『かなり』

私が感じる「かなり」なことを徒然に。

【スポンサーリンク】

「おっ?」と思われる表現

あけましておめでとうございます、坂津です。

私の記事を読んでくださった方から時々ご指摘をいただきます。

「表現が独特である」と。

私としては嬉しい限りです。

どこかで見たことあるような表現、と言われるよりも、すごく嬉しいです。

こんな私でも、色々と考えてはいるのです。

どのような文字列がインパクトあるかな、とか。

どんな例を出したら伝わりやすいのかな、とか。

f:id:sakatsu_kana:20170224183746j:plain

日頃、私が脳内で組み立てている言葉の積み木遊びを、ちょっと晒してみます。

 

■矛盾しそうな副詞、形容詞、名詞、動詞などを組み合わせる

「産まれたてのおじさん」

「手狭な大自然」

「未来の記憶」

「右腕の左腕」

「上に落ちる」

「暗い光」

「足元の星空」

「超硬質プリン」

 

■矛盾している副詞、形容詞、名詞、動詞などを組み合わせる

「犯人は猫」

「淡水の海」

「溶けない氷」

「巨大な砂」

「吹かない風」

 

■同じ読みの副詞、形容詞、名詞、動詞などを組み合わせる

「正常な清浄」

「以上が異常な委譲です」

「感嘆するほど簡単」

「重い想い」

「機体に期待する」

 

■違う漢字をあててみる

「芳香剤⇒咆哮罪」

「投げキッス⇒嘆きッス」

「勤務中⇒金夢中」

「裂けない⇒酒無い」

「又の機会に⇒股の機械に」

 

■ひっくり返してみる

「骨の馬」

「蛙の中の井戸」

「涙の雀」

「フライデープレミアム」

「スプリングセンテンス」

 

■大袈裟にしてみる

「大迷惑⇒巨大迷惑」

「新幹線⇒最新幹線」

「小学生⇒微小学生」

「殺風景⇒必殺風景」

「辛酸をなめる⇒激辛酸をなめる」

 

■敬称を変えてみる

「運転手ちゃん」

「おまわりちゃん」

「坊っさん」

「赤殿」

「お客くん」

 

■1文字増やしてみる

「犬も歩けば相棒にあたる」

「月とスリッポン」

「桃太野郎」

「大型ショッピングスモール」

シャトルバスト」

 

■別の物に取り換えてみる

「高床式トイレ」

「高級住宅村」

「激辛タンタン餅」

「あぶらとり鉄」

「如意球」

 

 

いかがでしょう。

何か記事を書くヒントになりましたでしょうか。

 

ちなみにこの記事は、思い付いた言葉をたった数行だけ書いて保存していた下書き約18記事分をぐちゃっとまとめただけのお手軽レシピです。

増えるだけ増えて消費されない、愚かな下書きを一掃できて良かったです。