えば、我武者羅に体を鍛えてみたらどうでしょう?

怪力無双になり自由を謳歌できる繋がれざる者ミスター・アンチェインになれたなら! 

フィギュアーツZERO ビスケット・オリバ

フィギュアーツZERO ビスケット・オリバ

 

 

もしくはM.O.手術モザイク・オーガン オペレーションを受けてみてはいかがでしょう?

オオミノガをベースに手術を受ければあなたも火星で生き残れるかも!?

 

それか生死不明で行方不明になって異世界に召喚されるとか?

漂流者ドリフターズとして廃棄物エンズと戦ってくださいよ! 

超像可動 TVアニメ ドリフターズ 島津豊久 約16cm PVC&ABS製 塗装済み可動フィギュア

超像可動 TVアニメ ドリフターズ 島津豊久 約16cm PVC&ABS製 塗装済み可動フィギュア

 

 

これで駄目ならもう最後の手段ですねぇ。

相手を絶望させるに足る破格の戦闘力530,000に成るしか。

中尾隆聖フリーザならきっとどんなご家族もあなたを恐れ敬い「様」を付けて呼んでくれること間違いなしです。