『かなり』

愛に溺れる前に・・・

【スポンサーリンク】

記憶力というよりも思い出す能力が低下している気がする

あけましておめでとうございます、坂津です。

どうにかまだ30代の端っこですが、すでに記憶力に問題が生じています。

書き込みよりは読み出し、検索、アウトプットに難を感じます。

いや、特に生活や仕事に差し障りがあるようなことは無いんですよ。

ただ昔は全く興味が無いものでも、一回見聞きすれば自動的に記憶されていたんです。

そしていつでも思い出すことが出来ていたのです。

なのに最近は能動的に覚えようとしないと覚えられないんです。

しかも覚えたはずの事柄を思い出すのに苦労するんです。

f:id:sakatsu_kana:20170113164008j:plain

特に、長いタイトルの作品名なんかが思い出せなくなるんですよ。

シンゴジラとか君の名はくらいなら大丈夫なんですが。

文章的なタイトルになればなるほど怪しくなってきます。

昔のことは覚えてるのになー。

新しいことが怪しいんだよなー。

 

その昔、父と交わした会話が思い出されます。

 

私「おお、父ちゃんがドラマなんて観てるなんて珍しいね」

父「すごい流行ってるらしいな、これ」

私「え?そうなの?これ何てドラマ?」

父「まさかこんなに有名なドラマを知らんのか」

私「もったいぶらずに教えてよ」

父「“セカチュー”だよ“セカチュー”」

私「ああ!これがあの話題の!」

 

妹「父ちゃん何観てんの?」

父「お前もか!」

私「お前もか!」

父「“地球の真ん中で愛を叫ぶ”だよ」

妹「m9(T▽T )!

私「父ちゃん、それじゃ“セカチュー”じゃなくて“チキュマン”だよ」

父「い、意味が通れば良いんだ!」

 

当時は散々このネタで父を馬鹿にしましたが、私にも似たようなケースが多くなってきています。

 

妻「久しぶりに讃岐うどん食べに行きたいね」

私「そだね。アレ観たしね」

妻「アレ?」

私「ほら、あの、アレ。金の・・・ほら・・・」

妻「金の?」

私「讃岐の・・・蹴鞠・・・」

妻「あ~・・・」

私「黄金の国さぬきの蹴鞠うどん!」

妻「m9(T▽T )!」

うどんの国の金色毛鞠 コミック 1-7巻セット

うどんの国の金色毛鞠 コミック 1-7巻セット

 

 

妻「観よう観ようって言いながら全然観れないねぇ」

私「そだねぇ。次の土曜日に時間作れれば良いけど」

妻「大雪っぽい予報だけど、降らなきゃ行こうかね」

私「目が覚めて、天気が良くて、上映時間が合えば」

妻「映画に合わせて起きる気は無いってことだねw」

私「寒いし眠いし布団から出られる気がしないなw」

妻「観るなら何?君の名はまだやってるっぽいけど」

私「あの、あれ、ほら、あの・・・。石油の・・・」

妻「石油の?そんなのある?土竜の唄じゃなくて?」

私「あれ、ほら海賊の・・・海賊と・・・?かな?」

妻「ああ~!うん。分かったよ。自分で思い出す?」

私「海賊と・・・あの、海賊と呼ばれたい男たち!」

妻「m9(T▽T )!」 

 

だいたいどれも惜しいんですよ。

完全に間違ってるわけじゃないんですよ。

いや間違っているんだけれども。

 

何か対策とかあるんですかねぇ。