読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『かなり』

私が感じる「かなり」なことを徒然に。

【スポンサーリンク】

¥57,577

思ったこと 加納くん 本間さん 桐谷さん

あけましておめでとうございます、坂津です。

このブログ、3月8日で丸1年、あっと言う間に過ぎてきました。

最初より何か成長してなきゃと、考えあぐねて結局こんなの。

『読むときに耳触りの良い文字数を意識して書くエントリーです』

f:id:sakatsu_kana:20170307162049j:plain

七五調、これがどうやら私達日本人には合っているとか。

要するに「単語や意味の区切り位置」これが重要なんだそうです。

有名なところで言えばあの作家、思い付くのは河竹黙阿弥

黙阿弥が書いた台本のセリフは流れるような七五調です。

俳句とか和歌にも使う七五調、歌謡曲にも使われてます。

ブログでも日本語使って書く以上、言葉にこだわり挑戦したい。

 

つーわけで書きたい事の中身より、表現法だけ先に決まった。

 

何書こう?こういうときは会社ネタ、加納くんらを生贄にする。

 

「坂津課長、やめてくださいそういうの。僕のイメージ悪くなるので」

「そんなことあるはずないよ加納くん。私の読者は君のファンだよ」

「その通り!そんな心配いらないよ!だから私にお菓子ちょうだい」

「本間さん・・・脈絡の無い物乞いはみっともないからやめときなさい」

「そうですよ。歩美先輩、お菓子なら僕があげます。どれにしますか?」

有楽製菓 ブラックサンダー1本×20個

有楽製菓 ブラックサンダー1本×20個

 

「ひゃっほーい!チョコとおかきで甘辛のバランス取るから二つちょうだい」 

自然の館 割れおかきミックス 1kg

自然の館 割れおかきミックス 1kg

 

「何だろう・・・奪われないで済んだのに、込み上げてくるこのモヤモヤは」

「坂津さん、そのモヤモヤの正体を“喪失感”って呼んで良いのよ」

「なんだよもう、桐谷さんたらいつの間に。何も喪失してないんだケド」

「自分では気付いて無いのね。毎日の餌付けは最早、課長の人生」

「なんじゃそりゃ。人生ってまたデカいなぁ。んなことナイだろ考え過ぎだ」

「なら逆にお聞きしますがその気持ち、一体何だとお考えです?」

「分かったよ。ならば明かそうこの気持ち。遊ぶんじゃねぇ仕事中だぞ」

「ほら先輩、課長も言っていますから。席に戻って仕事しましょう」

「なんですと?そもそも課長はその席で、ホントに仕事をしてるんですか?」

「失敬な!私はいつでも大真面目!全身全霊!ブログ書き中!」

「坂津さん!声が大きい聞こえちゃう!私ら以外は秘密でしょうに」

「おっとっと、ナイスアシスト桐谷さん。てゆーか私ら高視聴率?」

「見てますね。事務所みんなの熱視線、これだけ騒げば当然でしょうが」 

視線のエロス【字幕版】 [VHS]

視線のエロス【字幕版】 [VHS]

 

「坂津さん、ごまかす為にもう一度、色々揃えて餅焼きますか?」

「それが良い!今度は煮たりもしてみたい!もちもちお餅!よーし食べるぞ!」

「3月に何度も餅を食べるとか、どんだけサトウに貢献すんだよ・・・」 

切り餅 パリッとスリット 1kg

切り餅 パリッとスリット 1kg

 

「勘違いしちゃいけません坂津課長!サトウじゃなくて越後製菓だ!」

越後製菓 生一番 切り餅 1kg

越後製菓 生一番 切り餅 1kg

 

「知らんがな。何でも良いから買ってきて、昼に間に合う準備をしとこう」

 

という訳で、謎の餅パを2連チャン。うちの職場はどーなってるの。

だがしかし転べどタダでは起きません。二番煎じはしませんからね!

肉味噌とカレーパウダー山葵塩、タラコマヨまでラインナップだ!