『かなり』

スイカ砕きじゃねぇよ

【スポンサーリンク】

子供の頃に自分に「アホやなぁ」

あけましておめでとうございます、坂津です。

今週のお題「何して遊んだ?」

思い起こせば子供の頃って、今では考えられないような遊びをしてました。

記憶の古い順に並べてみましょうかね。

 

■小学校2~3年あたり

自転車の後輪スプラッシュで遊んでいました。

その名の通りなのですが、雨上がりの水たまりに自転車を停めるんです。

両足スタンドを水たまりの中に立てて、後輪が水面に触れるくらいの水深が必要です。

超ザツですがこんな感じ。

f:id:sakatsu_kana:20170218142025p:plain

で、その状態で思いっきり自転車を漕ぐと、すごい勢いで水しぶきが後方へ。

f:id:sakatsu_kana:20170218142513p:plain

伝わるでしょうか。

こんな絵で。

 

最初は本当に水たまりでやってたので、水しぶきというか泥飛沫になってしまい、服が汚れて母親に激怒されていたのです。

しかし怒られたくらいで止めるわけにはいかない(なんでだ)ので、工夫するんですよね子供って。

まず金だらいを運んできます。

尾上製作所(萬年) 日本製トタン 万能容器 たらい60cm

尾上製作所(萬年) 日本製トタン 万能容器 たらい60cm

 

んで中に水を満タンまで入れて、この中に自転車の後輪を浸けるように停めます。

これできれいなスプラッシュが作り出せるわけですよ。

早く漕げば漕ぐほど高く遠くまで水が飛ぶので、漕ぎ手の力量が重要な遊びなのです。

で、太郎君が漕いだらここまで水が飛んだ、次郎君はここまで飛んだ、みたいな競争になるんです。

当時、私が所属していたグループの中のボス的存在として君臨していた「しんちゃん」は何でも一番になりたい性癖がありました。

皆が楽しくきれいな水スプラッシュをしていると、俺ならもっと飛ばせるぜ的な笑みを浮かべたしんちゃんが、満を持して挑戦です。

どういう心の仕組みか不明なのですが、なぜか当時の私は「しんちゃんの増長を止めなければ」という謎の使命感を抱いていました。

ここでしんちゃんが最も高く、遠く水を飛ばしてしまったら何かとんでもない問題が起こるんじゃないかという焦燥感がありました。

しんちゃんが漕ぐスピードを上げます。

これから本気モード、というときに、私は行動に出ました。

何を血迷ったのか高速で回転する後輪のスポークに手を差し込んだのです。

結果はもう分かりますよね。

この事件のお陰で、しんちゃんは大人たちから謎の叱責を喰らい、ボス的存在から陥落することになります。

図らずも私の自己犠牲による計画が実を結び(嘘)私達は新たなボスを担ぎ上げることに成功したのでした。

私は確か1ヶ月くらいギプス生活でした。

 

■小学校3~4年あたり

宝物集めをしていました。

新しいボス「いっくん」は、私達にとってかなり都合の良い傀儡でした。

しんちゃんのように自分で決めて自分で実行できる能力があるわけではなく、単に体が大きくて力が強いだけの子でした。

この頃の私達に訪れていたブームは、非常に不健康なものでした。

家の近所に「リアルどくだみ荘」のようなアパートがありました。

独身アパートどくだみ荘 1

独身アパートどくだみ荘 1

 

このアパートには大学生とか、社会人になりたてとか、比較的若い世代の男性が住んでいたように思います。

まぁ子供からみたら全員おじさんでしたけどね。

で、敷地内にある物置きに、古新聞古雑誌が積み上げられていたのです。

物置には鍵がかけられていましたが、裏手のトタン板が腐食していて大きな穴があいていたので、子供なら簡単に入りこめる状態でした。

私達はここを秘密基地とし、お菓子などを持ち込んでは馬鹿話に花を咲かせていました。

ある日、物置の中でいっくんが素っ頓狂な声を上げました。

「お、おっぱい!」

そこにはアダルト雑誌が広げられていました。

小学校3~4年生ともなれば、個人差はあれ、それなりに性的な情報への関心が出てきます。

現代は子供でも誰でも簡単にエロい情報を閲覧できる状態ですが、この当時に子供がこの手の(保存状態の良い)紙面を手にすることは極めて稀なことでした。

※雨に打たれて変色してボロボロのものは川原の橋の下とかによく落ちてました。

今まで自分たちが踏み台にしたり椅子にしたりしていた雑誌の束の中に、こんなお宝が入って紛れていたなんて!

各自が家からハサミを持ちより、結束された雑誌の束という束を根こそぎ解放し、エロいものだけを選抜していきます。

f:id:sakatsu_kana:20170218151530p:plain

あ、今思い出したのですが、この頃から私は写真よりも漫画を集めていましたね。

どうやら私の二次元オタク気質は先天的なもののようです。

で、数日にわたって根限りの選別をしたところで事件が起きました。

廃品回収です。

アパートの大家さんが物置の扉を開けるとそこには小学生たちが目を輝かせながらエロ雑誌を閲覧しているの図。

すぐに物置は閉鎖(穴がふさがれ頑丈に施錠)され、私達はしばらくうわ言のようにおっぱいおっぱい言いながら過ごしました。

 

■小学校5~6年あたり

私は転校しました。

しんちゃんとも、いっくんともお別れです。

転校先で私を待ち受けていたのはガキ大将のけんちゃんでした。

けんちゃんちはお金持ちで、見たこともないようなおもちゃをいっぱい買ってもらっていました。

その中で私が最も心惹かれたのがエアガンです。

けんちゃんはいつもエアガンを見せびらかしては私達の羨望の眼差しを気持ちよさそうに浴びていました。

親にねだってみたところで絶対に買ってくれるはずがありません。

そこで私は考えました。

「けんちゃんって、いつも鉄砲を見せびらかすけど、撃ち合いになったら負けるよね」

けんちゃんの負けん気に火を付ける作戦です。

けんちゃん以外の皆で「撃ち合いで負ける気はしないけど、エアガンを持ってないから証明しようが無い」というスタンスを徹底するように談合しました。

しばらくして、けんちゃんは皆に一丁ずつエアガンを支給してくれました。

思うツボです。

今まで手にしてきた銀玉鉄砲とは全くの別物です。

銀玉鉄砲 セキデン オートマチック SAP.50 (銀玉50発入)

銀玉鉄砲 セキデン オートマチック SAP.50 (銀玉50発入)

 

私達はけんちゃんに向かって一斉射撃を敢行し、彼を撃沈せしめました。

この事件によってけんちゃんはガキ大将の座から陥落しました。

保護者達による介入でエアガンが一斉摘発されたのは言うまでもありません。

 

いやぁ、子供、特に昭和時代の子供って本当に訳が分からないですね。