『かなり』

スイカ砕きじゃねぇよ

【スポンサーリンク】

8000文字を超える分析の結果

どうも、坂津です。

↑この冒頭の挨拶が、私の記事の定番です。

例外的として「記事全体が短編小説のとき」に限り挨拶無しで本編が始まります。

また、挨拶はあるものの「どうも、坂津でした」など変則的なものが若干混じることもありました。

挨拶自体を忘れて本文がスタートしちゃう記事もちょっとだけありました。

しかし基本的には、上記の冒頭挨拶スタイルを崩していません。

特にこだわりがある訳では無いのですが、初回にそう始めてしまったのでそのまま惰性で続けています。

どこに向かうのかも定まらないまま、回し車の中のハムスターのように私はこの駄ブログを書き続けていくのです。

f:id:sakatsu_kana:20161219202424j:plain

 

しかしせっかくそろそろ新年を迎えるチャンスなので、これを機に冒頭の一文を変更してみようと思い付きました。

で、私の教科書になってくださるブロガーさんを思い出してみました。

そういう視点で拝読すると、ある程度の種類に分類できることが分かりました。

 

※あくまで私の主観による分類です。

「このブログの始まり方に、坂津はこんな印象を持っているよ」というイメージですので、事実と相違がある場合があります。

「こんな文頭の記事なんか書いたことねーよふざけんな」という方がいらっしゃいましたら誠に申し訳ございません。

これを機にそうしてみてください。チャンスです。

 

 

□キャッチ画像(イラスト)で始まるタイプ

文字より先に何らかの画像(写真、イラストなど)から始まるタイプのブログです。

 

hinataaoi.hatenadiary.jp

31記事中27記事くらいの確率で「うわwwwコレ分かるwww」と言ってしまいます。

私は勝手に「共感を呼ぶ関西人」と呼んでいます。嘘です。

シンプルで可愛く、しかも状況がよくわかる素敵なイラストで、私たちの身の周りのあるあるにスポットを当ててくれます。

「ほんまそれ」と「しらんけど」に溢れたシンパシー日記がたくさんです。

 

www.catlani.com

どのイラストを見ても「上手えぇぇぇー!!」と言ってしまいます。

私は勝手に「漫画が描ける猫」と呼んでいます。嘘です。

旦那さまとの相思相愛っぷりが微笑ましい記事や、物事に対する着眼点、切り口、比喩表現などから、さすがのプロっぽさを感じさせる記事がたくさん読めます。

 

www.neginegigi.com

毎度毎度「なんて素直な人なんだ」と感心してしまいます。

私は勝手に「何も足さない、何も引かない」でお馴染みの「サントリー山崎」と呼んでいます。嘘です。

愛嬌のあるデフォルメご夫婦が織り成す日常を、漫画で赤裸々に語るエントリがたっぷりです。

あと淡路島たまねぎ愛。

 

helmet-day.hatenablog.com

存在の8割が頭髪として描かれているにも関わらずそれが気にならないほど秀逸な4コマ漫画に毎回腹筋を崩壊させられます。

私は勝手に「ウォーズ・・・マン・・・?」と呼んでいます。嘘です。

可愛らしい息子さんが成長していく様子を見守るとともに、いつ剛毛に変化するのかも気にしつつ読ませて頂いております。

 

www.nagasaremono.com

同音異義語と類似語、それから韻を踏む文章、つまりはダジャレ。

私は勝手に「ラップの才能あるんじゃない?」と思っています。

現代の科学では説明できないほどの確率で残念なアクシデントに見舞われながらも、それをネタに昇華させる技術と根性は称賛に値します。

記事のテーマを1コマで表現するイラストも必見です。

 

www.milkmemo.com

最近とうとう美少女になってしまった好青年です。

冒頭に挨拶と名乗りがあったり無かったりですが、トップは画像というイメージが強いのでここに分類させて頂きました。

私は勝手に「論理的思考ができる狐」と呼んでいます。嘘です。

「一緒に仕事がしたい」と思わせる、スキルの高さと考え方の素晴らしさがダダ漏れている記事がたくさん読めます。

 

www.kaiunsimplelife.com

いつも「いかんいかん、ちょっと心が荒んでた」と気付かせてくれます。

私は勝手に「前向きスクリーム」と呼んでいます。嘘です。

ご自分ではクヨクヨしがちという分析をなさっていますが、旦那さまのポジティブは充分に浸透しているように思います。

毎記事どれもすごくポジティブで、物事を前向きに捉えようという気概がひしひしと伝わってきます。

 

 

□決まった挨拶で始まるタイプ

名乗りが無く挨拶だけで始まるタイプのブログです。

 

yaki295han.hatenadiary.jp

脱サラして漫画を描く道を選ばれた剛の者です。

これぞ天才肌と言わしめる作風に「この勢いと感性・・・只者ではない・・・」と生唾を飲み込みます。

私は勝手に「メジャーデビュー前にサイン貰っとかななぁ」と思っています。

ゲームばっかやってて絵の練習をしていないというのが信じられないほど、どんどん上達していくイラストをアップしてくださってます。

 

megumint.hatenadiary.com

ムーディーでありセクシーでありレディーでありマダムである、そんな空気を纏うアダルトなブログです。

私は勝手に「ダブルデートしたい。あ、もちろんおチビさんもご一緒に」と思っています。

私の記事のワインネタからオタクネタまで幅広くカバーしてくださる懐の深さと知識の広さにはいつも感嘆です。

口語体で書かれる文章が癖になる、大人の世界が広がります。

 

 

□独特な挨拶で始まるタイプ

常識に囚われない自由な挨拶で始まるタイプのブログです。

 

www.cho-gouriteki.com

ついつい「これ観たかったやつ!」とか「録画せな!」とか言ってしまいます。

私は勝手に「効率的まとめ猫」と呼んでいます。嘘です。

テレビ番組だけでなくアプリや家電など多くのジャンルの情報を非常に効率的にまとめてくださっています。

正直、会社で若い子たちの会話にある程度ついていけるのはこちらのブログのお陰だったりします。

 

 

□決まった挨拶+名乗りで始まるタイプ(私はここに分類されます)

挨拶と名乗りの合わせ技で始まるタイプのブログです。

 

www.hitorishokudou.com

拝読させていただくたび「何この優良物件」と呟いてしまいます。

私は勝手に「足りないのは出会いだけ」と思っています。

いや、ホントにすごいんですよ。

色どりや盛り付けなんかの見た目にも配慮したとても美味しそうな料理を次から次へと披露され、しかもお菓子やパンまで守備範囲というチートっぷり。

彼氏を探している女性の方、チャンスですよ。

 

www.blog-ialoha.com

上記「ねこのつめ合わせ」に登場する心優しき旦那さまが運営されているブログです。

私は勝手に「銀座をエスコートできるカピバラ」と呼んでいます。嘘です。

こないだフルマラソンを完走されたそうで、爪の垢が欲しいところです。

実際食べなくても、見るだけで我慢できる人じゃないと苦行レベルの垂涎ごちそうランチ紹介が楽しめます。

 

www.tokushitai.com

たびたび行われるエロ仲間への呼びかけに「はい!」と応えてしまいます。

私は勝手に「こっそりエロ仲間パパ」と呼んでいます。嘘です。

どうやらブログはご家族に内緒とのことで、Hなお店に行くのも内緒とのことで、もしかしてアフィリエイトも内緒なのでしょうか。

お役立ち情報とちょいエロネタが良い塩梅で配合されています。

 

www.rekishiwales.com

はからずも「すげぇ・・・」と感動のため息を漏らしてしまいます。

私は勝手に「ウェールズ大使館職員」と呼んでいます。嘘です。

イギリスという小さな連合国の中の、ウェールズという小さな国に焦点を当て、その長く壮大な歴史を忠実に、しかしドラマティカルに解説してくださっています。

「どう説明すれば読者に理解してもらいやすいか」を考え抜いた絶妙な言い回しや比喩表現が素晴らしいブログです。

 

www.mamejeff.com

最近、急にゆるキャラを産み出されました。

「スノボに行くからブログ書けない」というナウなヤングっぷりを醸し出しているにも関わらず超可愛いキャラクターを自作するというこのギャップ。

私は勝手に「ローリングビーン」と呼んでいます。嘘です。

溢れる若々しさの中に、勢いだけでは無いクールさも垣間見せる記事がたくさんあります。

 

 

□名乗り+決まった挨拶で始まるタイプ

上と逆です。まず名乗ってから挨拶で始まるタイプのブログです。

 

www.coconoodollblog.net

「男気」「可愛気」「邪気」「無邪気」「妖艶」「壮絶」「信念」「執着」「無頓着」「粋」様々な単語が浮かび、それぞれが当てはまるようでそのどれでも無いような、不思議な妖精さんが書いているブログです。

私は勝手に「シュレディンガーの人形師」と呼んでいます。嘘です。

記事を読み進めることでピースが揃って人格が形成される、なんてことがなく、次々と意外な面が溢れ出してきます。

 

 

□自己紹介を挿入する(○○な△△です)名乗りで始まるタイプ

ハンドルネームの前に、その時ごとの状況などを合わせて始まるタイプのブログです。

 

tawashino.hateblo.jp

書評や料理、ライフハックなど幅広い情報を取扱いつつ、そのどれもがハイレベルでとてもゆとり世代とは思えません。

私は勝手に「スポンジじゃなく亀の子だな。芯が通ってるぜ」と思っています。

短期間でPVやブクマをたくさん集めるには、やはりそれなりの手法があるのだと思い知らされます。

「プロフィールとかちゃんとしてて偉いなぁ束子ちゃんは!」

 

www.kappatosamurai.com

タイトルはのんびり君ですが全然のんびりしてません。

私は勝手に「向上心の塊と高まり」と呼んでいます。嘘です。

すでにめちゃくちゃ上手いのに猛烈に熱心にイラストの練習を継続なさっており、しかもコミコで連載もされてるんですよ。

愛くるしい河童さんに会えるブログです。

 

erl.hatenablog.jp

東方projectが好物な私には「キタコレ」という言葉を禁じ得ないブログです。

私は勝手に「地元を愛する程度の能力」と呼んでいます。嘘です。

地元である長崎県の魅力をこれでもかとお知らせしてくださっています。

美味しそうな料理と可愛いイラスト、どちらもハイレベルでお楽しみいただけるブログです。

 

www.gatsby.website

ちょっとHなハーレム系ストーリーに「羨ましいとは言わないぜぐぬぬ」と漏らしてしまいます。

私は勝手に「北の不動産王」と呼んでいます。嘘です。

最近はブログの本業が不動産なのかイケメンなのか分からなくなっていますが、どちらのストーリーも続きが気になる見事な引きで、読者の心を鷲掴むのです。

どういう訳か究極の「アクシデント吸引体質」なのも見どころです。

 

www.osappiro.com

もう何回モニタに向かって「ちょwww」と言ったことか。

私は勝手に「お面の上にお面を被るお面」と呼んでいます。嘘です。

私たちが大人の階段を登る途中で無くしてしまった良い意味での「アホ」と、大人の階段を登るうえで必須となる「良識」を、どちらもしっかり持っている貴重な人材です。

拝読するたびに元気と勇気とやる気を貰える記事がいっぱいです。

 

www.yurui-life.com

タイトル詐欺です。全然ゆるくない生活です。素敵ライフです。

私は勝手に「しっかりさんは結局ゆるく生きられないんだな、みつお」と思っています。

普段の出来事の描写や思ったことなどの描き方が極めて軽妙であり、しかも話題のバラエティが豊富で読んでいて飽きないブログです。

時々登場する鳥人間さんが憎めないキャラに仕上がっているのも流石です。

 

 

□自分の信条で始まるタイプ

www.rinsimpl.com

人間だれしもの心に巣食うはずの「まぁいっか」を感じさせない素敵生活ブログです。

私は勝手に「バイタリティゲイザー」と呼んでいます。嘘です。

本当に間欠泉のようにやる気が噴き出しているんじゃないかと思うほど活動的なのです。

お掃除、模様替え、趣味、お食事などなど、どれを切り出しても憧れの対象になり得る記事が詰まっています。

 

 

□「」カギカッコ(セリフ)で始まるタイプ

www.sammbardaiku.com

いや、全部の記事がってわけじゃないんですけどね。

どうにもそういうイメージが強くて。

私は勝手に「あれ?大工さんてみんなこうなの?」と思っています。

系統で言えば私のブログに近いんじゃないかと思うのですが、どうにもここまでの境地には至れないという諦めを覚えてしまいます。

刺激的な画像が多用されている可能性があるので職場などでの閲覧にはご注意を。

 

 

□訪問のお礼で始まるタイプ

bata-walk.hatenablog.jp

もはや散歩のレベルを超越した旅行記です。

私は勝手に「身代わりトラベラー」と呼んでいます。嘘です。

毎回きっちりテーマを持って各地を訪れ、こまめに写真撮影をされています。

その多くの被写体は「よくぞこれを撮ってくれた」と称賛を送らざるを得ないような着眼点によってコレクションされています。

なかなか出掛けることができない方には特にオススメのブログです。

 

 

□ブログの趣旨説明で始まるタイプ

pfassistant.hatenablog.com

読者にではなく、自分自身に対しての「言い聞かせ」なのかと思ってしまいます。

私は勝手に「うちの会社に来てくだされば面白いのに」と思っています。

その敏腕ぶりは境遇が不幸であればあるほどに際立ち、周囲の人材が残念であればあるほど発揮されてしまうという悲しい辣腕中間管理職。

涙と笑いが交差する悪の組織ドラマは全坂津に感動の涙を流させます。

 

 

□特に決まった文頭が無いタイプ

aoikawa.hatenablog.com

科学、非科学問わず、広いジャンルに対して網を打つ好奇心と、心霊的なものに対する恐怖心が交戦中なブロガーさんです。

私は勝手に「怖がり研究者」と呼んでいます。嘘です。

超常現象にロマンを感じつつ科学的解明を求めるという、人間が持つ根源的な矛盾をそのまま表現したような記事が満載です。

 

akouroushix.hatenablog.jp

釣師、時々竿師の浪士様が日々の由無し事を綴られています。

私は勝手に「瀬戸内爆釣」と呼んでいます。嘘です。

言う人に言わせればプロレタリア文学の風味があるとのことですが、中身は労働者の声では無く釣師の生態観察日記です。

独特の文体、表現、言い回しが癖になる中毒性の高いブログです。

 

www.yuasayo1013.com

拝読するたびに「これがロックか」と思い知らされます。

私は勝手に「内田裕也のリバース」と呼んでいます。嘘です。生きてます。

ロックと言えば頭よりもカラダとココロを使うイメージなのですが、こちらのブログは非常に知的かつ実験的記事を楽しむことができます。

テーマ、表現、文字数、改行などブログを書くにあたっての全ての要素で「どうすればオモシロカッコイイか」を探っていらっしゃいます。

 

www.iwako-light.com

自身のネガティブさを、どこか受け入れて楽しんでいる感じなのでむしろもうポジティブなんじゃないかという疑いがあります。

私は勝手に「可愛いイラストには騙されないぞ」と思っています。

頭から生えている葉っぱは二酸化炭素を吸って酸素と若干の毒を吐き出します。

読みごたえのある情報満載の記事から、サラッと読める日常の愚痴まで、読者を楽しませることを意識した記事がたくさんあります。

 

www.minoruharu.com

うつ病に対する誤解を解き敷居を下げてくれました。

私は勝手に「鉄子さんて黒柳さんじゃなくて?」と思っています。

記事に触れるたび、優しい表現とユニークな着眼点と溢れる欲望に頬が緩みます。

春雨はローカロリーだからと油断して食べたらスープが超絶こってりだった的なギャップを感じられる記事と、江ノ電の魅力を伝える記事のコントラストが素敵です。

 

www.take--chan.tokyo

実に旨そうな食レポとレシピ紹介に垂涎以外の機能を失ってしまいます。

様々なジャンルの飲食店へ赴き、決して盛らず決して飾らず率直な食レポを遂行するのは実態調査と敵情視察なんじゃないかと思えるほど。

かと思えば作ってみましたシリーズでは画像付きの丁寧な解説でレシピ紹介。

私は勝手に「実はご自分の開店準備なんじゃないの?」と思っています。

 

yourin-chi.hatenablog.com

育児における喜怒哀楽の全てを余すところなく伝えてくださるブログです。

私は勝手に「こじらせないオタク」と呼んでいます。嘘です。

母として、妻として、嫁として、オタクとしての立場をこじらせることなく、正々堂々と務められています。

出来事、思ったこと、たまに愚痴。

備忘録とは言いながら等身大に綴られた進行形の記録は、見守りたくなること請け合いです。

 

www.zorazora.site

敢えて批判やネガコメを収集したがるドMブログだと思ってました。

私は勝手に「炎上の探究者」と呼んでいました。嘘です。

わざと煽ってみたり、誤解を招くようなタイトルを付けてみたり、とにかく試験的な記事が多いことで有名なブログです。

最近は今までの研究結果を活用して、今後の道筋を作られているようです。

あとダイエットに興味がある方は必読。

 

bg4kids.hatenablog.com

ゲームなんてくだらないと思っている全ての人たちに見せ付けたい素晴らしいブログです。

私は勝手に「遊興と知育の間にそびえ立つ壁を破壊する者」と呼んでいます。嘘です。

数多くの面白いボードゲームを、実際に遊んだ上でルールや特徴などを分かりやすく解説してくださるのですが、どれもこれもが本当に「良い」ゲームなのです。

人生の酸い甘いが盤上に縮図化されたゲームの数々は「欲しい」「やりたい」を通り越して「すべき」という思いを抱かせます。

 

ringringsong.hatenablog.com

熱い思いがホトバシル、勢いのあるイラストが見られます。

私は勝手に「鳥獣戯画に入れてもらえなかったパンダ」と呼んでいます。嘘です。

腐女子という茨の道に、敢えてこれから入門していくという見上げた心意気。

好きなものを好きと伝える、素晴らしさを表現する、その手段としてのブログ記事はしっかりと役割を果たし、作品の輪を広げています。

 

wakakusa.sokoniirudakedeii.com

アレルギーがある方にも優しい、コンビニスイーツ食レポ(成分表示解説付き)が素晴らしいブログです。

私は勝手に「名は体を表すの具現」と呼んでいます。嘘です。

全ての記事から愛が溢れています。

話題のドラマレビューやアレルギーに関する情報など、読む人の事を一生懸命に想って書かれているのが伝わります。

 

www.hiyoko-mother.com

ついつい「どうしてそうなった」とツッコんでしまいます。

私は勝手に「徐々に奇妙な子育て漫画」と呼んでいます。嘘です。

大人目線から見た子供の言動の奇妙さを実にコミカルに描いておられます。

時折差し込まれるスタンド使い的な表現がツボで、謎の中毒性があるため繰り返し読んでしまいます。

 

 

以上、順不同。敬称略。あ、そもそもお名前を呼んでませんね。

短時間で記憶を手繰りながら一気に書き、しかも推敲はおろか読み直しや誤字脱字のチェックすら放棄していきなり公開してしまうこの勇気!

勇気と無謀は違いますけどね。

書き始めの頃と中盤、終盤でテンションが変わってきているので扱いに差があるかもしれませんが、そこは愛嬌と思って流してください。

もう何を書いたのかよく覚えていません。

良い子の皆さんはこんな書きかた真似しちゃだめですよ。

 

あ、それから「言及されました」のお知らせでこの記事に来られて「がっかりした方」「憤怒した方」「呆れた方」などなど、負の感情が芽生えてしまった方は遠慮なく改善と修正をお申し付けください。

 

 

さて本題です。

今回ブログの書き出し方のサンプルとして、無作為(嘘)に抽出させて頂いた38名のブロガーさんの文頭は、こんな感じに集計されました。

f:id:sakatsu_kana:20161227110644j:plain

f:id:sakatsu_kana:20161227111931j:plain

なるほどなるほど。

特に決まった文頭が無い方が最も多く31%ですか。

次が画像で始まるタイプの18%と。

 

ふむふむ。

 

よく分からんな。

 

とりあえず来年も「どうも、坂津です」を継続しますわ。