読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『かなり』

私が感じる「かなり」なことを徒然に。

【スポンサーリンク】

お泊りの夜の出来事

桐谷さん 本間さん 加納くん

あけましておめでとうございます、坂津です。

上記記事の続きです。

 

桐谷「先週の土曜日、本間ちゃん、加納くんちに泊まりに行ったんですよ」

坂津「うん。らしいねぇ」

桐谷「知ってたんですか?」

坂津「加納くんから少し聞いてたよ」

桐谷「じゃあどうなったかも知ってます?」

坂津「いや、事前に少し聞いただけ」

桐谷「ある程度、予想できます?」

坂津「なんとなく予感はあるけど、まぁ邪推はよそうか」

桐谷「本間ちゃんが失敗しちゃったんだって」

坂津「え?」

 

私が何となく予想してたのは、加納くんがテンパって空回りする感じの展開でした。

まさか本間さんが失敗とは。

てか失敗って?

 

桐谷「事件は夕食後に起きた・・・」

坂津「ごくり」

桐谷「こんな感じだったらしーデスよ」

 

本間「ぷはー!食った食った!」

加納「お粗末さまでした」

本間「加納くんのごはん、ホント美味しかったよ!すごいね!」

加納「一人暮らししてたら自然と身に付きますよ」

本間「それは実家暮らしの私に対する当てつけかね?ん~?」

加納「そんなんじゃないですよ、もう」

本間「やー、でも私も料理できるようにならないとな~」

加納「別に構わないですよ。僕が作りますから」

本間「え?」

加納「あ、いや・・・(///) お、お風呂沸いてるんで!先入ってください!」

本間「・・・ああ、うん。じゃあ」

 

 

坂津「え?なにこれ。どこに失敗要素があるの?超イイカンジじゃん!」

桐谷「失敗はこのあとすぐ!」

坂津「CMじゃないんだから・・・」

 

本間「加納くーん!お湯が出なーい!」

加納「さっき説明したじゃないですかー!レバーを赤い・・・ってうわ!」

本間「現地で直接教えてよ~」

加納「なんでこっち来るんですか!ふ、ふ、服を着てくださいッ!」

本間「これからお風呂入るのに着るわけないじゃんw」

加納「そりゃそうですけど・・・」

本間「タオル巻いてんだから良いでしょ?固いこと言わないの」

加納「もう・・・。からかうのやめてください」

本間「からかってるわけじゃないけど・・・」

加納「はいはい。じゃあお湯の出し方教えますから」

本間「ねぇ!一緒に入る?」

加納「;`;:゛;`(;゚;ж;゚; )ブフォ!」

 

 

坂津「あー、見えてきた・・・」

桐谷「と言いますと?」

坂津「加納くん、あれで結構プライド高いからなぁ」

桐谷「ご明察」

 

本間「ねぇねぇ、お姉さんが背中流してあげるからさ~」

加納「ホントやめてください。ほら、これでお湯出せるでしょ」

本間「ちぇ~。分かったよ~。一人寂しく入るよ~」

加納「入浴は一人でするものです。ごゆっくり!」

加納「・・・」

本間「良い湯だったー!!さぁさぁ加納くんどーぞー!」

加納「はい」

 

 

桐谷「加納くんのテンションがどんどん下がってくるんですよ」

坂津「本間さんもそれが分からないハズないんだけどねぇ」

桐谷「それだけ本間ちゃんも動揺してたみたいですよ」

坂津「加納くんは真面目だからなぁ・・・」

 

加納「ちょっと!本間先輩!」

本間「なーに?」

加納「せ、洗濯物!出しっ放しです!」

本間「あー、ごめんごめん。これに入れといてくれる?」

加納「自分でやってくださいよ!」

本間「えー、そんなに汚くないよ?」

加納「そういう意味じゃありません!」

 

 

坂津「・・・本間さんて、こんなに不器用だったっけ?」

桐谷「いっぱいいっぱいだったんでしょうね」

坂津「それにしても、露骨に下手だな・・・」

桐谷「言わないであげて(TДT)」

 

加納「あがりました」

本間「あ、じゃあドライヤー使って良い?」

加納「はい。どうぞ」

本間「ブォ~」

加納「・・・」

本間「乾いたー!」

加納「何か飲みます?」

本間「いや、もう遅いから寝よう!」

加納「え?まだ10時ですよ?」

本間「ねーむーいーのー」

加納「はぁ・・・。こっちが寝室です」

本間「わーい。お布団お布団~」

加納「僕は借りてきた映画観てから寝るんで」

本間「え・・・」

加納「一緒に観ようって選びましたけど、眠いんじゃ仕方ないですね」

 

 

坂津「うわ・・・本間さんも本間さんだけど、加納くんも加納くんだな」

桐谷「カラ回る本間ちゃんと変な意地スイッチが入った加納くん・・・」

 

本間「ねぇ、それ本気で言ってるの?」

加納「だってせっかく借りてきたのに、勿体無いですよ」

本間「・・・(ぎゅ)」

加納「うわ!ちょ、ほ、本間先輩!?」

本間「歩美って呼んで・・・」

加納「無理です!ダメです!放して!」

 

坂津「うわーうわーうわー・・・てか、これマジなの?」

桐谷「細部は私の妄想ですよ♪」

坂津「妄想かーい!!」

 

結局のところ、事実として我々が知り得たのはこれだけ。

1.本間さんがガッつきすぎた

2.加納くんはムードを大事にしたかった

3.微妙な空気のまま、結局何も無かった

 

そんな状況の報告と、これからどーすれば的な相談を本間さんから受けた桐谷さん。

とりあえず加納くんに対して「積極的に迫っちゃダメ」「年上だからって無理に背伸びしない」「じれったくても待つ」というアドバイスを授けたそうです。

それから、今流れてる微妙な空気を解消するために、強制的に同じ場に居なきゃならないイベントを企画したということでした。

今本間さんが加納くんに、二人きりになるようなイベントに誘っても、加納くんが断る

公算が高いでしょう、と。

 

土曜日の夜、私の使命は参加者全員を広間に集めて酒宴を開催すること。

そして本間さんが加納くんを連れ出すのを見届けたあと、誰一人として広間から生かして出さないよう守備を固めること。

 

桐谷さん曰く、本間さんが上手く謝れれば、全て上手くいくでしょうとのことでした。

男は女の「ごめんなさい」にとても弱いのだと、自信満々で言ってました。

それが湯上りの浴衣姿だったりしたらもう、瞬殺する自信がありますよって。

なにそれ女子ってそんな自覚ありありで生きてんの?怖えぇー( ̄Д ̄;)ー!

 

さてさて、この記事が公開されるときに事が上手く運んでいるでしょうかねぇ。

 

 

※桐谷さんの妄想とは言え、かなり立ち入ったことを書きましたが、二人が付き合うことを聞いた時点で「書く」ことの許可は得ていますので、ご安心を。

※実はこれでも、各々のプライバシーは守られております。

※嬉しい誤算だったのですが、その許可を得る際に「社内の誰が読んでるか分からないけど」と言う私に「私達3人だけですよ」という返事が返ってきました。