『かなり』

業界には色々ある

【スポンサーリンク】

孤独のBBQ

あけましておめでとうございます、坂津です。

『本間さんにお肉を喰わせる会』が催されました。

上の記事をご覧になればご理解頂けると思いますが、なにか美味しい物を彼女の胃に納めなければなりません。

思案している私に思わぬ角度から提案がありました。

 

妻「肉でも焼けば?」

私「そのアイデア、頂きです☆」

 

件の記事を読んだ妻からのアシストでした。

BBQ大会の開催というわけです。

f:id:sakatsu_kana:20170321073232j:plain

 

そうと決まればすぐに連絡を。

加納くんに伝えればきっと本間さんにも伝わるだろう。

 

坂津「(トゥルルル・・・トゥルルル・・・)あ、加納くん?」

本間「もしもし、ん~??」

坂津「ん?あれ?加納くん?もしもし?」

本間「ん~・・・?あッ・・・」

加納「おはようございます。すみません、寝ぼけてました」

坂津「そ、そうか。うん。いや、明日の件でね」

加納「ああ、本当に、お気になさらなくて結構ですよ」

本間「気にしろー!くわせろー!」

坂津「何か聞こえるね?」

加納「テレビですかね」

坂津「まぁいいや。明日ね、BBQにしようと思うんだけど」

加納「BBQですか」

本間「お・に・くッ!!お・に・くッ!!」

坂津「良さそうだね。じゃあ詳細はメールするから」

 

どうやら本間さんにも喜んでもらえそうです。

さて、場所をどうするか。

 

坂津「ラブやんラブやん、さすがに桜はまだ咲いてないけどさ、どうせなら梅がキレイに見える場所を探そうと思うんだけど」

ラブ「何も分かっちゃいないねぇ旦那。誰もそんなことは求めていないんだよ」

※私は妻の事をラブやんと呼び、妻は私を旦那と呼びます。

坂津「ん?どゆこと?」

ラブ「BBQなんて気分の問題なんだから、炭で肉焼きゃそれで良いの」

坂津「え?じゃあ屋内?」

ラブ「それじゃ部屋が煙で大変なことになるでしょ」

坂津「えぇー、じゃあ専用の施設かどっか行くの?」

ラブ「そんなところにお金はかけられません」

坂津「正解が分からん・・・」

ラブ「庭でするのが一番じゃん」

坂津「そりゃそうかも知れないけど、そんな庭、どこにあるっての?」

ラブ「実家があるじゃないか君ィ」

 

なぜか坂津家(私の実家)で執り行われることとなったBBQ大会。

父も母も謎の大歓迎でした。

というわけで、私の両親、私と妻、として加納くんと本間さんという奇妙な3組6人が集結することになりました。

だがしかし、このメンバーはどう考えてもヨソヨソシイ空気になることは明白です。

この場に集う全員が、私というジョイントを経ての関係であり、特に両親と加納くんたちは初対面となります。

ここは私の『コミュニケーション潤滑油』略して『コー潤』としての腕が試される場となることは必至。

心して参らねば。

あと、去年からちょっとハマッてる燻製作りを披露してやろう。

美味しい物を食べれば自然と会話も弾むだろうて。

 

 

f:id:sakatsu_kana:20170321094821j:plain

加納「あ、お母さん、火は熾しておきましたので」

坂母「誠くんだっけ?すごいね!仕事はやいッ」

坂父「うん。若いのに大したもんだ」

本間「誠はアウトドアも好きなんですよ、さぁさぁお父さん、ビールで良いですか?」

坂父「ああ、本間さんも気が利くねぇ。良いお嫁さんになるな」

本間「ありがとうございます!でも、課長の奥様には叶いませんよ~」

ラブ「あら、本間さんお上手。お肉、何から焼く?」

本間「はい!タンを希望しますッ!!」

ラブ「よかろう!」

f:id:sakatsu_kana:20170321095505j:plain

本間「ふあああ~美味しそぉ~・・・」

坂母「誠くんはフランクフルトが好きなの?可愛いね」

加納「お恥ずかしい」

坂父「フランクフルトはワシも大好物!」

本間「まぁお父様も可愛らしい」

ラブ「さぁ、じゃんじゃん焼いていきましょー!」

f:id:sakatsu_kana:20170321095823j:plain

本間「上官殿!ヨダレが!ヨダレが止まりません!」

ラブ「何ィ?それは箸が止まっているという事だ!食い方はじめ!」

本間「イエスッマム!」

加納「歩美先輩、よく噛んで食べてくださいよ?」

坂母「あれ?誠くん、ビールが減ってないじゃん!」

坂父「ワシが焼くから、ほら加納くんも飲んで食べて」

ラブ「次、野菜もいくよ~」

本間「ああッ!!野菜軍による侵攻でお肉軍の領地がッ!!」

ラブ「分かった分かった、お肉も焼くから」

本間「わ~い!」

f:id:sakatsu_kana:20170321101207j:plain

ラブ「本間さん、まだお肉あるけど食べれる?」

本間「申し訳ございません!しばし休憩を頂きたく!」

加納「食べっ放しでしたからね。ちょっと散歩でも行きます?」

坂父「それは良い。近くに公園があるから行ってきなさい」

坂母「帰ったらケーキ食べる?イチゴのとチョコのがあるよ」

本間「是非ともッ!!」

ラブ「本間さんは別腹もすごいのね」

本間「いや~それほどでも~」

 

空気「チーズとナッツを燻製にするよ~」

f:id:sakatsu_kana:20170321104252j:plain

 

加納「帰りました。あの公園、すごく良いですね」

本間「野鳥がいっぱい居たって」

坂父「ほう、加納くんは野鳥に興味があるのかい?」

加納「ええまぁ、趣味程度ですけど」

坂父「じゃあ空港近くの池には行ったかい?」

加納「いえ、行ったことありませんね」

坂父「あそこは渡り鳥が多く飛来するんだよ。今度行くかい?」

加納「是非お願いします!」

坂母「仲良しさんだねぇ」

本間「お母様!このケーキ超ッ美味しいですッ!!」

ラブ「本当に。コーヒーにも良く合いますね」

坂母「そう?良かった。まだあるからね」

本間「やったー!!」

 

空気「フランクフルトもスモークしてみたよ?」

f:id:sakatsu_kana:20170321104320j:plain

空気「ほら、チーズとかすごい美味しそうだよ」

空気「ねぇみんな出ておいでよ」

 

加納「今日は本当にご馳走さまでした」

本間「とっても美味しかったです!」

坂母「またやろうね!」

坂父「魚介も焼きたいなぁ、ラブちゃん」

ラブ「そうですね。エビとか美味しそうですね」

本間「ふおおお!それは是非とも!」

坂父「じゃあ市場で良いの買っとくから、またやろう」

坂母「ケーキも用意しとくからね」

本間「今度は私たちがお持ちしますよ~!」

坂母「本間さんのオススメなら、とっても美味しそうだね」

本間「そりゃもう!」

ラブ「次はお花見でも良いかもね」

加納「ああ、それ良いですね!」

 

空気「ねぇみんなー。燻製ができてるよー。ねぇー」

 

加納「では、お邪魔しました」

坂母「歩美ちゃん、安全運転でね~」

本間「はい!ありがとうございます!」

坂父「気を付けてな」

坂母「あ~、良い子たちだったねぇ」

坂父「うん。楽しかったな」

ラブ「あ・・・」

 

空気「サクラチップ、まだあるからね~。どんどんスモークできるよ~」