『かなり』

『芸術』の捉え方はそれぞれ

【スポンサーリンク】

四月大馬鹿野郎

あけましておめでとうございます、坂津です。

昨日はエイプリルフールでした。

あれ?エイプリフルール?エイルリプフール?まぁいいや。

嘘をついても良い日ということで、世界中の人々が「今年はどんな嘘でみんなを騙してやろうか」とワクワクしていたことでしょう。

みなさんは上手に嘘、つけましたか?

周りの人たちはちゃんと騙されてくれましたか?

 

f:id:sakatsu_kana:20170401171640j:plain

 

坂津家(私の実家)では、私が子供の頃からずっと4月1日は騙し合いでした。

 

■小学生の頃

 

母「佳奈ちゃん!ほら、起きて起きて!」

私「う~ん・・・」

母「外!見てごらん!雪だよ雪!大雪!真っ白!」

私「(ガバッ!)雪!?」

母「寒いからジャンパー着て庭に行こう!」

私「うわぁー!ゆk・・・あれ?」

母「佳奈ちゃん、今日は何月何日?」

私「4月1日・・・ぐぬぬ・・・」

 

私「母ちゃん!大変!」

母「どーしたの?」

私「此花(こか)が池に落ちたッ!!!」

※此花は私の妹です。

母「はいはい、エイプリルフールエイプリルフール」

私「ぐぬぬ・・・」

 

母「ちょっと佳奈!コレどうしたの!?」

私「え?何?ってうわっ!!!」

母「なんでこんなところにウ○コがあるの!?」

私「し、知らないよ!こんなウン○!」

母「しらばっくれても、誰の○ンコか味で分かるんだからね!」

私「あ、味!?ってちょっと!母ちゃん!何やってんの!」

母「あー美味しい」

私「えぇーッ!!!?」

母「今日はエイプリルフールよ。そしてこれはカリントウよ」

私「ぐぬぬ・・・」

 

■中学生の頃

 

父「佳奈、ちょっと良いか」

私「なーに?」

父「お前、いくつになった?」

私「14歳だよー」

父「そうか・・・じゃあもう話しても良い頃合いだな」

私「なになに?」

父「お前にはな、許嫁が居るんだ」

私「・・・え?」

父「親の勝手で悪いが、もう決まったことなんだ」

私「いや、ちょっと・・・そんな急に・・・」

父「これが、その相手の写真だ」

私「ごくり・・・」

私「ちらっ」

父「静さんという娘さんだよ」

f:id:sakatsu_kana:20170401092251j:plain

私「ぐぬぬ・・・」

 

母「あんた、メンマ好きよねぇ」

私「メンマを食う為にラーメンを食っていると言っても過言では無い」

母「あんな割り箸の切れ端を、よくもまぁ」

私「は?」

母「メンマって、ラーメンの汁に割り箸を漬けたやつよ?」

私「嘘だッ!そんな・・・」

母「形を思い出してみなさいよ」

私「た、確かに・・・割り箸と同じ形だ・・・」

母「12ヶ月熟成と24ヶ月熟成だったらどっちが好き?」

私「知らないよそんなこと!」

母「まだメンマ好き?」

私「いや、もう食べたくない・・・」

母「今日が4月1日でも?」

私「( ̄Д ̄;)!!・・・ぐぬぬ・・・」

 

■高校生の頃

 

私「此花ぁ、バファリンの半分って、何でできてると思う?」

妹「優しさでしょ(笑)」

私「そうなんだよ。いや、本当に」

妹「は?何言ってんの?」

私「裏の成分表にさ、配合されてんの」

妹「優しさが!?」

私「いや、ヤサシ酸って成分。あのCMってヤサシ酸って言ってたんだな」

妹「マジかッ!」

私「バファリン、くすり箱にあるから見ておいでよ」

妹「合点!」

妹「てめぇの血は何色だぁーッ!!!」

私「ふふふ・・・」

 

妹「兄ちゃん彼女いるじゃん」

私「一応な」

妹「さっき電話あったよ」

私「は?家に?何時頃?此花が出たの?」

妹「兄ちゃんがお風呂入ってるとき」

私「何か言ってた?」

妹「今から来るって」

私「はぁーッ!?何でッ!?」

妹「知らないよそんなの」

ピンポーン♪

妹「あ、来た」

私「えぇーッ!!!!」

ガチャ

妹「はーい、どうぞ~」

私「どうぞじゃねぇー!!」

母「どうも~」

父「おじゃましまーす」

私「・・・ぐぬぬ・・・」

 

こんな感じで、坂津家ではエイプリルフールは至極当然の行事として慣れ親しみ楽しまれてきました。

しかし妻の家ではそういう風習がまるで無かったようで、私が4月1日を楽しみにワクワクしているのがまるで伝わりません。

人それぞれなんですねぇ、エイプリルフール。

 

ちなみに、気付いた方は気付かれたかもしれませんが、このブログの昨日のヘッダー画像に書かれていた内容は100%嘘ですので、悪しからずご了承ください。