『かなり』

『芸術』の捉え方はそれぞれ

【スポンサーリンク】

ギネスに挑戦 まずは申請してみた

あけましておめでとうございます、坂津です。

2017年もすでに3週間が経過しましたが、私は未だに新年の挨拶を継続しています。

今日で23日連続「あけましておめでとうございます」と言い続けています。

それはなぜか?

f:id:sakatsu_kana:20170119115245j:plain

単語登録をしているからです。

いや、これは手段ですね。

目的の話をします。

タイトルの通り、ギネス記録を狙っているからです。

挑戦する内容は下記の通り

毎日更新するブログの文頭挨拶で「あけましておめでとうございます」を継続する日数

果たしてこんなのが認定されるのかどうか。

 

まぁしかしやってみなきゃ分からないですので、とりあえず行動あるのみ!

 

まずギネス世界記録に挑戦する為の公式ページへアクセスします。

www.guinnessworldrecords.jp

f:id:sakatsu_kana:20170119115434j:plain

 

おお、なんか本格的なソレっぽいページが表示されましたよ。

では早速「挑戦方法&申請」というタブをクリックして申請に入ります。

 

f:id:sakatsu_kana:20170119115838j:plain

 

世界一の扉というものがあるとして、これで私はその扉の前に立ったと思って良いのでしょうか?

生唾を飲み込みながら「個人申請サービス」をクリックします。

 

f:id:sakatsu_kana:20170119120033j:plain

 

なんだか長々と文章が書いてありますが、とにかく申請には「15のステップ」があるんですね。

とても険しい道のりになりそうです。

と思って文章をスクロールすると、「個人申請-無料サービス」という文字列を発見しました。

 

f:id:sakatsu_kana:20170119120401j:plain

 

あれ?ここから進めるっぽい。

この先が15のステップなのかな。

ちょっと緊張してしまってスクリーンショットを撮り忘れたので、この先の数工程を箇条書きにしますね。

・アカウントの作成

・自分が挑戦したい内容が、既存の記録の中に無いか検索

たったこれだけでした。

で、私の馬鹿げた挑戦には前例が無さそうだったので、新たに記録タイトルを設定するという流れになります。

 

f:id:sakatsu_kana:20170119120521j:plain

 

意外と簡単な入力だけで申請できそうです。

必要な項目を埋め、続けるボタンをクリックします。

 

f:id:sakatsu_kana:20170119120853j:plain

 

するとここでルートの分岐が発生しました。

簡単に言えば「無料のゆっくりコース」と「有料の速効コース」です。

私の場合は特に急いでいるわけでもありませんし、継続的な挑戦ですから「チャレンジする決行日」があるわけでもありません。

当然のように無料のコースを選びます。

 

すると契約書のようなものが表示されました。

 

f:id:sakatsu_kana:20170119121155j:plain

 

小難しいことが色々と書いてありますが、もちろん2秒で最下部までスクロール全て読破&納得してから、承諾するボタンを押しました。

 

f:id:sakatsu_kana:20170119121408j:plain

 

おお、これで終わり?

どうやら無事に申請できたようです。

あれ?15のステップは?

とりあえず内容を確認するために「申請を見る」をクリック。

 

f:id:sakatsu_kana:20170119121505j:plain

 

出ました。

記録のところがN/Aになっているのがエラーになってるみたいで不安ですが、ともかく申請自体は完了したようです。

確認用のメールも送付されてきましたよ。

 

f:id:sakatsu_kana:20170119121713j:plain

 

結果が届くまで約12週間ということなので、のんびり待つとしましょうかね。

ギネス公式ページからログインすると自分の申請や記録の管理ができるダッシュボードを確認することができます。

 

f:id:sakatsu_kana:20170119121825j:plain

 

しかし世界広しと言えども、会社の昼休憩中に興味本位でギネスの申請するなんて不敬者はなかなか居ないでしょうねぇ。 

ギネス世界記録2017

ギネス世界記録2017

 
ギネス世界記録2016

ギネス世界記録2016

 

あとギネスブックってもっと高いのかと思ってたら意外と安かった。

もう2017年版が出てるのには驚きですが。