読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『かなり』

私が感じる「かなり」なことを徒然に。

【スポンサーリンク】

古いオタクには理解してもらえるだろうか

思ったこと 遭遇したこと

あけましておめでとうございます、坂津です。

以前、私の初恋について書いたことがあります。

男子なら誰でも知っているミステリアスで魅力的なお姉さん、紅蜂さんです。

プロゴルファー猿 - Wikipedia

f:id:sakatsu_kana:20170324155552j:plain

私はずっと、紅蜂さんとの出会いを幼稚園ぐらいだと思っていたのですが、実は6歳だったことがWikipediaによって判明しました。

なんだ、普通に小学生だったのか。

 

このように、自分ではこうだと思い込んでいたことが、実はよくよく確認してみると間違っていた、なんてことがよくあります。

 

 

■洗礼

 

ある日、妻と戦国BASARAをプレイしていたときのことです。

戦国BASARA HD Collection

戦国BASARA HD Collection

 

妻「ザビー教の洗礼名は本当にセンスがあるねぇ」

私「うんうん。見事なパプテマスネーム」

妻「え?バプテスマ、だよ」

私「は?洗礼でしょ?パプテマスだよ」

妻「いやいや、バプテスマだってば」

私「何言ってんの?パプテマスって言ってんじゃん」

妻「ググれカス」

私「恥をかくのはそちらだと言うのに・・・何ィッ!?」

妻「ほれ見たことかぁーッ!!!」

私「ぐぬぬ・・・」

 

完全にシロッコのせいです。

パプテマス・シロッコの影響です。

私が通っていた大学にはキャンパス内にチャペルがあり、教授のうち数人は牧師さんだったりしました。

必修科目にキリスト教学があり、ちゃんと習ったはずなのです。

ていうか、学生時代の友人たちは皆そろって「パプテマス」って言ってた気がする。

 

私「あ、もしもし?洗礼って英語でなんていう?」

友「は?パプテマスだろ?」

私「だよね。うん。ありがと。じゃねー」

 

よし。やっぱ私だけじゃなかった。

 

 

■ハキム

 

ある日、妻とジョジョ3部を観ていたときのことです。

私「やっぱ強えぇーな、ハキムは」

妻「ん?ハキムって誰?」

私「え?アブドゥルじゃん」

妻「何言ってんの?アブドゥルはモハメドでしょ」

私「え?・・・あ、ああ・・・確かに」

妻「それ以外有り得ないでしょ」

私「モハメド・アブドゥル。うん、しっくり来るな」

妻「そもそもハキムって誰よ」

私「アブドゥル・ハキム。あれ、こっちもしっくり来るんだよなぁ」

妻「ググれカス」

私「む~・・・ハッ( ̄Д ̄;)!!・・・ハキム居た」

妻「どれどれ」

画像が無いとかもう・・・。

f:id:sakatsu_kana:20170324163247j:plain

 

 

■カムイ

 

ある日、妻と名探偵コナンを観ていたときのことです。

※むかーしのテレビシリーズが無料で観れるんです。ひかりTV

本庁の刑事恋物語シリーズで681話~のやつ『命をかけた恋愛中継』でした。

私「高木も運が良いのか悪いのか」

妻「まさかサンピラー現象に救われるとはね」

私「サンピラーカムイに感謝せねばのぅ」

妻「ん?なにそれ」

私「え?覚えてないの?洞爺湖の・・・」

妻「洞爺湖って銀さんの?」

銀魂 洞爺湖木刀 手彫り文字入 黒墨入

銀魂 洞爺湖木刀 手彫り文字入 黒墨入

 

私「違う違う。洞爺湖の神様、サンピラーカムイ」

妻「あー、それサンピタラカムイじゃね?」

私「ググりますカスです」

妻「よろしい」

私「本当だ・・・」

8巻に出てくるんですよ。

f:id:sakatsu_kana:20170324165325j:plain

 

 

皆さんも、誰かに何か指摘されたら強情を張る前に、まずgoogle先生を味方にするところから始めてみましょう。